« 社会的養護という難しい課題 現場の声を把握し支援していきます | トップページ | 雨で各イベントに影響が出ました »

2017年10月 6日 (金)

打ち合わせや行事などの1日

今日はまず市役所にて高齢者福祉について打ち合わせ。
次期介護保険計画に向けた動きなどについて担当課で意見交換させていただきました。
成田市は比較的”若い”と言われていますが、高齢化は着実に進んでおり医療と介護の連携によるサービスの向上を引き続き図っていかなければなりません。
社会保障費の増大が財政に大きな影響を与えている中で、引き続き高齢者福祉の在り方について議論を重ねていく必要性を感じました。

続いては選挙関連。
目前に迫った総選挙の対応について自民党成田支部の役員会が開催されました。
9選目を目指す地元選出の 林 幹雄 前衆議院議員、経済産業大臣を歴任し現在は自民党幹事長代理として要職にもあり選挙区内におけるその知名度は十分と言えます。
しかし、自民党を取り巻く状況は前回の選挙の時と異なるものがあり、実際の投票行動に結び付けられるか不安を持つものです。
希望の党の動きが連日伝えられているところではありますが、これまでに政権を担ってきた責任政党の自民党としての主張も広く知っていただけるように努力していかなければなりません。
限られた日数ではありますが、皆様にもご理解とご支援を心よりお願いいたします。

Img_4321Img_4322午後からは2件の打ち合わせ。
夕方からは第12回U-15全国KWB野球秋季大会の開会式へ。
全国から男子31チーム、女子11チームが一堂に成田に集まり、各チームの代表からその意気込みが述べられました。
僅かな言葉の中にも力強さと冷静なチーム分析、そして戦略と堂々の目標が掲げられ、何とも清々しく頼もしさも感じました。
これまで多くのプロ野球選手を輩出してきたこの大会、各選手が今大会の参加を経て更に飛躍することを期待して止みません。

その後は高齢者の介護事業などを運営している社会福祉法人の役員さんと意見交換。
昨今の特別養護老人ホームをはじめとする状況や、厳しさを増す人手不足、そして国が進める外国人材の活用などについて意見交換させていただきました。
介護現場における様々な問題が顕在化しています。
特に人手不足による施設の稼働率の低下、介護人材養成校の低い充足率などなど、日本の高齢者福祉が危機に面している現状を改めて実感した次第です。
今後も各現場の問題を把握すると共に、直面する問題のみならず今後発生しうる問題についてもしっかりと認識しながら行政の対応を求めてまいりたいと思います。

|

« 社会的養護という難しい課題 現場の声を把握し支援していきます | トップページ | 雨で各イベントに影響が出ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打ち合わせや行事などの1日:

« 社会的養護という難しい課題 現場の声を把握し支援していきます | トップページ | 雨で各イベントに影響が出ました »