« 総選挙から一夜明けて | トップページ | 成田駅前で圏央道建設促進キャンペーン »

2017年10月24日 (火)

台風21号による農林水産物被害

今日は事務所での事務作業、来客対応などが中心の1日となりました。
そんな中、土曜日から日曜日にかけて関東地方を直撃した台風21号による県内の農林水産物被害が報道発表されました。
10月24日現在で分かっているだけで、農作物被害が27億7,000万円、農業施設被害が1億9,500万円、漁船被害が3,900万円で、調査集計を継続中であるため今後さらに被害額は増加するものと思います。
特に大きな被害となったのが農作物で、その中で銚子市や旭市などで多く作付けされているキャベツは13億9,300万円、だいこんが8億6,800万円と非常に多額の上っています。

また、その他にも道路やがけ崩れなども発生しており、県内だけでも台風21号による被害は非常に大きなものであったと言えます。
まずは県として被害に遭われた県民への救済をどのように行うのか早急に検討し対処すると共に、施設や道路、がけ地などについてはその復旧について早期に行うように求めていかなければなりません。

|

« 総選挙から一夜明けて | トップページ | 成田駅前で圏央道建設促進キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風21号による農林水産物被害:

« 総選挙から一夜明けて | トップページ | 成田駅前で圏央道建設促進キャンペーン »