« 成田空港とその周辺土地の活用 イベントなども積極的に! | トップページ | 打ち合わせや行事などの1日 »

2017年10月 5日 (木)

社会的養護という難しい課題 現場の声を把握し支援していきます

衆院選が1日1日と迫り、テレビではほとんどがその内容をとり上げています。
良くも悪くも各政党の動き、特に今回は希望の党率いる小池東京都知事の一挙手一投足が連日伝えられ、有権者の反応にも変化があるように感じています。
希望の党として選挙後の首班指名は誰になるのか、あるいは否定している小池都知事本人の出馬の可能性があるのかなどなど話題に事欠かないようですが、私としては淡々と自民党の勝利を目指すのみです。

Img_4310さて今日は来客の多い1日でした。
その合間には児童福祉施設を運営されている方々からの小高議長への要望書の提出に同席させていただき、健康福祉部長と担当課長を交えて意見交換させていただきました。
国は「新しい社会的養育ビジョン」を示しました。
この内容を見ると、現在社会的養護の重要な役割を担っていただいている児童養護施設や乳児院の在り方が問われているように感じています。
福祉の現場は、理想と現実の乖離が確実にあります。
私としては、顕在化している様々な問題の解決とその対応には、引き続き児童養護施設を始め社会的養護を担っていただいている現場の声をしっかりと把握し、行政が対応していく必要性があると考えています。
今後もそのような思いで様々な境遇にある子どもたちの育成を支援できるように活動してゆく所存です。

|

« 成田空港とその周辺土地の活用 イベントなども積極的に! | トップページ | 打ち合わせや行事などの1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会的養護という難しい課題 現場の声を把握し支援していきます:

« 成田空港とその周辺土地の活用 イベントなども積極的に! | トップページ | 打ち合わせや行事などの1日 »