« 今日は2件の報告 | トップページ | 成田市公設卸売市場の輸出拠点化について »

2017年11月27日 (月)

注目の二つの選挙 芝山町は現職相川氏6選、一方市川市長選は”再選挙”

注目の2つの選挙が終わりました。
成田空港南側の芝山町長選挙は、現職の相川勝重氏が6選で当選を果たしました。
成田空港の更なる機能強化について議論が進められている中での町長選挙で、その結果が注目されていました。
芝山町は、これまで成田空港を離着陸する航空機の騒音の多くを担い、さらに空港の新たな拡張計画においても空港周辺の自治体で重要な立場となります。
相川氏は、町の発展のためにも現在の機能強化の議論を推進するという主張でしたので、今後の議論が着実に前に進むことを期待したいと思います。

それからもう一つは市川市長選挙。
現職の大久保市長の急な引退表明から結果的には新人5人の争いとなりました。
まさに混戦と言える選挙で、自民党推薦で県議会同期の坂下しげき候補に何としても勝利を収めて欲しいと願っていましたが、坂下候補は最多得票の村越候補とわずか384票差の2位で27,725票を獲得、ところが結果的にどの候補者も有効投票数の25%に達せず、公職選挙法により再選挙という結果になってしまいました。
今回の立候補者と同じ顔ぶれでの選挙戦になるのか流動的でありますが、2週間の異議申立期間を経て50日以内に再選挙となるため、市川市では選挙モードのまま越年することとなる見込みです。
自民党唯一の推薦候補として、坂下しげき候補の今後の戦いを改めて支援してまいる所存です。

|

« 今日は2件の報告 | トップページ | 成田市公設卸売市場の輸出拠点化について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66092428

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の二つの選挙 芝山町は現職相川氏6選、一方市川市長選は”再選挙”:

« 今日は2件の報告 | トップページ | 成田市公設卸売市場の輸出拠点化について »