« 2017年6月 | トップページ

2017年7月20日 (木)

1年ぶりの中国訪問

週が明けて少し更新をお休みしていましたが、親交のある方々と本日まで中国杭州と紹興へ行ってきました。
昨年7月に上海に行って以来1年ぶりの中国ですが、成田発の行き帰りの旅客を見ても日本人の観光目的と思われる人は少なく、杭州市内や周辺都市でも日本人と遭遇することはほとんどありませんでした。
これは最近の日中間における政治的な関係など影響しているものと思います。
しかし、成長率が減速しているとはいえ中国主要都市の成長は目を見張るものがあり、今回も様々な局面で大きな刺激を受けることとなりました。
アジアにおいてそして世界においての中国の存在感は格段に大きくなってきており、日本としても経済的には常に関心を持っていなければならないと考えているところです。
最近では訪日客の多くを占めてきた中国も爆買いが沈静化していて、日本の中国人観光客への期待感も若干薄れたようにも感じますが、中国の抱える人口とその成長からしても今後ともインバウンド需要の柱として位置付けておく必要もあり、引き続き経済的な交流をしていく必要性を感じたところです。

更に、成田空港としても今後の航空需要の大きな伸びが期待できるアジアにおいて、特に中国の存在は大きなものとして捉えなければなりません。
欧米の主要都市間各都市とを結ぶ路線の充実が重要であることはもちろんのこと、アジア各都市への乗り継ぎ利便性を一層高めることが空港としての重要な戦略となっていると考えています。
特に広大な中国の各都市とのネットワークは重要であり、今後の成田空港の戦略としても引き続きアジア各都市への路線充実が求められていると実感させられた今回の訪問でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

各地域行事 最盛期

Img_0086Img_0087今日も各地域の祭礼等の行事に出席しました。
まずは八代八坂神社の祭礼へ。
午前9時の神事を終えてはじめに子供神輿、そして大人のお神輿の宮出しが行われ、威勢良くお神輿の渡御が始まりました。
かつては私もお神輿を担がせていただいたことのあるこの祭礼、今後も伝統行事として継続していただきたいと願っています。

Img_0089続いては成田の総鎮守 埴生神社の例祭。
三ノ宮とも呼ばれる歴史と由緒ある神社です。
今年は御神輿の渡御は行われない年にあたるため、訪れる方々を常に御神輿がお迎えしていました。
また神事の後の直会も例年より出席者も多く盛大であったと思います。
全国各地で豪雨災害が発生していますが、埴生神社のご加護のもと平穏な日々であることを祈念させていただきました。

その後は新駒井野区の夏季懇親会に出席し、県政報告。
昨日発行した県議会リポートを配布させていただきました。
空港に先祖代々の土地を提供し移転して現在の新駒井野区ができました。
成田空港においては歴史的にも大きな変換点を迎えようとしていますが、ご協力いただいた多くの方々の思いに報いるためにも、騒音地域の振興と発展、そして新たな時代に対応できる空港の機能強化を着実に進めてまいりたいと思います。

さてこの後も地域の祭礼と夜は騒音地域の方々との懇親会に出席する予定。
各地域の行事への参加が最盛期といったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

各地区の祭礼と成田高校を応援

Img_0083Img_0084今日は「押畑区夏祭り」の神事に参加。
北千葉道路が来年度末までに押畑まで開通する予定で、地元の方々にはそれに伴って色々とご協力もいただいています。
その点についてもご挨拶させていただき御礼を申し上げました。
押畑区の益々のご発展を祈念申し上げます。

Img_0082その後は高校野球の応援に県営野球場へ。
地元成田高校の初戦で全校応援ということで中学1年の長男を送りながらスタンドで応援しました。
暑く日差しも強かったのでたまらず日影を探したところ相手側のスタンドでの応援となってしまいましたが、無事に初戦を突破し一安心です。
一戦一戦勝ちを重ねて県の頂点へ、そして甲子園へと駒を進めてもらいたいと思います。

地元に戻ってからはお通夜に参列。
そして事務所に地元である東町区の祇園祭砂払いへ。
今年に成田祇園祭は天候に恵まれ過去最高の49万人も人出で賑わいました。
お祭りが終わって1週間が経ちますが、暑い熱い記憶が新鮮な中で余韻に浸りながら関係者に方々と色々なお話をさせていただきました。

Img_0085そして最後は北須賀根山神社の宵宮祭へ。
地域の方々とゆっくりとお酒をいただきながら懇談することができました。
明日の本祭も是非盛り上げていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

明日新聞に折り込む予定の県議会リポートを一足先に

連日暑い日が続いていますが、今日は愛知県内で猛烈な雨が降り河川の氾濫が伝えられました。
そして夜になって山形県内で時間雨量110mmという記録的な雨が降っているとの報道もあります。
九州地方を襲った豪雨災害の爪痕が残る中、日本列島各地で雨の災害リスクが高まっています。
今後の気象情報などに十分留意してください。

FullsizerenderFullsizerender_1さて本日夕方、明日15日に成田市内の新聞朝刊に折り込む県議会リポートが事務所に届きました。
一足先にこのブログ上でお知らせさせていただきます。
紙面の関係で内容はかなり絞られたものとなっていますが、ご興味のある方は是非ご意見などいただければ幸いです。

尚1点重大なミスがありました。
私の公式ホームページが移転しているにもかかわらず前のアドレスのまま印刷してしまいました。
ここにお詫びし訂正させていただきます。
新しいアドレスは、http://koikemasaaki.net/
ホームページは内容も含めて近くニューアルに取り掛かりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

日本会議成田支部設立 憲法改正の必要性が広く理解されなければなりません

議会が終わり今日は1日地元成田市内での活動、日中は事務所での打ち合わせや来客の対応が主となりました。
NAA成田国際空港株式会社の役員。構成も変わり、新任の役員さんとの意見交換もさせていただき有意義なお話が出来たと思います。
その中で議論が進行している更なる機能強化については、千葉県の役割が重要であるとの認識でも一致したところですが、私からはNAAと国の協力が不可欠であるとの認識で今後のあらゆる支援をお願いさせていただきました。

夕方からは日本会議千葉成田支部の設立総会に出席。
私は、現行憲法の限界を感じています。
戦後、日本人が起草した憲法をGHQが否定し、わずか1週間でGHQが作成した憲法が今現在の日本国憲法です。
世界が国が地域が時代とともに大きな変化に直面してきた中で、その改正が行われていないのは世界から見ても稀な状況にあること、無理な憲法の解釈でこれまで時代を乗り切ってきてしまったこと、戦争直後にGHQが作ったために領土・領海、領空、そして国民を守るという基本的な国防についての記述が欠如している事などなど、現行憲法の限界は明らかです。
国の法律も自治体の条例も必要に際して改正、制定されてきたいる中で、国の最高法規であるから時代の変化の影響を受けないというのはあり得ません。
先進国では、アメリカが6回、先の戦争での同じ敗戦国であるドイツは59回、イタリアは20回の改正を行っていること、そしてGHQで当時日本国憲法の作成に当たった人々がその後一度も改正しないでいることに驚きを持っていたという事実もあります。
憲法改正は、国政の限られて議論ではなく市民レベルでその必要性が理解されなければなりません。
そのような思いで、今日の日本会議千葉成田支部の設立を歓迎するもので、今後広くその意義が理解されることを強く望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

6月議会閉会 新副知事に滝川氏 議長に小高氏、副議長に鈴木昌俊氏を選出

6月15日に開会した定例議会も本日最終日となり全ての議案を可決承認、追加提案のあった副知事人事も同意され、また、新たに正副議長を選出、各常任委員会の委員構成も変更になり正副委員長が選出され、全日程を終えました。

午前中は、10時から農政問題対策議員連盟の勉強会が開催されましたが、内容は国が創設を検討している森林環境税についてでした。
未だ県民の方々に多く知られていない内容かと思いますが、我が国の森林は大きな問題に直面してます。
山林においてはその32%が50年以上登記の変更が行われない状況にあり、所有者が特定できない事例が多々発生、また森林所有者がその地元の市町村に居住していない割合が年々増加しているため管理が不適切となっているなど、私有林の管理において市町村の抱える問題が大きくなっています。
千葉県においても林業の発展と適切な森林の管理について課題意識を持たなければならず、更に国全体としても温暖化防止の観点から森林の適正な管理を促し、その対策が必要な状況にあります。
これまで県議会としても森林環境税の創設を求める意見書を提出した経緯があり、更に他県ではすでに独自に課税している例もあるなどから、今後具体的な議論が展開されていくものと考え、県議会としても引き続き国の動向を踏まえ対応していくこととなります。

その後は議会運営委員会に出席、お昼休みに農林水産部との打ち合わせを行い午後1時から本会議となりました。
1年間務めた商工労働企業常任委員会の委員長として最後の委員会の報告をさせていただきました。
今後は教育庁を所管する文教常任委員会に所属しますので、千葉県の教育環境の発展のために努めてまいる所存です。

そして知事から副知事の人事案が追加提案され、諸橋副知事の後任として滝川伸輔氏を賛成多数で同意しました。
また、6月議会恒例となる正副議長人事ですが、宇野裕議長、木名瀬副議長が辞職して第71代議長に小高信太議員(6期、勝浦市・夷隅郡)を、第69代副議長に鈴木昌俊議員(4期、市原市)を選出しました。
宇野議長、木名瀬副議長には大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

さて、議会も一段落ですが引き続き地元をはじめ精力的に活動を続けて参りたいと思います。
尚、今週15日(土)には先に行った私の一般質問を特集した県議会リポートを新聞に折り込む予定です。
是非お気に留めていただきご意見などいただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

今日はゆうあいピックソフトボール大会の抽選会が行われました

今日も暑い1日でした。どうやらこのまま梅雨明けとなりそうな気配、こまめな水分補給に心がけて熱中症など十分にお気を付けください。

今日は午前中に告別式に参列、その後は打ち合わせ。
午後からは、今年で32回目となる千葉県ゆうあいピックソフトボール選手権大会の抽選会に出席し、千葉県障害者ソフトボール協会の会長として挨拶させていただきました。
1部、2部、3部に分かれ合計27チームの参加により大会を9月に行う予定です。
今年は2年ぶりに千葉県代表チームが関東大会を制し、愛媛での国体の後10月に行われる全国大会への出場が決まり、千葉県のレベルの高さを物語る嬉しい結果も報告されています。
そのレベルの高い千葉県の大会として、また歴史ある大会として今年も成田市を会場に各チームの健闘を期待しているところです。
尚、毎年、協賛いただく企業やボランティアの方々のご協力で大会が開催できているという事を忘れてはなりません。
今年も多くの方々のご協力とご尽力に報いるためにも、素晴らしい大会にしていきたいと決意を新たにしたところです。

そして、障がいを持たれている方々の学習環境や就労環境の改善に努め、合わせてスポーツの振興にも引き続き務めてまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

九州北部豪雨 被災者に対して関係機関は万全の対応を!

暑い日が続いています。
関東地方では「今年梅雨があったのか?」と思わせる天候が続き、特に先週末からは真夏の暑さが続いています。
一方で、九州北部地方を襲った豪雨による被害状況の報道が続いていますが、美しい景観であった故郷が全くその姿を失ってしまいました。
突然に命を奪われてしまった方々や、いまだに行方がわからない方々の存在があることを思うと心が痛みます。
被害にあわれた方々に対しては心からお見舞いを申し上げるとともに、早期に元の生活に戻れる日が来ることを願うものです。
国や県、そして地元自治体においては、不自由な避難生活が長期に及ぶと想像されることから、避難生活を強いられている方々に対する万全な支援と住宅の確保など早期に対応する必要があると感じます。
関係機関の万全の対応を強く望みます。

さて、議会も明後日の最終日を残すのみとなりました。
議会事務局から本会議で行う委員長報告についての案が送られてきたところで、現在目を通しています。
商工労働企業常任委員長としての本会議での発言は最後になりますので、わかりやすく丁寧に報告させていただこうと思います。

この後は幕張のホテルで開催される地元選出林 幹雄代議士の政経セミナーに出席の予定ですので早目の更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

成田祇園祭 熱い暑い3日間でした!

成田の夏の風物詩、成田祇園祭の熱い暑い3日間が終わりました。
今年は特に3日連続で晴天となり、人出も過去最高を記録したのではないかと思えるほどでした。
例年であれば梅雨の後半という事もあって3日間のうち「最低1日は雨が降る」とも言われていますが、今年は3日間まったく天候の心配のない祇園祭でした。
人出も昨年が2日目に雨が降ってそれでも45万人を記録しましたが、今年は夕方から夜にかけての時間帯、JR成田駅前から成田山新勝寺門前までの表参道は、まさに立錐の余地がないほどの人出で賑わい、お祭りの花形である屋台や山車の運行にも支障が出るほどでもあったようです。
毎年多くの人々が市内外、海外からも訪れてくれるようになったこの祇園祭。
交通の利便性も向上し、国際空港という空の玄関口の地元都市として成長してきた成田市の成長が目に見えるような盛り上がりを見せた今年の成田祇園祭であったと思います。
訪れていただいた方々には、成田の勢いと、来年で開基1080年を迎える成田山新勝寺をはじめとするその伝統と歴史を肌で感じて頂けたものと思います。
この場を借りて、祇園祭実行委員会をはじめ関係者の皆様、そして各町内の方々に対して、準備から本日までのご労苦に対して心から敬意を表すると共に、素晴らしい祇園祭を見せていただいた事に感謝申し上げます。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

さて、夜になって内閣支持率が続落したニュースが報道されています。
その矛先が安倍総理に向かっていることに正直不安を感じているところです。
私も自民党所属の議員として有権者の方々の率直なご意見に対しては、真摯に耳を傾けなければならず、今後の自らの活動もより丁寧にしていかなければならないとの思いを強くしているところで、微力ながら自民党としての信頼回復に努めてまいる所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

天候に恵まれた3日間 成田祇園祭の盛り上がりを期待

今日はまず、九州北部豪雨により被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
ニュース報道で見る映像に驚きを覚える毎日です。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、行方不明になられた方々が早期にかつ無事に発見されることも願うばかりです。
今回の九州北部で発生した災害は、記録的な雨量と地形などの条件が重なったものではありますが、全国どこでも豪雨に見舞われる可能性があり、都心部でも河川の氾濫は否定できないところです。
今回の災害を受けて改めて防災対策の重要性を認識しているところであり、地元千葉県内における対策と発生時の対応について早急な検討を要すると思い知らされているところです。

さて、話は全く変わって誠に恐縮ですが、地元の話題を書き込ませた頂きます。

いよいよ今日から成田はお祭り、熱い3日間が始まりました。
旧成田町を中心とした300年以上の歴史を持つ成田祇園祭が始まりました。
3日間で約45万人の方々が訪れる盛大かつ勇壮なこのお祭り、国際空港の地元として海外の方々にも日本の伝統文化に触れることのできる素晴らしいイベントであると思います。
例年であれば梅雨の後半で天候も心配なところですが、今年はその心配もいらないようですので、例年にも増した盛り上がりを期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

保育園児と高齢者の七夕交流会

九州豪雨の被害状況に驚愕しています。
「雨」によってこれほどまでに甚大な被害をもたらすとは私の想像を超えたものとなっています。
行方不明者が多数に上っている事も報道されていますが、早期に発見されることを祈るばかりです。
なお、福岡県、大分県、熊本県を中心に今後も雨の予報が出ていますので、この地方の方々には十分な警戒をお願いしたいと思います。

さて今日は、地元成田市内での活動とさせていただきました。
午前中は打ち合わせ、保育園での高齢者と園児の交流会、午後からも打ち合わせや来客の対応となりました。
保育園児と高齢者との交流会ですが、地元の保育園で年に4回行われています。
今日は七夕行事。保育園児と地域の高齢者の方々が一緒に短冊を作り、笹に飾り付けました。
伝統的な行事も家庭ではほとんど行われなくなっている昨今ですので、できる限り園児たちが地域の方々と交流し日本の伝統的文化にも気軽にかつ自然に触れられる機会を作っていきたいとの思いを持っています。
ただ、高齢者の方々の参加が年々少なくなっていて、地域の高齢化が進み高齢者人口が増えているにもかかわらず、行事等に積極的に参加されない方々も増えているという現実も感じているところです。
今後もますます高齢化が進む中で、高齢者の方々の交流の場として、また子どもたちが伝統文化に触れる機会として、引き続き様々な行事を展開して参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

水道局でまた積算ミス

今日は真夏の天気を思わせる1日でしたが、九州地方や山陰地方での大雨による甚大な被害が伝えられています。
人的な被害も発生している状況もあり心配なところです。
予報によると九州地方では明日以降も雨が降り続く予報もあります。
自然の猛威に人間の無力さを感じざるを得ませんが、被害の拡大がないこと祈るばかりです。

さて、千葉県水道局から工事積算に誤りがあったとの報告を受けました。
実はこの積算の誤り、昨年度も発生し入札結果に影響してしまったために本来契約すべき業者と契約できていなかったとうこともありました。
そしてまた今回も3件の配水管工事で積算ミスがあり、入札時の最低制限価格に誤りが生じたため、入札結果に順位の変動があったとの事です。
前回も再発防止に努めるとした水道局ですが、公共工事を発注するという重大な責任を負っている自覚をもって再発防止の徹底を図るよう強く要請するものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

商工労働企業常任委員長としてお世話になりました

今日は委員長を務める商工労働企業常任委員会が開催され、付託された議案について審査し、企業土地管理局と商工労働部それぞれに関しての質疑が行われました。
午前10時に始まった委員会、円滑に進むと予想し遅くても午後の早い時間には終了できると見込んでいましたが、予想をはるかに超えて終了は午後3時半となりました。
県内の商工業、観光、労働環境、そして企業土地管理局に関してと重要かつ幅広い分野でもあるため、各委員からの質疑が多く寄せられる委員会でもあります。
今日も様々な内容について質疑が行われましたが、委員長として委員会を采配する最後の日に各委員から積極的な発言をいただいたことに感謝する次第です。
この2年間、商工労働企業常任委員会に所属し、副委員長としてまたこの1年間は委員長を経験させていただいたことに改めて感謝申し上げます。
執行部の方々、議会事務局の方々、そして各会派の委員の皆様、ありがとうございました。

委員会が終わり地元成田に直行。
この後は有志の懇親会に出席の予定がありますので早目の更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

都議選はまさに歴史的惨敗 真摯に受け止めて活動していきます 

今日は都議選の報道一色。「歴史的惨敗」という表現を否定できない結果に、今後の自らの周辺の環境の変化もしっかりと認識しながら活動していかなければならない、自民党所属議員として真摯に受け止めています。
東京都と隣接する千葉県としては、様々な政策について連携が必要となりますが、今後の活動が未知数の都民ファーストの会の方向性や組織がどうなるのか不安がよぎります。
一方国政への影響は、即大きな動きとなる情勢ではないと判断していますが、少なからずこれまでとは異なる雰囲気に包まれてきていることは間違いありません。
国の発展には政治的安定が重要です。しかしその安定感をはき違えることのないように行動していかなければなりません。

さて7月に入り私の地元成田では、夏の風物詩ともいえる成田祇園祭りが今週7日(金)~9日(日)まで開催されます。
会場となる成田山新勝寺及びその周辺の町内では準備が整いつつあり、いよいよ今年もお祭りが始まるという独特の雰囲気を感じられるようになりました。
毎年多くの方々が訪れ見どころの多い成田祇園祭。
今のところ予報では天気の心配は全くない3日間、成田市内外、そして海外からも多くの方々のお越しをお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

印旛支部消防操法大会 関係の方々大変お疲れ様でした!

Img_3239真夏のような暑さとなった今日は、昨日に続いて色々な行事への出席となりました。
まずは、地元の三里塚浅間神社の祭礼へ。
本来であれば9時からの神事に出席しなければならなかっところですが、印旛支部消防操法大会の関係で一足先にお参りさせていただきました。
御神輿の宮出しの準備が進められ、役員の方々も準備に追われる中、既に早朝から女性陣が朝食を準備してくれてあり、私もお赤飯などいただくことが出来ました。
この神社の地元である三里塚上町町内会は、町内が一丸となってお祭りなどの行事を継承しています。
古き良き地元の習わしが続いていることに感謝すると共に、今後もその伝統を引き継げるような環境づくりを微力ですがお手伝いしていきたいと感じた次第です。

Img_3221Img_3218そして成田市の大栄B&G海洋センター大栄運動場で開催された、第37回印旛支部消防操法大会へ。
地元成田市からは、小型ポンプの部で八代が、自動車の部には新勝寺が出場しました。
結果は新勝寺が見事に優勝し県大会への切符を手にしました。
八代は3位で県大会への出場は逃したものの素晴らしい操法演技で、上位のチームとの差はほとんどなかったと感じています。
Img_3222Img_3231更にうれしい結果があり、新勝寺の1番員 森山恵一郎さん、2番員 三ツ谷泰佑さん、3番員 林達也さん、八代の2番員 伊藤晶剛さんが優秀選手に輝きました。
私自身現役の消防団員ですが、今回の大会を目の当たりにして改めて伝統の成田市消防団として素晴らしい操法演技を見せていただいたことに心から敬意と感謝を申し上げたいと思います。
関係の皆様大変お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

今日から7月 最初の土曜日は各種の行事に出席しました

今日から7月。
最初の土曜日となった今日は、まず、JA成田市旗杯争奪少年野球大会の開会式で、野球協会会長としてご挨拶させていただきました。
この大会には、東京都、茨城県からの参加もあり合計35チームが参加。
既にいくつもの大会を経験してきている各チームには、日頃の練習の成果とこれまでの経験を発揮して頑張っていただきたいとお話ししました。

続いては、三里塚みらい保育園の入園式。
75名の定員ですが、初年度スタートは0歳児から4歳児まで合計34名が入園しました。
成田市の待機児童も今年度新たな子ども園や保育園の開園で一段落といったところですが、一方で保育士不足が深刻になってきているとも感じています。
一気に施設整備を進めた影響もありますが、最近の政治的課題の一つともなっている保育士の養成と定着に今後も努めてまいりたいと思います。

午後からは成田空港騒音対策地域連絡協議会の総会。
成田空港の更なる機能強化の議論が進められている中で、これまでの地域が負ってきた負の影響と進まない地域振興について、今回の議論でその歴史を繰り返してはならないと述べさせていただきました。
既に示されている様々な対策に評価がある一方で、空港周辺地域が真に空港と共栄するための具体的な議論は全く見えてきません。
空港を成長発展させる議論と同時に、道路網、鉄道アクセス、農業振興、そして地域の将来像が描ける地域振興策について実現性のある議論を展開していく必要があると訴えています。

続いては自民党成田市支部の総会。
明日の東京都議会議員選挙の投開票を控えて、自民党に対する風の変化も感じている昨今です。
成田という国家プロジェクトが進められている土地柄、国政としっかりと連動していく必要もある中で、自民党は、政権与党としてまた責任政党として政策を推し進めて信頼を獲得するように常に緊張感を持った政治を行う必要があります。
今日の総会を経て、党員の方々の思いを裏切ることのない活動を続けていかなければならないとの思いを新たに強くしました。
しっかりと活動してまいります。

さてこの後はお通夜に参列、その後は支援者の皆さんとの懇談会に出席する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ