« 6月定例議会が開会しました | トップページ | 自治会組織の加入率低下 共助の重要性のためにも向上を! »

2017年6月16日 (金)

自民党本部での成田空港議連に出席 新習志野駅前には新たな動き

今日は議会が議案調査のため閉会という日程でした。
一般質問の準備にも取り掛かりたかったところですが、午前中は自民党本部へ。
自民党国会議員で組織し二階俊博幹事長が会長を務める成田国際空港推進議員連盟の会議に出席しました。
NAA、県から先に開催された四者協議会の内容の説明があり、成田市長、多古町長、県議会議連会長、および空港周辺地域の商工団体の代表者がそれぞれ意見を述べました。
国会最終盤という事で慌ただしい中でしたが、議員連盟の幹事長を務める林 幹雄代議士から最後に、「自民党としては羽田の議論が一定程度終了したとの認識であり今後国として成田に注力していく」との力強い発言がありました。
私としては、提案されている空港の機能強化策を実現するためにも、県として早期に地域振興策を策定し、国においては地域振興策の実現と影響を受ける農業施設や必要な河川の改修などを行うための財政支援、そして広域的道路ネットワークと鉄道アクセスの一層の充実などなど、空港を核とした新たな都市づくりに対して積極的な支援をお願いしたいと考えています。
尚、これらの観点をもとに27日(火)10時から一般質問を行います。

午後からは一旦成田に戻り打ち合わせ。
その後、肉離れの状態が一向に改善せず歩行に支障があるため病院で受診。
医師の先生曰く「安静に過ごしてくださいと言いましたよね?」と自らの行動が今の状態を招いていることを指摘されてしまいました。
その指摘を受けながらも千葉市内でのスポーツ関係者との懇親会に出席となりました。
ゆっくりと休むことなどできない現状、今しばらくは不自由さと痛みを感じながらの生活を余儀なくされそうです。

Img_3162Img_3161さて、県からの報告を1件お知らせします。
委員長を務めている商工労働企業常任委員会所管の企業土地管理局から、新習志野駅前商業業務用地の事業予定者が決定したとの報告を受けました。
ミスターマックス新習志野駅前開発共同企業体を事業予定者と決定し、27,964㎡の土地を約51億円で分譲するというものです。
幕張地区では新駅設置の構想もあり京葉線沿線が今後ますます賑わいを見せてくると考えています。
特に幕張地区は、2020オリンピック・パラリンピックに向けても様々な準備と対応をしていかなければならず、県としても都市の成長のために引き続きそしてより一層力を入れていく必要があると考えています。

|

« 6月定例議会が開会しました | トップページ | 自治会組織の加入率低下 共助の重要性のためにも向上を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/65421336

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党本部での成田空港議連に出席 新習志野駅前には新たな動き:

« 6月定例議会が開会しました | トップページ | 自治会組織の加入率低下 共助の重要性のためにも向上を! »