« 千葉県新総合計画 成田空港旅客数は2020年度4,600万人を目指す  | トップページ | 明日の内閣改造を控えて »

2017年8月 1日 (火)

成田市さくらの山 県有地(?)に生える木々が景観を阻害している問題

南海上にある台風の影響もあって天候が優れません。
毎年8月1日、社会福祉法人光明会の運営する障がい者支援施設「就職するなら明朗塾」で開催される「めいろう夏まつり」も今年は雨模様。
毎年八街市民のみならず市外からも多くの方々が来場しイベントを楽しみます。
そしてこのイベントの最大の見せ場である夜の花火は大人気で、毎年周辺は多くの人や車で大混雑しますが、午後から降り出した雨の影響もあって会場は例年に比べると人出が少ないようでした。
それでも今年も施設の運営に理解を示す多くの来賓が訪れ、また夕方には花火を楽しみにしていた人々が徐々に来場し予定通りイベントが行われていました。
その後のスケジュールの関係で中座させていただきましたが、無事に花火が打ち上げられ全ての行事が終了したことを祈っているところです。

Img_3526Img_3521さて、日中は成田ユネスコ協会の活動。
毎年この時期に開催しているイベントの準備と開会式に出席しました。
本日8/1〜8/6まで公津の杜駅前ユアエルム成田で、今年で8回目を迎える「成田の地域遺産写真展」、そして「ユネスコ無形文化遺産展」、「民間ユネスコ運動70周年展」を開催しています。
是非多くの方々にご来場いただき、ユネスコ運動への理解も深めていただければと思います。

あと1点。
成田市にある「さくらの山」。
成田空港A滑走路北側に位置し、航空機の離発着が間近で見られる人気のスポットとして知られています。
特に航空機や空港の写真を撮る愛好家やプロカメラマンも訪れていただける成田市の新たな観光スポットです。

Img_3519しかし、運営する管理組合の理事長から「県有地に生える木が伸びて景観を損ねている」との苦情が多くあり困っている」との電話があり、早速現地を確認、その後脇を通る県道の関係もあることから道路管理を行っている成田土木事務所に行き所長に相談しました。
今日のところでは当該地が道路関係用地であるかどうか判断がつきませんでしたが、いずれにしても県有地であればその対応が必要であると判断しています。
特に空港敷地に隣接していることから、その管理は良好に行う必要があるとも考えています。
県として空港周辺の地域振興策を積極的に策定していくという方針を示している中ですので、適切かつ早期に対応して来場者の不満を取り除くように努力させていただきます。

|

« 千葉県新総合計画 成田空港旅客数は2020年度4,600万人を目指す  | トップページ | 明日の内閣改造を控えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/65610513

この記事へのトラックバック一覧です: 成田市さくらの山 県有地(?)に生える木々が景観を阻害している問題:

« 千葉県新総合計画 成田空港旅客数は2020年度4,600万人を目指す  | トップページ | 明日の内閣改造を控えて »