« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

オリンピック運営負担問題

今日で5月も終わり。明日からは6月となります。
そんな今日はさわやかな5月から6月の梅雨入りが近いかとも感じる天候でした。
これからの季節、曇りや雨の日も多くなることが予想されますが、気持ちは晴れやかにして6月議会へ向けて準備をしていきたいと思います。

さてオリンピック関連の運営費負担問題。
400億円とされていた都外でかかる運営費が精査した結果350億円に減額されましたが、今日開催された会議において合意された旨の報道がありました。
千葉県を含めた都外で競技を受け入れる関係自治体は、オリンピック誘致の際の立候補ファイルの原則である費用負担の在り方を求めてきました。
今日の合意では、その原則が確認されたということを理解していますが、今後都外自治体の具体的な費用負担についての協議が行われていく中で、現時点で不透明さも残っていると感じています。
千葉県としても千葉市と共に8競技を受け入れることとしているため、費用負担の問題は大きな課題でもあります。
今後議会内でも議論の対象として扱っていかなければなりませんが、オリンピック・パラリンピックという世界で最も華やかであるスポーツの祭典が、開催国にとって莫大な費用が必要となっているという現実が突き付けられ、既に世界で危惧されているように限られた国でしか開催できなくなってしまうという恐れを実感しています。
お金の話も重要ですが、今日の会議を経ていよいよ国がそして関係自治体が連携も密にして、オリンピックとパラリンピックを盛り上げようとの姿勢を世界に発信していってもらいたいと望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

森田知事の成田市荒海視察に同席 

Img_2968_1真夏のような天気となった今日は、森田健作知事が成田空港の騒音地域の視察に成田市と横芝光町を訪れました。
成田市では、騒音の状況と落下物被害の現状視察を目的にA滑走路北側の成田市荒海地区を訪れ、同席した空港会社NAAの夏目社長と共に地域住民との意見交換にも応じました。
知事就任以来、成田空港の騒音地域を公式に訪れるのは初めてであり、現状の機能強化に関する議論が難しい局面にある中、次回の四者協議会へ向けて最終的な判断を模索しているかのようにも見えました。

私としては、成田空港の議論に関して、これまでも県の強いリーダーシップを求めた来たところであり、長年落下物被害に不安を抱えている成田市荒海地区を知事自らが訪れ住民と対話した事実について、県として成田空港に関する政策をしっかりと推し進めるという態度が見て取れたように思います。
夜間飛行制限緩和について見直しされる方向で関係機関が検討していると伝えられる中、次回四者協議会の開催時期とその内容が大きな注目を集めていると感じているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

一般質問へ向けて

5月もいよいよ最終週、季節としては1年度最も過ごしやすく感じる時期ですが、6月議会へ向けての準備もあり徐々に慌しさを感じ始めています。
その6月議会では、一般質問に登壇する予定です。
限られた時間の中ですが県政の抱える課題を捉えてしっかりと主張すべきは強く訴えたいと思います。

その中で、目下特に気になるのが成田国際空港の更なる機能強化についての議論。
これまで毎回の議会の質問では、「成田国際空港について」として通告し、第一にとり上げててきています。
今回も成田空港にとってまた周辺地域、千葉県にとっても歴史的に最重要な議論となっていると考えているため、一般質問で取り上げる予定です。
県として責任を持って取り組まなければならない騒音の線引きや道路・河川整備を含めた地域振興策などについて検討が行われていると思いますが、今のところまったく情報がないのが実情です。
検討作業が遅れているものと感じてはいるものの県執行部の作業状況も見えず、今後の議論の展開に若干の不安も感じているところです。
今まさに関係機関がしっかりと連携して議論を進めなければならない中、議会側に対しても丁寧にかつ適宜に情報の提供をお願いしたいところです。

さて、北朝鮮問題。
ミサイル発射が立て続けに行われ、今回は日本の排他的経済水域に落下したとの事です。
日本が直面している危機が世界的に共有されていない現状があるものと思いますが、アジア地域の不安定要素は世界の情勢にも大きな影響尾をおよぞスことが確実なことから、各国がこの問題を共有して対処するよう強く訴える必要があります。
アメリカの軍事オプションの可能性があるのか、あるいはこのまま時間的余裕を北朝鮮に与え続けてしまうのか、国民の一人として大きな不安を感じている北朝鮮の同行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

ラグビーフェスティバル 盛り上がりました!

Img_2925Img_2945Img_2941今日は地元三里塚区の美化運動でひと汗流した後は、成田ラグビーフェスティバルへ。
絶好の天候に恵まれた今年は、明治大学vs慶應義塾大学という地元では見ることが出来ないと思われていた伝統校同士の対戦。
両校のOBの皆さんも駆けつけ、応援に熱が入っていました。
何といっても今年はスタンドが満席状態となっていたのは、このラグビーフェスティバルの実行委員会顧問を務める立場としても非常にうれしく思いました。
2019年のワールドカップ開催に向けた機運も盛り上がりつつあり、成田市はそのキャンプ地に立候補しています。
そしてその前年の2018年以は世界女子ソフトボール大会も成田市が会場になるなど、世界レベルのスポーツイベントが予定されています。
そして2020年はオリンピック、パラリンピック。
この流れをもって地元成田市が、そして千葉県がスポーツ振興によって盛り上がることを大いに期待しているところです。

さて、この後は下総地区空港対策委員会の総会、懇親会に参加の予定で、その後も宴席が続くことから今日も早目に更新させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

水防演習 関係の方々には心から敬意と感謝を申し上げます

Img_2882Img_2906今日は平成29年度水防訓練に来賓として出席しました。
現役の消防団員でありますが、今日は地元の消防団から3名の割り当てでしたのでそちらは若手にお任せし、訓練の一部始終を見学させていただきました。
団員をはじめ自衛隊、警察、日赤奉仕団、建設業や設備関係企業の団体など多くのご協力で有効な訓練が行われたと思います。
利根川は、流域各地を潤しその発展に欠かせない存在である一方で、幾度となく氾濫して多大な被害をもたらしてきた側面もあるのが事実です。
Img_2894Img_2908幸いにも最近では氾濫や決壊などの大きな災害には至っていませんが、記憶に新しい鬼怒川の氾濫などを思うと日頃から防災減災につとめ、いざ有事の際の備えを万全にしておく必要があります。
その意味において定期的に行われるこの水防訓練は、非常に重要であると感じたところです。
早朝からご参加いただいた団員の皆さん、そして関係された方々に心から敬意と感謝を申し上げます。

午後からは芝山町で開催された「成田第3滑走路実現を目指す有志の会」の勉強会に参加しました。
Img_2917桜美林大学特任教授の橋本安男先生から『空港とエアラインを知ろう』と出して講演会、続いてテーマを『カーフューについて考えよう』と設定したパネルディスカッションが行われました。
成田空港周辺地域は、今まさに空港との共生共栄を目指し真剣な議論を行う必要がありますが、会場の空席が多く目立っていたのが残念なところです。
住民の間にも様々な議論があることは承知ししていますが、私としては、空港機能強化の必要性が広く理解され、そして住民の方々の不安が解消されるような対策を関係機関に求め、議論が進むように努力をしなければならないと考えています。

さてこの後はお通夜に参列の予定で早めの更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

自民党成田市支部役員会 そして成田空港対策協議会総会

今日は午前中に自民党成田市支部の役員会が開催されました。
7月1日の総会に向けた事前の会議となりましたが、他の行事の関係もあって例年とは異なるスケジュールを決定したところです。
今年は今のところ大きな選挙の予定がないため、選挙関連の動きについては落ち着いているところですが常在戦場と言われる衆院については常に目が離せないところです。
国政では常に問題が提起され政権与党としての対応も問われるところですが、幸い政党支持率が安定しているため地方組織の私たちとしても地域の重要な政策に対して責任ある行動を展開しなければならないと考えています。
また、憲法改正の議論についてもその必要性を市民の方々に広く理解していただく活動を地方組織として展開しなければならないとも考えているところです。

午後からは成田空港対策協議会の総会に出席しました。
成田空港の更なる機能強化について議論がなされていますが、空港会社NAAの夏目社長は、記者会見において9つの空港周辺自治体の首長から要望された夜間飛行制限の緩和について、見直し作業を進めることを明言しました。
これらの事についても今日の総会の中で多く話題となっていましたが、議論を着実に進めるための案が早期に示されることを期待しているところです。

総会後は、講師に社会資本政策、交通計画・都市計画を専門とし成田空港地域共生共栄会議の会長を務められている石田東生先生をお招きした講演会が開催されました。
演題は、「首都圏空港政策と成田空港地域」。
日本の人口減少や財政問題を絡めた上で世界の競争に対応できる国際空港の必要性をお話ししていただきました。
第3滑走路の建設とB滑走路の延伸、そして飛行制限時間の緩和について議論が展開されている成田空港、我が国を代表する国際空港として発展させなければならないという思いを新たにしたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

空港の機能強化 関係機関が連携し真摯な対応を!

今日は総会などに出席する1日となりました。
5月のまさに総会シーズンを過ごさせていただいています。

その総会の一つ、成田空港騒音対策地域連絡協議会の遠山部会の総会に出席しました。
空港の機能強化に関する議論があるためか、例年よりも出席者が多かったと思います。
参加されていた方から色々なご意見がありましたが、その中で「昨年11月に開催された地元説明会の折、要望した内容についてその後どうか」との問い合わせがありました。
ところが他の出席者からもその要望があった事実を指摘されながらも、県も成田市もNAAもその要望を把握しておらず、まったく答えになりませんでした。
この状況に対して私としては、これまでの成田空港の議論において何度となく重要な局面があり、その都度地域から様々な要望が出されてきたにもかかわらず、関係機関が密に連携せず回答もしないままその場限りの対応となったものが多くあると感じています。
今まさに歴史的な大きな議論をしている中で、関係機関が地元の声に耳を傾け真摯に対応することが特に求められています。
空港と地域がともに発展するためにはまずは信頼感が必要です。
行政及びNAAに対しては適切な対応を求めるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

成田市長を務められた小川国彦氏のご逝去

Img_2866今日も暑い一日でした。
午前中は保育園児とサツマイモの苗を植えました。
食育の一環として取り組んでいるもので、4歳児、5歳児総勢100名を超える子どもたちがそれぞれ1本ずつ苗を植えました。
小さな畑ではありますが、毎年秋には収穫の喜びを味わうことが出来ます。
そしてその頃には大きなサツマイモを自らの手で掘り起こせるように園児たちも健やかに成長してもらいたいと願っています。

さて、今日は複数の訃報がありました。
その中で、県議会議員、衆議院議員、そして平成7年の成田市長選挙で当選を果たし2期務めました。
私も平成7年に成田市議会議員に初当選しましたので、小川市政を目の当たりにしてきましたが、いくつかの政策や議案で意見が対立することもありました。
成田空港空港については、建設決定当初から反対運動に直接かかわり、現在もなお反対運動の象徴の一つとして問題が継続している一坪共有地にも関わった方です。
それらの政治的活動に対しては私自身は理解が出来ないものでありましたが、後に成田市長に就任してからは、用地問題の解決にも尽力され、現在のB滑走路の建設に大きく貢献された事実があります。
ごく最近まで精力的に政治的な活動も続けられているお姿を拝見し、その主義主張は異なっても信念を貫くその活動はある面において政治家として尊敬に値するものであったと思います。
成田空港の機能強化の議論が進められていますが、小川国彦氏のご逝去の報を受け成田の時代の変遷と大きな変化を改めて感じたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

イギリスマンチェスターでのテロと組織犯罪処罰法改正案の衆議院通過

今日も暑い1日でした。でも徐々に暑さも和らいでくるとの予報です。
まだまだ気温差の激しい季節ですので体調管理には十分にお気を付けください。

今日は打ち合わせや会議が続きました。
その中で成田空港周辺の振興策についての相談がありましたが、空港が立地していることで逆にその周辺に特殊な規制がかかっているこを知りました。
現在空港の機能強化について様々な議論がなされ、空港と地域が発展する方向に向かって関係機関が努力しているところですが、騒音の影響を受ける地域の振興策を展開する上では、民間活力を積極的に導入することが必要でその障壁となる規制について可能なものは緩和することも検討すべきであると考えています。
国際空港の地元地域としてその特色を活かしたまちづくりの実践のため、今後もその可能性を常に求めながら活動してまいりたいと思います。

さて話は変わりますが、この時期、気になるのが道路や歩道にぐんぐんと伸びる雑草。
これから本格的な夏に向かって国道も県道も市道も除草作業が追い付かず、苦情もいただき要望も多くなることを予想しています。
そんな中、市街地のバス停のある歩道に繁茂し景観上も非常に悪かった場所の除草について、成田土木事務所が早期に対応してくれました。
この場を借りて迅速な対応に感謝申し上げたいと思います。

それからイギリスのマンチェスターで起こったテロ。
若年層が多く集まるコンサート会場がターゲットとなり、多くの犠牲者が発生してしまいました。
そんな中にあって折しも我が国では、組織犯罪処罰法の改正案が衆議院を通過しました。
この改正案については様々な議論が展開されていますが、私は、世界情勢を総合的に鑑みて国家としてテロ犯罪を未然に防ぐ法体系を整えることは必要な事であると考えています。
議論の舞台は参議院に移ります。
国家として整えるべき法であり必要な議論であることが広く理解されることを望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

八千代市長選は元県議の服部氏が当選 嬉しい結果でした!

今日も暑い一日でした。暑さも昨日よりは和らいだもののまだまだ身体も暑さに慣れていないせいかほぼ1日屋外で過ごしたこともあって疲労感を感じています。

さて、昨日投開票を迎えた八千代市長選挙。
県議会の先輩で自民党が推薦した服部友則氏が見事に4年前の雪辱を晴らし混戦を制して当選しました。
選挙戦前は苦戦も伝えられていましたが、告示日以後着実に支持が広がっていたことも感じられ、八千代市選出の茂呂県議や小林代議士、豊田参議院議員が結束して運動を展開した成果であったと思います。
八千代市の発展の力となっているのが東葉高速鉄道。運賃問題はありますが新たな都市が形成され今後も県内では数少ない人口増が見込める自治体です。
言うまでもなく都市の発展に鉄道の存在が大きいことが証明されているところです。

そして成田市、国際空港の存在によってJR、京成線、成田スカイアクセス線が乗り入れています。
今後この鉄道網をさらに充実させて、既存駅周辺の開発や新駅設置構想を具体的に検討し実現することが都市の発展と成長につながると確信しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

真夏の陽気 少年野球大会とボーイスカウトなど

Img_2841真夏を思わせる陽気となった今日は、まず第13回千葉ロッテマリーンズ成田後援会旗杯少年野球大会の開会式から始まりました。
ところで今シーズンのロッテマリーンズ、現在最下位で成績は低迷中。
早くも自力優勝が消滅してしまいましたが、最後まであきらめないのが野球。
今日の開会式で見せてくれた少年球児の一生懸命な姿がロッテマリーンズに届き、今日からの一戦一戦勝利を重ねてほしいところです。

Img_2850続いては会長を務めるボーイスカウト成田第1団育成会の総会。
子どもたちの環境が多様化し、また少子化によってスカウトが減少している昨今です。
そんな中ではりますが、世界的組織で伝統のあるボーイスカウトの活動が広く認知されるように努めてまいりたいと思います。
そして、団運営も厳しい中ではありますが育成会として今年度もしっかりと支えてまいりたいと思います。

現在は事務所に立ち寄りこのブログを更新中です。
この後は、印旛郡市薬剤師会・薬業界の懇親会に出席させていただきますので、早めの更新で失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

今年の成田ラグビーフェスティバルは「明治VS慶應」

今日は数年ぶりの胃カメラ検診が午後に控えていたため朝から絶食。
結局食事らしい食事ができたのは夜となり、ほぼ1日空腹状態での活動となりました。
最近の胃カメラは楽になったとはいえ、できれば避けたいところです。

Fullsizerenderさて、今日は行事の告知を一つさせていただきます。
第4回目を数える成田ラグビーフェスティバル、今年は5月28日(日)に開催されます。
そして今年の対戦カードは何と、明治大学VS慶應義塾大学という注目の対戦です‼︎
中々見ることのできないまた人気のある大学同士の対戦という事で、成田ラグビー協会の顧問を仰せつかっている私としても盛り上がる事を大いに期待しているところです。
そして、昨年に続いて千葉・東北グルメまつりも開催されますので、是非成田市中台陸上競技場にお越しください!
ご来場をお待ちしています‼︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

成田市戦没者追悼式にて追悼の言葉 午後からは県庁にて

Img_2835今日は成田市戦没者追悼式が執り行われました。
先の大戦終結から72年の歳月を経る現在、平和が享受できていることが当たり前になっていますが、ご遺族のお話をお聞きして改めて戦争の悲惨さと、残されたご家族や肉親の方々が
経験した計る事の出来ないほどの悲しみや苦しさに堪えられてきたことを強く感じました。
年々追悼式への参加者の減少も見られる中ですが、より多くの市民が過去の戦争の歴史を胸に刻み、世界の平和に貢献する日本としての在り方を考えるべきであるとの思いも強くしたところです。
ここに改めて先の大戦で散華された英霊に対し、哀悼の誠を捧げるものです。

Fullsirender_2Fullsizerender_2午後からは県庁にて健康福祉部の打ち合わせ、理事を務める信用保証協会の説明を受けました。
その後、成田市議会空港対策特別委員会の方々による宇野議長と遠山総合企画部長への要望に立ち会いました。
先に行われた成田空港圏自治体連絡協議会による知事への要望と同趣旨のものでありましたが、成田市議会としても現在の空港の更なる機能強化の議論について、住民の意見を踏まえたうえで何とか県としてもしっかりと対応してもらいたいとの強い思いが表れたものと受け止めたところです。
かつて空港公団職員でもあった宇野議長からは、要望内容を受け止めて関係部課に対して議会としてもしっかりと要請し、議会も全県を挙げてまさにオール千葉での対応を図るように努力する旨のお話をいただきました。
また、遠山総合企画部長からは、騒音区域の線引きや地域振興策について住民の方々の意向を尊重するとともに県として主体的な対応をしていく旨のお話がありました。
今まさに、昨年9月具体的に示された機能強化案について改めてその見直しが検討され始めたところです。
航空情勢が世界の動きと共に刻々と変化し続ける中で、議論に要する時間も無制限とはいきません。
成田空港が将来にわたって我が国の国際線基幹空港として発展するために、そして空港周辺地域との共生共栄が図られるように、結果として千葉県の大きな発展に寄与するように議論はいよいよ正念場を迎えていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

カレンダーアプリの不具合でご迷惑をおかけしてしまいました

Fullsizerender今日は成田市内でも成長著しい京成公津の杜駅周辺を中心に組織されている「ひかり輝け!公津商店会」の第7回総会が開催され、来賓として出席しました。
昨年4月に国際医療福祉大学の2学部5学科が開学、そして今年4月には国家戦略特区によって医学部が新設され、内外から注目が集まっているところです。
この流れもあって街が発展を続けており、今後も学生や大学関係者が年々増えていくことが確実なことから更なる飛躍も期待されています。
公津商店会では、設立以来この発展の流れに沿って順調に規模を拡大、そして年々イベントも充実させてきて、今や成田市の中で最も活発な活動をしている商店会ともいえる存在となっています。
私としても今後とも石井 武会長をはじめ役員の方々、そして会員の方々と連携させていただき、国際都市成田にふさわしい都市づくりを実践するために微力ながら応援させていただこうと考えているところです。

さて先日このブログでもお知らせしましたが、携帯のカレンダーアプリの調子が悪くスケジュールの同期に失敗したため予定が消えてしまった関係で、本日1件目の”事故”が発生しました。
それは、午前中に出席を予定していた「AEDの普及と実施率向上に向けたプロジェクトチーム」の会議に欠席となってしまったことです。
席を用意していただいていたにもかかわらず空席をつくってしまい大変申し訳なく、座長を務められている滝田県議をはじめ関係の皆様に心からお詫び申し上げる次第です。
とにかく色々な情報を耳にして消えたスケジュールの復活に努めている毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

成田コスモポリタンロータリークラブで成田空港についてお話しさせていただきました

今日は朝から眞子さまのご婚約のニュースが多く流れています。
お相手の小室 圭さんについても多く報道され、祝賀ムードに包まれたように感じます。
折しも天皇陛下の退位についての議論がされてきたところで、その中で皇族の減少も課題として捉えられてきたところです。
今後これらの議論が今回の眞子さまのご婚約を契機に一層進むのかとも感じているところです。

さて今日は成田コスモポリタンロータリークラブの例会にて「成田空港の更なる機能強化の現状と今後の行方」と題してお話しさせていただきました。
空港に関して詳しい方もいる中でしたので、正直言うと若干話しにくい部分もありましたが、私の政策的観点も交えてお話しさせていただきました。
特に今後の展開について、確固たる情報があるわけではありませんが、進むべき議論の方向性を持論として述べさせていただいたところです。

地元地域から様々な意見が出され、それを受けて地元自治体の各首長からは飛行制限時間の緩和についての一部見直しを要望されています。
そして昨日開催された空港周辺自治体の会議では、次回の四者協議会でその見直し内容を示して欲しいとの意見が正式に出されました。
これを受けて具体的な見直し作業が行われその結果が近く示されるものと思います。
まさに成田空港の開港以来、歴史的に最重要な局面を迎えているといっても過言ではありません。
県議会の6月議会開会を控えて私としても情報の取集に努めてしっかりと対応してまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

明るいニュース 秋篠宮家長女眞子さまのご婚約

今日は午前中に自民党成田市支部の総会準備のための打ち合わせで、久しぶりに成田市議会議会棟を訪れました。
約16年お世話になった成田市議会ですが、なんとなく新鮮さを感じるとともに県議会の各室よりも綺麗で清潔感があったように思います。
それでも現在の成田市の市庁舎は建設から今年で29年。
当時余裕を持った計画で建設されたことが今なお十分にあらゆるニーズに応えられていると感じるもので、とかく公共施設への税金投入が議論される際に節約志向に走りがちですが、将来を見通したしっかりとした施設の計画をすることが重要であるとの認識を持つものです。

午後からは打ち合わせ、また資料作りに時間を割きました。
そして先ほどニュース速報が流れ、「北朝鮮情勢に何かあったか」と思いましたが、何と秋篠宮家の長女眞子さまの婚約が決定したとの内容でした。
皇室の慶事には国民として非常に嬉しいことであり、国に明るさをもたらします。
とかく事件や事故など暗い内容の多い報道番組ですが、暫くは眞子さまの婚約に関する明るい話題も多く報道していただけるものと思います。
そしてここに、1人の国民として改めて心からお祝い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

今日は後援会ゴルフコンペを開催しました

今日は第3回目となった「小池まさあき後援会ゴルフコンペ」。
心配した天気も問題なく、太陽こそ見えませんでしたが暑くもなく寒くもなく中々のゴルフ日和となりました。
50組を超えて200名の方々にご参加いただき無事に終えることが出来ましたことに心から感謝も申し上げます。
特にご協力いただいた方々、会場のレイクウッド総成カントリークラブの方々に対してまずはこの場を借りて御礼申し上げます。

所で私のゴルフ、経験は20年を超えますが始めたころから今までその腕前は全く変わりません。
もう少しお付き合いができる腕前をとなりたいと常に思うのですが、振り返ると昨年のこのコンペから今日までゴルフは1度、この1年は2回でした。
という負け惜しみみたいなことを先にお知らせしたところで、今日の結果はトータル103で順位は200人中158位。
それでもたまの気分転換として今後も楽しむ機会を持ちたいと思います。

いずれにしても無事に今年のゴルフコンペを終了することが出来ました。
ご参加いただいた方々、ご協力いただいた方々に対して心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

雨の昨日と本日の活動 

5月もいよいよ中盤。前半がゴールデンウィークであったためか、立ち止まって見るとあっという間に半分過ぎたという感覚です。
そして任期も折り返しを過ぎました。
時間の経過がとても早く感じる昨今ですが、自分自身で充実感を味わえるようにしっかりと活動を展開してまいりたいと思います。

さて昨日は更新が出来ませんでしたので、その分も含めて活動内容をお知らせしたいと思います。

Img_2816昨日は雨、雨、雨の1日でした。
予定されていた行事に変更が生じ、急きょ午前中は時間に余裕が出来たため事務所にて事務作業を行いました。
午後からは八千代緑が丘駅、京成勝田台駅で行われた自民党青年局・青年部の街頭活動に参加。八千代市長選挙の告示前日という事もあり、自民党が推薦する服部友則氏の応援が主な目的でした。
人口20万人にあと少しというところまで発展してきた八千代市。全国で人口減少が顕著となってきている中で千葉県内では今後も微増ながら人口の増加が見込まれる数少ない自治体の一つです。
その八千代市の市政を担おうと立ち上がって戦った4前市長選挙、その雪辱を果たそうとこれまで努力されてきた服部友則氏には、大変厳しい選挙戦の中ではなりますが何としても頑張って欲しいと願っています。

Img_2814その後は九十九里町にある国民宿舎サンライズ九十九里へ。
先輩議員でもある山武市選出の松下浩明県議の「県議在職10周年を祝い、励ます集い」に出席しました。
山武町議会議員、山武町長、そして県議とこれまで経験を積まれてきましたが、山武市政を自らが担う覚悟で新たな戦いに挑む決意を持たれています。
成田空港推進議員連盟でもお世話になっている松下県議、今後の更なる飛躍が期待されています。

Img_2823そして今日。
土曜日から順延となった美郷台1丁目のバーベキュー大会に参加させていただきました。
延期という事で役員の皆さんのご苦労もあったことと思いますが、多くの住民の方々が訪れて賑わいを見せていました。
自治会組織の様々な課題が顕在化している昨今ですが、住民相互の交流の場が設けられることで広く理解が進み連帯感が醸成されて欲しいと願うものです。

その後は遠山地区体育協会の総会。
総会はスムーズに終わりましたが、総会後に市役所職員からスポーツ広場の整備計画が示されました。
初めて見た計画図とその説明に対して、これまでの議論や要望が取り入れられていない事、市議会議員の方々も始めてみるものであるとの事、そして既に実施設計が発注されていて具体的な設計作業が進めらている事に対して、違和感を感じました。
長年の懸案についてようやく事業が動き出したことに関しては歓迎ですが、利用者や周辺住民、関係者などの意見が反映されずに市役所内部で一方的に淡々と計画が進められている事に対しては、異論を唱えさせていただいたところです。
より良い施設整備のためにも丁寧な手順を踏んでいただくこと、この場を借りてお願いする次第です。

その後は、成田東建築業協会の懇親会、続いて成田空港A滑走路北側の騒音地域の住民の方々との懇親会に参加させていただきました。
成田空港についてより一層発展させるべきという意見と、飛行時間制限の緩和については絶対に認めないという強いご意見もありました。
ある方は、私が今後も成田空港を発展させる必要があるとの言葉を述べたことで「話もしたくない」と強く不満を示す方もおられました。
騒音に悩まされながらの住環境について、同じ環境で生活する私としてはその思いを理解しているところではありますが、今回の空港の機能強化案については強い反発がある事も深く認識しています。
様々なご意見をいただいているところであり、その声を真摯に受け止める必要があると考えています。
私としては今後も住民の皆さんの思いを理解しながら、何としても空港の発展が必要であるという理解が進むように努力させていただく所存です。

そして時間に大変遅れてしまいましたが、お通夜に参列。
ご遺族の方々には遅くになってから大変申し訳ないところでしたが快く応対していただいたことに心から感謝申し上げます。

今日は時間がタイトな中でしたが予定したスケジュールをこなすことができました。
明日は私の後援会組織のゴルフコンペ。雨が降らないことをただただ祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

五輪 都外仮設費用は東京都の負担で決着も依然として課題あり 

今日はほぼ1日、打ち合わせなどに追われました。
色々な対応で若干の疲労感を感じていますが、お陰様で妻と娘の体調も回復しその点では一安心といったところです。

さて、既にニュース等でも大きく取り上げられていますが、東京都の小池都知事がオリンピック・パラリンピックで設置される都外会場の仮設施設の整備費用について、全額東京都が負担することを表明しました。
全8競技が開催される千葉県としては、「仮設整備費は組織委員会が全額負担する。」、「組織委が払えなければ都が補填する。」という原則を訴えてきましたので、森田知事も歓迎のコメントを出しました。
ただこの問題、これで決着するものではなくまだまだ費用の問題が残ります。
既に神奈川県知事が指摘しているように、多額を要する運営費についての決着がまだついていないという事実があります。

私は、2020東京オリンピック・パラリンピックは、東京都が主体となって誘致をしてきたという事ではありますが、国としてもそれを後押しし誘致に積極的にかかわってきたという点からも、最終的には国としてもしっかりと支援していく必要があると考えています。
今回の報道も政治的な利用が図られている点が気になりますが、世界へアピールする好機にあって、日本として世界に向けて相応しい情報が流れていって欲しいと願うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

森田知事と空港周辺首長が国交相に要望

今日は午前中に成田管内の県道を管理す成田土木事務所の幹部職員と打ち合わせを行いました。
主には今年度の事業内容の説明でしたが、住民生活や経済活動に密接に関連する道路の良好な管理について色々と意見させていただきました。
これからの時期特に要望が多くなるのが除草。
限られた予算で効率的に行う必要がありますが、現実には十分に管理できているとは言えない状況にあります。
今後も道路の維持管理費用について予算確保を求めていきますが、自治会や企業そして住民が道路美化に率先して協力していただけるような環境づくりが必要であると考えています。

午後からは個別の要望で成田土木事務所へ。
その後は空港関連について打ち合わせを行いました。

夕方には成田空港の機能強化に関して、総合企画部長名でFAXが入りました。
これによると本日、森田知事と成田空港周辺自治体の市長町長が石井国土交通大臣に対して以下の内容について要望を行ったとの事です。

  1. 夜間飛行制限の緩和について提案内容の一部見直しと騒音対策の一層の強化
  2. 騒音区域の線引きにおいては集落分断を発生させない事
  3. 落下物について抜本的な対策を講じる事
  4. 地域振興策の検討を速やかに行い地域の将来像を示しその財源を確保する事

私の考え方としては、国内、アジア、世界における将来の航空情勢に成田空港がしっかりと対応していく必要があり、我が国の国際基幹空港としてさらに発展させなければならないとの考え方です。
そのためにも現在提案されている成田空港の更なる機能強化についての提案を実行していく必要があります。
しかし、成田空港の周辺地域に生活する住民の方々の理解を得る必要もあり、その意見についても真摯に耳を傾けなくてはなりません。
政治的判断を要する場面も想定されますが、住民生活の不安をできる限り取り除き、その上で成田空港が更に発展するような機能強化策を実施していかなくてはなりません。
この成田空港の更なる機能強化、新たな局面に差し掛かっていると感じているところであり、具体的な議論を進めていきたいとの思いです。

さてこの後は行政関係者との会食。色々な意見交換ができるものと楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

スケジュールが消える重大事態発生!

今日は朝から慌ただしくなりました。
体調を崩している娘の症状が妻にうつってしまったようで昨夜から妻もダウン。
そこで私が娘を病院へ連れて行きました。
具合が悪くなってから今日で4日目、食事がほとんどとれず高熱も続いていますので心配なところですが、薬を処方されて様子を見ることとなりました。
一方の妻も発熱と腹痛、そして下痢が続いてほとんど動けず。
連休中に食べたものを思い出しながら今回の原因を探りましたが今はただ早期に良くなることを望むばかりです。

日中は午前中に行政関係者と意見交換、午後からは打ち合わせ、夜は地元の遠山地区社会福祉協議会の総会、知人の誕生会という1日でした。
本来であれば知人の誕生会ではもう少し時間を取りたかったところですが、先ほど書いたとおりの我が家の状況ですので中座させていただき帰宅したところです。

さて、私にとって重大な事態が発生。
スケジュール管理はスマホを利用しそのデータをパソコンと同期させていますが、その同期が4月下旬からうまくいっていないため、色々と試行錯誤していました。
夕方、同期をいったん切り離し再度同期を行ったところその結末は、2か月前から先の予定までの全てが無くなってしまいました。
この文章からはご理解いただけないかもしれませんが、正直言って重大な事態となっています。
入力した内容の紙面などは破棄することとしているため手元に残っておらず、記憶をたどるしかありませんがそれにも限界があり、本来埋まっていたはずの日程が空いてしまっています。
そして新たな予定も次から次へと入ってきておりバッティングする可能性も大です。
明日から色々な情報を繋ぎ合わせて出来る限りのスケジュールの復旧に努めなくてはなりません。
家族の体調不良とスケジュールの消失、大変な1日となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

成田空港圏自治体連絡協議会の知事要望に同席しました

大型連休明けの今日は、まず、子どもの頃からお世話になった方の告別式へ。
スケジュールの関係で式の始まる前にお線香をあげさせていただきました。
祖父の時代から農作業などを手伝いに来ていただき、私が小学校低学年ころまでほぼ毎日のように可愛がっていただいた記憶が鮮明にあります。
ここの所お姿が見えないと思っていましたが、連休中にいただいた訃報に深い悲しみを覚えるとともに、子どもの頃接していただいた際の笑顔、また毎年この時期には多くの筍をいただいた記憶などが蘇ってきました。
これまで小池家としていただいてきたご厚情に深く感謝申し上げるとともに、心からのご冥福をお祈り申し上げます。

Img_2791Img_2793午前11時からは、成田空港圏自治体連絡協議会を構成する9市町による「成田空港の更なる機能強化に関する要望書」の森田知事への提出に際して、地元議員として同席しました。
成田空港の更なる機能強化について、これまで各地域で住民説明会が実施されてきましたが、住民の方々から様々な意見が出されています。
これに対して各市町では、25時までとする夜間の飛行時間制限の緩和について特に住民の反対が大きいことから、その一部見直しが必要であるとの判断があります。
私としては、成田空港が世界の国際空港と競争できる環境を整備すべきとの思いですが、議論がこう着状態とも言える段階に入っている中で、何らかの打開策も必要であると考えています。
世界の航空情勢が刻々と変化する中で、空港と地域が共に発展するために関係機関がより一層密に連携して議論を前に進めなければならないとの思いを持ちながら、県としても国や空港会社と共に具体的な騒音対策、落下物対策、地域振興策を示し、空港周辺市町のみならず千葉県全体の発展につながるように行動すべきです。

さて、現在は県庁から地元の事務所に戻り事務作業を行っている合間、このブログを早めに更新中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

連休も終わり明日から日常活動へ

ゴールデンウィークも今日で終わり。3日から5連休という方も多かったことと思います。
明日からの社会復帰、通学に気が重い方もいらっしゃることと思いますが、1年で最も清々しい季節です。張り切っていきましょう。

さて私も比較的プライベートな時間もいただきながら過ごした今年のゴールデンウィークでしたが、昨日から娘が体調を崩し病院へ通うなど少し大変でした。とは言っても私よりも妻の方が大変であったこと言うまでもありませんが。
この2日、日中の多くが病院の待ち時間に費やされてしまいましたが、幸い今日の夜になって娘も元気を取り戻してきましたので一安心といったところです。

明日からは通常の活動に戻ります。
連休明けの明日は、空港周辺市町首長の知事要望への同行もあり、成田空港を取り巻く状況にも変化の兆しを感じています。
具体的には、成田空港周辺9市町として現在示されている成田空港の機能強化案についての見直しや抜本的な騒音対策、落下物対策、そして地域振興策を求める要望との事。
知事から具体的にどのような発言がなされるのか注目されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

子どもの日に思う少子化への危機感

今日は子どもの日。日本の15歳以下の子どもの数が36年連続で減少し、ピーク時の半数にまで減ったという記事がありました。
少子化が続いていることを認識しながらも、具体的な数字を見るとその現実に将来への危機感を持ちます。
記事によると、人口に占める子どもの割合は12.4%で、人口4,000万人以上の31カ国中、米国19.0%、中国16.6%、韓国13.4%で、日本は最低であるとの事です。
人口減少は国家にとって大きな影響を及ぼすことは言うまでもなく、現在も子どもが減り続けているという現実に一層の危機感を持たなければなりません。
幸いにも地元の成田市では、国際空港の立地もあり今のところその現実の危機感を感じることは少ないのですが、将来へ向けての課題をしっかりと見据えておく必要性も痛感するところです。
最近では少子化対策として地方自治体での積極的な取り組みも見られてきているところですが、何といっても国家としての思い切った政策の実行が求められていることを政治がしっかりと認識すべきです。

Img_2787そんな少子化の危機感を持った今日ですが、成田市公津の杜公園では第9回の公津みらいまつりが好天に恵まれ開催されました。
年々増えてきた鯉のぼり、今年は合計1,800匹が会場とその周辺を飾り、多くの家族連れが訪れて賑わいを見せていました。
特に京成公津の杜駅から近いという事もあってか、駅から会場を訪れる方の流れが多く目立ちました。市外から訪れた方々も増えてきたようです。
昨年4月に国際医療福祉大学が開学し、今年は新たに医学部も開設されて益々勢いのある公津の杜地区、今後も新しい成田市の顔としてのさらなる成長が期待されています。

夜には下総地区区長会の懇親会に出席させていただきました。
成田市と旧下総町が合併して今年で11年。いまだに多くの課題もある中で、行政協力員としてご尽力いただいている区長さんたちと色々な意見交換をさせていただきました。
その中で多くあったのは成田空港の機能強化についての話題。
成田空港の北側にあるこの地区にとって、滑走路延伸や運用時間拡大の議論が今後どのようになるのか、自分たちの地域にどのような影響があるのか不安を訴える声も多くありました。
特に、成田空港の発展が必要であるとを認めながらも、騒音地域への抜本的な対策が必要であるという強いご意見もあり、県としての役割の重要性を真摯に受け止めさせていただきました。
引き続き成田市内はもとより空港周辺の各地域にお住いの県民の皆さんのご意見を拝聴しながら成田空港の機能強化に関する議論を着実に進めるように努力して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ゴールデンウィーク谷間

昨日と今日はまさにゴールデンウィークの谷間。連続してお休みを取っている方もいるようですが、私の周りはゴールデンウィークを感じさせない日常的な動きであったと思います。

そんな今日は公的な行事もなく成田市内での活動となりました。
午前中は告別式に参列、午後からは事務所にて打ち合わせ、その後は役員を務める法人が建設中の新規保育園の打ち合わせ、そして夜には2件のお通夜に参列という1日でした。
忙しなくも時間的にはそれほど追われることのない1日でしたので、若干なりともゴールデンウィークのゆったりとした感を覚えたところです。

そして明日からは連休。合間に行事などもありますがプライベートな時間も作れそうですので家族と過ごす時間にあてていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

成田空港運用状況 初の3,900万人超えも世界では40位台レベル

今日から5月。県議会は5月から10月までいわゆるクールビズとなりノーネクタイとなりました。
服装も身軽となり気持ちも軽やかに今月も活動してまいりたいと思います。
さて、先日成田空港の2016年度の運用状況が発表されました。
主要数値は過去最高値を連続して更新するなど好調な結果でした。
  • 発着回数は全体で前年比4%増の245,705回、5年連続で過去最高
     国際線が前年比5%増の193,427回、2年連続で過去最高
     国内線が前年比1%増の52,278回、15年連続で過去最高
  • 旅客数は、前年比4%増の 39,620,801人で初めて3,900万人超えを達成
     国際線外国人旅客数が前年比11%増の14,299,658人、3年連続で過去最高
     国内線旅客数が前年比5%増の7,210,517人、8年連続で過去最高

ただし、羽田空港の国際線増枠などの影響もあって、国際線の乗り継旅客は引き続き減少傾向が続いています。
今後も羽田空港の国際線発着枠の増大が計画されていることや、航空機の航続距離が伸びていることとアジア主要都市の成長が続いていることなどから、主要都市間の直行便も増える傾向にあり、国際線の乗り継ぎ旅客数の減少傾向は続くものと予想されています。

発表された結果はいずれも過去最高値を更新していますが、世界レベルでの成田空港の旅客数は世界で40位台レベル。
アジアにおける激しい空港間競争の中においては、まだまだその地位は低いと言わざるを得ません。
国の経済政策、観光政策を明確にしてヒト・モノの流れを呼び込み、名実ともに我が国の国際基幹空港としての発展を目指すため、成田空港の更なる機能強化を着実に進めていきたいと感じた最新の成田空港の運用状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »