« スケジュールが消える重大事態発生! | トップページ | 五輪 都外仮設費用は東京都の負担で決着も依然として課題あり  »

2017年5月11日 (木)

森田知事と空港周辺首長が国交相に要望

今日は午前中に成田管内の県道を管理す成田土木事務所の幹部職員と打ち合わせを行いました。
主には今年度の事業内容の説明でしたが、住民生活や経済活動に密接に関連する道路の良好な管理について色々と意見させていただきました。
これからの時期特に要望が多くなるのが除草。
限られた予算で効率的に行う必要がありますが、現実には十分に管理できているとは言えない状況にあります。
今後も道路の維持管理費用について予算確保を求めていきますが、自治会や企業そして住民が道路美化に率先して協力していただけるような環境づくりが必要であると考えています。

午後からは個別の要望で成田土木事務所へ。
その後は空港関連について打ち合わせを行いました。

夕方には成田空港の機能強化に関して、総合企画部長名でFAXが入りました。
これによると本日、森田知事と成田空港周辺自治体の市長町長が石井国土交通大臣に対して以下の内容について要望を行ったとの事です。

  1. 夜間飛行制限の緩和について提案内容の一部見直しと騒音対策の一層の強化
  2. 騒音区域の線引きにおいては集落分断を発生させない事
  3. 落下物について抜本的な対策を講じる事
  4. 地域振興策の検討を速やかに行い地域の将来像を示しその財源を確保する事

私の考え方としては、国内、アジア、世界における将来の航空情勢に成田空港がしっかりと対応していく必要があり、我が国の国際基幹空港としてさらに発展させなければならないとの考え方です。
そのためにも現在提案されている成田空港の更なる機能強化についての提案を実行していく必要があります。
しかし、成田空港の周辺地域に生活する住民の方々の理解を得る必要もあり、その意見についても真摯に耳を傾けなくてはなりません。
政治的判断を要する場面も想定されますが、住民生活の不安をできる限り取り除き、その上で成田空港が更に発展するような機能強化策を実施していかなくてはなりません。
この成田空港の更なる機能強化、新たな局面に差し掛かっていると感じているところであり、具体的な議論を進めていきたいとの思いです。

さてこの後は行政関係者との会食。色々な意見交換ができるものと楽しみにしています。

|

« スケジュールが消える重大事態発生! | トップページ | 五輪 都外仮設費用は東京都の負担で決着も依然として課題あり  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/65268399

この記事へのトラックバック一覧です: 森田知事と空港周辺首長が国交相に要望:

« スケジュールが消える重大事態発生! | トップページ | 五輪 都外仮設費用は東京都の負担で決着も依然として課題あり  »