« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

「房総の4つの海」 日本遺産へ申請

今日は午前中に、成田市議会「新市場整備・輸出拠点化等調査特別委員会」の大倉委員長が県庁を訪れ、成田市が国家戦略特区として進めている公設卸売市場の輸出拠点化。

その後は、地元成田市に戻り要望対応。
午後からも都市計画についての相談など事務所にて対応する1日となりました。

さて、1件の報告です。
千葉県および関係11市町(千葉市、木更津市、富津市、鋸南町、南房総市、館山市、鴨川市、勝浦市、御宿町、いすみ市、一宮町)は共同で、新たに日本遺産の認定を目指し、「房総半島の景観や文化の異なる魅力豊かな4つの海を巡る旅」をストーリーとして、「房総の4つの海」を文化庁に申請します。

”4つの海”とは、【東京湾】、【内房】、【外房】、【九十九里浜】で、海の囲まれた千葉県の優位性を前面に出した取り組みとなります。
既に認定された「北総四都市江戸紀行 ~江戸を感じる北総の町並み~」に続き、県内2つ目の日本遺産認定をぜひ実現したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

成田空港の更なる機能強化 地元自治体が森田知事に再度要望書を提出

FullsizerenderFullsiznder成田空港圏自治体連絡協議会は本日、森田知事に「成田空港の更なる機能強化に関する再要望書」を提出しました。
各市町において住民説明会での意見などを集約し、「空港づくりは地域づくり」という理念の下に、空港の負の影響を最小限にとどめ、未来に向けて空港とともに地域が発展していけるよう、地域住民の声に寄り添った夜間飛行制限緩和案の更なる改善、騒音対策の更なる拡充強化を図るとともに、空港周辺地域の均衡ある発展に向けた具体的な地域振興策を推進して欲しいとの内容となっています。

具体的な要望項目は以下6つです。

一、夜間飛行制限緩和案の改善
一、夜間飛行制限緩和に伴う騒音対策の拡充
一、騒防法・騒特法による区域設定への対応...
一、移転用地確保への協力
一、具体的な地域振興策の推進
一、周辺対策交付金の充実

まだまだ住民の不安は拭えていない状況の中、県としてもいただいた要望をしっかりと受け止めて、停滞している感のある”更なる機能強化”の議論を前に進めなければなりません。
尚、明日は森田知事と周辺自治体の首長が国土交通大臣に対して同じ内容を要望するとの事。
国としても国家プロジェクトでもある成田空港の更なる機能強化を進めるため、地元自治体の要望を真摯に受け止めて積極的な対応をしてもらいたいと強く望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

成田土木事務所の早期の対応に感謝

週が明けての月曜日の今日は、地元での活動。
午前中は事務所にて主に書類整理に時間を当てました。
所属する常任委員会に関係する資料や成田空港関連など、溜まっていた資料に目を通し現在の動きなどの把握に努めました。

午後からは引き続き事務作業と事務所への来所者の対応。
新年会で頂いたご要望について、早速成田土木事務所が対応してくれたとの事で、私も一安心したところです。
記録的な寒さで、道路表面や亀裂部分に入った水か凍結して更に路面状態が悪くなってきています。
今後も舗装の修繕などについて要望が多くなってくるとも予想していますが、優先順位をしっかりと見定めて対応していただくように努めてまいりたいと思います。

さてこの後は、知人との懇親会となりますので早めの更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

小学生綱引き大会 迫力と熱気を感じました

Img_5606Img_5615Img_5616今日はまず、遠山地区体育協会主催の小学生綱引き大会に出席しました。
開会式では選手たちの顔つきは戦いを控えて非常に緊張感を持っていましたが、いざ戦いが始まると会場は熱気と迫力に溢れ、まさに寒さが吹き飛ぶ感を覚えました。
ちなみに5年生の私の娘も練習を重ねてきて今年初めて参加するという事で、今朝は張り切って出て行きました。
しかし、初めての実戦で現実を知ることになったようです。
優勝は本城小学校の「本城Aチーム」。
来月行われる成田市全体の大会では、市内の強豪チームと激突します。
各学校とも相当に気合を込めて練習に励んでいるようですので、更に気を引き締めて臨んでいただきたいと思います。

続いては成田市野球協会の理事会、地元の高齢者クラブの新年会、美郷台3丁目の餅つき大会、野毛平区の新年会、夕方はお通夜に参列という1日でした。
気が付けば1月もあとわずか。節分もまじかに控えて議会の準備に本格的に取り掛かりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

成田空港の地域振興 過去の繰り返しにならないように

Img_5587Img_5594今日はまず池坊成田市支部初生け式に出席。
毎年ご案内をいただきますが、市議会議員として初当選して以来欠席することなく毎年参加させていただいている初生け式です。
日本の伝統文化が世界から評価されている中で、私たち日本人が自らの歴史と伝統文化をしっかりと守っていかなければなりません。
新年会では恒例となりましたカラオケで今年もマイクを持たせていただきました。
カラオケで少し気分を発散できた池坊初生け式です。

続いては成田市内のまちづくりについて打ち合わせ。

夕方からは、地元である三里塚地区の後援会主催による県政報告会、その後は恒例の新年会。
特に寒い今年、会場の駐車場に限りがあるため地域の方々の多くが徒歩で来ていただきました。参加していただいた方々に心から感謝申し上げます。
県政報告の場では、成田空港の飛行時間制限緩和が大きな議論となっている中で、A滑走路側方の三里塚地域としても常に騒音をはじめとする環境変化にさらされるため、課題をしっかりと認識して対応しなければならない旨を申し上げました。
特にA滑走路においては、2020年の東京オリンピック前までに、開港以来行われてきた22時台の便規制を撤廃し、飛行時間制限を大幅に緩和することとなっていますが、住民の求めている道路をはじめとする交通問題や住環境の保全について明確な回答がないままとなっています。

私としては、県において策定作業が進められている空港周辺地域の振興策の元となる地域づくりの基本プランについて、実効性と財源の担保を明確にすべきと考えています。
これは、過去において、空港の大きな課題がある際には騒音下の地域に配慮を見せながらも、その後対応が変わってしまうという過去の行政や空港会社の姿勢を、今回の更なる機能強化という歴史的な議論においては繰り返してはならないと考えているためです。
引き続き住民の皆様の声に耳を傾けて、地域の発展に資する行動をしてまいりたい、その決意を強く述べさせていただいた県政報告会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

成田空港の発展などに多大なご尽力をいただいた故 野間口勉氏 ご冥福をお祈り申し上げます

今日は午前中に成田商工会議所の会頭を務め、航空機内食会社ティエフケー(TFK)の社長、会長、相談役を歴任され、成田空港の発展と成田市はもとより千葉県経済にも多大なご貢献をされた故 野間口 勉氏の会社と野間口家による合同葬が執り行われ、参列させていただきました。
葬儀の中で、満州でお生まれになってからの人生が紹介されましたが、改めて偉大なご功績を残された方であったと感じました。

特に、成田空港の開港によって会社の本社を成田市に移し、自ら成田に居を移して空港の発展を願い精力的に活動されてきたそのお姿は、私自身も強く印象に残っています。
今、成田空港の歴史的転換点ともいえる第3滑走路の建設や飛行時間制限の緩和について議論されている最中、野間口氏のご遺徳をしのびながら議論を着実に進めなければならないとの思いを強くしたところです。
ここに、故 野間口 勉氏のこれまでのご功績に改めて敬意を表すると共に、ご冥福を心からお祈り申し上げます。

午後からは事務所にて打ち合わせ。
その後はお通夜に参列した後、理事を務める遠山地区社会福祉協議会の新年会に参加しました。
地元地区の方々の集まりという事で、話題は空港や建設が進む大学付属病院のこと、またそれらに伴う地域への影響、更に身近な福祉を担う人材の確保など、様々に意見交換させていただきました。
地域福祉を担う方々から率直なご意見もいただきましたので、自身の政策にも反映させてまいりたいと思います。

引き続き新年会などが続く毎日、記録的な寒さが続きますがしっかりと乗り切ってまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

「成田発着制限”4時間半”で決着」というニュースが配信されました

今日は午前中に成田市空港部との打ち合わせを行いました。
明日開催予定の成田空港圏自治体連絡協議会の会議内容に注目が集まっていますが、今朝早くに「成田発着制限”4時間半”で決着へ」(時事通信社配信)との見出しが着いたニュースがネット上に流れました。
実際には、まだまだ様々な検討が残っている状況において、フライング気味ともいえるニュース報道ですが、議論が押し迫っているのは事実です。

但し今後、新しい滑走路の建設を含めて成田空港の機能を着実に強化していくためには、空港周辺地域の環境対策と地域の振興策を着実に実施する必要があります。

過去の行政の対応が”その場しのぎ的”であったことは否めず、今回成田空港と周辺地域にとって歴史的な議論を行っている重要性を空港会社と国、県が重く認識し、各地域から出された住民からのご意見を受け止めて責任を持った対応を行うことを引き続き求めてまいる所存です。

最後に昨日書き込んだ内容の追加です。
1月22日の大雪による県内の被害状況ですが、今日になって数値に変動があったと報告がありましたのでお知らせします。赤字部分が訂正箇所です。

人的被害 重傷者7人(千葉市1、市原市1流山市3、浦安市1、白井市1)、軽症者101人との事です。
引き続き溶けていない雪が多く残っているところもありますので皆様どうぞご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

大雪で県内人的被害は重症5人、軽傷101人

雪の影響がまだ残りますが、明日以降さらに冷え込むとの予報です。
皆様寒さ対策と道路や歩道の残った雪などに引き続きご注意ください。

4年ぶりの雪で大きな影響がありましたが、県内の被害状況がまとまりました。

人的被害で重傷者5人(千葉市1、流山市2、浦安市1、白井市1)、軽症者101人で、その他の建物被害などは報告されていません。
鉄道の運転見合わせ、道路においては通行止めなど交通には大きな影響があった今回の大雪。この冬、再度の降雪への備えが必要です。

さて、今日は午前中に茂原で鶴岡県議のご尊父様の告別式。
その後地元に戻り、土木事務所と北千葉道路事務所との打ち合わせ。

Img_5583_1夕方からは、千葉市内での開催された千葉県土地家屋調査士会他2団体の新春賀詞交歓会に出席しました。
土地家屋調査士業務は公共工事の実施にあたり大きく貢献し、筆界の確定など様々な課題にも重要な役割を果たしています。
社会的な課題である所有者不明土地の問題も本格的な議論が行われ始めていますので、引き続き土地家屋調査士の方々のご協力をいただきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

文教常任委員会の視察

4年ぶりの大雪で交通機関をはじめとして大きな影響が出たこの2日間です。
成田空港では約1万人もの人々がターミナルに滞留せざるを得なかったとのこと。
改めて首都圏の交通機関や道路が雪に弱いことを露呈し、特に成田空港とを結ぶ鉄道と道路が脆弱であることを示していると思います。
数年に一度とはいえ、安定的な輸送が求められる各交通機関と高速道路をはじめとする幹線道路網、この機にその備えと整備を考える必要があると思います。

さて、私は所属する文教常任委員会の視察のため京都市と大阪府を訪れました。

Img_5501まずはじめに、全国手話研修センターを視察しましたが、2006年国連において「手話は言語である」こちが明確化され、日本では2011年に障害者基本法によって手話が言語であると位置づけられています。
この全国手話研修センターは、手話通訳事業として人材育成、手話通訳者統一試験の実施、手話検定試験、手話の研究と普及を行い、全国の中心施設としてその役割を果たしている施設で、世界的にもホテルを完備している施設は他にないとの事でした。
7歳の時に聴覚を完全に失った黒﨑理事長より、子供のころから経験した様々なお話をお聞きし、改めて障害を持たれている方々に対する支援と教育の必要性を感じた所です。
条例を制定した千葉県としてもしっかりと対応していかなければなりません。

続いては、1878年に「日本最初盲唖院」が開学し、以来今年で145年の歴史を継承する京都府立聾学校を訪問しました。
明治時代には全国から300名を超える生徒が集まっていたそうです。
現在も日本の手話の発祥の地として知られ、幼稚部から高等部まで子供たちが学んでいました。
酒井校長先生をはじめ、先生方の熱意に感銘を受け、 様々な環境にある子供たちに対して、適切な教育が実施できる環境の重要性を改めて強く感じた貴重な視察です。

Img_5574そして今日は、図書館行政について。
千葉県では、県立図書館について機能の充実と3館を1館に集約する基本構想が策定され議論が継続されています。
今後具体的な検討が行われるにあたり、全国一の280万冊の蔵書を誇る大阪府立中央図書館を視察させていただきました。
都道府県立図書館は、貴重な資料を残し、市町村立図書館を支援する役割が重要となっています。
県議会としても県立図書館の整備について、積極的な議論を行う必要があるため、今回の視察を含めて他の事例などの調査を活かして参りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

世界最高峰のアメリカ陸上チームの「陸上クリニック」

Img_0115Img_0116今日はまず、アメリカ陸上チームのナショナルコーチDARRYL WOODSONさんとアスリートでリオデジャネイロ五輪4×400mのゴールドメダリスト、NATASHA HESTINGSさんによる小中学生対象の陸上クリニックが開催されました。
世界最高峰の陸上競技の技術に触れる素晴らしい機会、多数の応募の中から抽選によって選ばれた子供たちにとって素晴らしい思い出となったことと思います。
成田市は、2020東京五輪でアメリカ陸上チームの事前キャンプ地にも決まっています。
2年半後に迫ったオリンピック・パラリンピックに向けては、千葉県とともに全市をあげてしっかりと機運を盛り上げていきたいと思います。

その後は、「おびしゃ」行事、各地区の新年会など夜まで1日成田市内で活動する1日となりました。
時間に追われながらも各地域の生のご意見も多数拝聴出来ましたので、今後の活動に反映させていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

Img_0114今日は地元の遠山地区高齢者クラブの新年会に参加。
「友拡動幸会(ともかくうごこうかい)」の"夢職人" 齋藤 和文さんの腹話術とマジックでとても笑いの多い楽しい時間を過ごさせていただきました。
70代前半に寝たきりであった古川さんがすっかり元気になって共に活動し、90歳になっても現役で頑張るお姿に、参加者の皆さんも驚きを覚えていたようです。
高齢者クラブの皆さんには、引き続きご健康で活動的でありますように祈念申し上げます!

夕方から夜にかけては新年会。
私の日程に合わせて設定していただいたお祭り関係の方々と、久しぶりに飲みながら食べながら楽しい一夜を過ごさせていただきました。
気がつけば今日は大寒。1年で最も寒い季節、まだまだ寒い日が続く季節ですが、今日の新年会では今年のお祭りに向けて気持ちはすでに真夏の季節を見据えていたような熱い雰囲気を感じました。
私も引き続き地元の祭礼など、今年も積極的に活動に参加させていただきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

引き続き印旛沼の環境改善に努力してまいります

Img_0110Img_0111今日は千葉県及び県議会に対して「印旛沼の治水・利水・環境対策に関する要望」が関係市長・町長から行われ同席させていただきました。
印旛沼周辺の市街地や農地においては度々大きな浸水被害が発生しており、住民の生活や交通に多大な損害を与え、農地に被害を及ぼしている現実があり治水対策は喫緊の課題です。
今日の要望に対しては、放水路の役割を果たす長門川の整備について国の交付金が当てられる見込みであり、道筋が付きつつあることについて担当部長が言及しました。
多くの課題のある印旛沼ですが、長年の要望内容が実現に向けて動き出すことは地元にとって大いに歓迎すべきものです。
私としても、いただいている他の要望について、また総合的な印旛沼の環境改善に向けて引き続き努力して参る所存です。

その後は県庁各課と打ち合わせを行いましたが、次期定例議会に向けて徐々に議会の活動が活発化しつつあります。
私も予算委員会の委員に選任されましたので、頂ける貴重な質疑の時間を県政発展のために活かすよう準備をしてまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

印旛沼について

昨日の雨も上がり、しばらく続いていた寒さも和らいだ今日は、印旛沼について担当職員と打ち合わせを行いました。
私は、印旛沼と関係の深い成田市出身のものとして、政策的にも印旛沼の環境保全と水質浄化を求めています。
印旛沼がもたらしてきた地域への恵みは計り知れませんが、今では湖沼の水質において全国ワースト1位の汚名が定着してしまっています。
これは、流域の人口増加などによって流れ込む生活排水や農業排水などが大きな原因とされています。
また、カミツキガメをはじめ外来種が多数生息し、浮葉植物の繁茂など、生態系を見ても大きな変化が生じ、かつての恵みの印旛沼の存在が薄れてしまっている状況にあります。
そのような状況において県は、周辺自治体と共に印旛沼の環境改善に取り組むべきであり、国に対しても積極的な対応を求めていかなければなりません。

職員の方との打ち合わせを経て改めて印旛沼の環境改善の必要性を感じたところで、住民の意識の高まりも促す努力をしていかなければならないと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

空港のある優位性 地域が活かす政策実現が求められる

Img_5396Img_5397今日は成田空港とLCCでつながる国内各都市との交流「空港のある地域(まち)会議」が成田で開催されました。
年間の中で各都市持ち回りで開催されていて、年当初は毎年成田山新勝寺への参拝を行いその後各都市の発表と意見交換が行われます。
今日もスカイタウンホールで会議が開催されましたが、非常の有意義な内容であったと思います。
特に空港があるという優位性は計り知れなく、その”宝”を如何に活用しながら地域の発展を目指していくのかという地道な努力が各地で行われていることを改めて認識しました。

Img_5393また、LCCからはジェットスタージャパンの大和田氏が参加し、これまでの取り組みと今後の戦略などについて発表がありました。
今後は、更に機体数が増えて旅客だけでなく貨物事業にも力を入れていくとの事で、成田と各地、各地が成田を経由して繋がることによる新たな事業展開の可能性が広がることを示唆していました。
折しも成田空港では更なる機能強化の議論が行われていますが、空港が発展しその潜在力を地域がしっかりと活かす政策の実現が必要であると強く感じたところです。

その後は鉄道事業者と打ち合わせ。
成田空港の鉄道駅へのホームドア設置の必要性と行政の支援の在り方について意見交換させていただきました。
2020東京オリンピック・パラリンピックまで時間的制約も出てきている中で、この件についても引き続き努力させていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

LCCで繋がる”隣まち”の方々と交流

ここ数日の厳しい寒さが幾分和らいだ感もあった今日は、今年初めての駅頭から活動をスタート。
昨日発行した県議会リポートを配布させていただきましたが、予定した枚数には届かず反応の厳しさも味わった駅頭活動です。

さて、成田空港はLCCの就航により国内18都市と結ばれ、国内線旅客も年々増加してきました。
この都市の繋がりを活かして地域交流を活性化させて、地域の発展を目指そうとする「空港のある地域(まち)成田会議2018」が明日開催されるのに先立ち、参加される各地の方々との新年会を兼ねた交流の場に出席しました。

航空路線で繋がる”隣まち”として、民間主導での交流が続けられて4年目になります。
当初から私も参加させていただき、各地域の方々と交流させていただいている中で、観光や各種の産業、そして行政的課題など多くの情報を頂いています。
今夜も各地で頑張っている方々のご意見を伺い、刺激を受けて大変有意義な時間を過ごさせていただきました。
改めて空港のある優位性を活かす必要性も強く感じたところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

成田市が特区で進める新市場輸出拠点化 国の支援に注目

週が明けて今日は、午前中に企業関係のご要望をいただき、その後医療関係の方々が事務所に来所し意見交換させていただきました。
人手不足や国際医療福祉大学の附属病院の開院が2年後に予定され、その影響などについてお話を聞きました。
また、建設から開院後の交通アクセスの問題を指摘され、成田市において検討中と聞いている道路網の整備については、早期に具体的な計画を示して欲しいと感じたところです。

午後からは幕張のホテルで開催された、毎年恒例の公明党新春の集いに参加。県下全域から関係者が参集し非常に盛会でした。
国政で連立政権を組み選挙協力も行っている関係もあって、自民党からも来賓として国会議員・県会議員が参加しました。
特に国会議員はほとんどが本人の出席で、他の行事よりも優先順位が高いことを示していたように思います。

齋藤農林水産大臣も出席され、ご挨拶の中で成田市が進めている公設卸売市場の輸出拠点化について、国として力強く支援していくとのお話がありました。
ご挨拶の中で、唯一具体的な内容に触れられていたことが強く印象に残っています。
既に成田市において計画が具体的に進められ、成田市議会においても継続的に議論されてきたと聞いていますが、昨年12月になって「新市場整備・輸出拠点化等調査特別委員会」が設置され、事業規模が大幅に拡大したことによる財政的な負担に懸念の声が出されていると伺っています。
今日の齋藤大臣大の話では、国として強く支援することを打ち出してくれていましたので、心強く感じたところではありますが、今後具体的に国の支援がどのような形になるのか注目していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

明日、「県議会リポート」を発行します

今日は新年が明けて新年会ピークの第一弾となりました。
例年2週目の日曜日は、各地域の新年会や地域行事の「おびしゃ」に出席させていただき、県政報告を兼ねてご挨拶をさせていただいています。
今日は私が住む三里塚地区の新年会が多かったこともあり、主には「成田空港の更なる機能強化」について、現状の議論の状況や問題点、今後の在り方などをお話しさせていただきました。
また、国際医療福祉大学附属成田病院の建設についてもお話しさせていただきましたが、こちらも住民の皆さんからは大きな関心を寄せていただいたと思います。

さて、明日15日(月)の新聞朝刊に、12月議会での一般質問の内容を特集した「県議会リポート」を折り込みます。
是非ご覧いただきご意見など頂戴できると幸いです。

県議会リポートはこちらをクリックしてください
http://www.chiba-jimin.jp/sites/default/files/1712_koike_masaaki.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

各新年会へ出席の1日

今日は日中に千葉市内のホテルで開催された、千葉県行政書士会の新春賀詞交歓会に出席しました。
行政書士の役割が重要になってきていますが、市民や企業と行政をつなぐ重要な役割を今後もしっかりと担っていただきたいと願うものです。

続いては成田市内のホテルで開催された医療機関の新年会。毎年恒例の新年会ですが、各界から約150人もの方々が一堂に会します。
その後の予定のため忙しない新年会となってしまいましたが、久しぶりに顔を合わせる方々と新年のご挨拶ができた貴重な場でもありました。

成田市内からは再び千葉市内のホテル。こちらも毎年恒例の千葉県医師会の新年会に出席しました。
国会議員、県会議員、滝川副知事をはじめ健康福祉部や病院局の県庁職員など、政治・行政関係者と医師会の先生方とが年に一度顔を合わせる貴重な場でもあります。
診療報酬と薬価の改定や 3年に1度の保健医療計画の見直しなどの話題が多い今年の新年会でしたが、県民の健康を守っていただいている医師会の先生方には、引き続き千葉県の医療環境の充実にお力添えをいただかなくてはなりません。
県議会としても、医療の充実は政策的優先順位が高いと考えていますので、執行部に対し政策的提案をしっかりと行えるように努めていかなければならないと考えています。

さて、振り返ると寒い1週間でした。
逆に来週は一気に温かさを感じるようになるとの予報です。
まだまだ冬本番でもありますので、気温差に体調を崩さないようこの1月を乗り切っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

児童養護施設関係者と意見交換

北海道や東北、信越、北陸、そして中国地方から九州まで、日本海側を中心に大雪が続いていますが、昨日書き込んだ雪による信越本線の列車立ち往生。徐々にJRの対応に疑問が出てきています。
ニュースで知りましたが、乗客を列車内にとどめた時間があまりにも長すぎると思います。
JRとしても当初は、それほど長時間にはならないとの予測であったのかはわかりませんが、救急車やJR職員が現地に到着出来ている事実を見たとき、あの長時間の間に様々な判断を下すことが出来たと感じています。
いずれにしてもJRの判断と対応に大きな疑問があります。

さて、成田市内でも今朝はこの冬一番と感じる寒さでした。
日中も非常に寒い1日、成田市内での活動の後は、千葉市内で開催された児童養護施設協議会の方々との意見交換会に健康福祉常任委員会の實川委員長と共に参加しました。
各児童相談所の所長さんや担当課の職員の方々も参加されていましたが、現場の意見を聞ける非常に貴重な場であったと思います。
各施設における職員確保の問題と職員の方々のご苦労、障害を持つ子どもたちへの対応、そして里親制度の課題や問題点などなど、私としても日頃から持つ政策と現実との乖離があることを思い知る機会ともなりました。
私としては、社会福祉法人の理事長という立場もある中で、引き続き児童養護施設の運営を支援すると共に、児童相談所機能の増強にも力を入れてまいりたい、そのような思いを持たせていただいた今日の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

北千葉道路 市川-船橋15km 環境アセス・都市計画手続き着手へ

再び各地で大雪の影響が出ているとのニュースがありました。
信越線では雪のため電車が立ち往生しているとのことです。
今年は12月から厳しい寒さに見舞われ、かつ例年をはるかに超える積雪量を記録しているなど、様々な影響が出ています。
関東地方でも明日の朝は特に冷え込む予報もあります。皆様にはご注意ください。

さて、昨日ですが、一般国道464号北千葉道路の市川市-船橋市間約15kmのいわゆる西側区間について、環境アセスメントと都市計画手続きに着手するとの発表がありました。
この区間は、既に市川市-鎌ヶ谷市の未事業化区間約9kmと、既に開通している鎌ヶ谷市-小室(国道16号線との接続部)までの約6kmの合計約15kmにおいて、有料道路化により整備を促進していく事が決定しています。
この有料道路化により早期の開通が期待されますが、いよいよ整備に向けた具体的な手続きが開始されたことになります。
この北千葉道路は、市川市と成田空港を結ぶ全長43kmの道路で、千葉県にとって圏央道と合わせて非常に重要な道路であると位置づけられています。
成田空港の交通利便性にも大きく寄与することから、私自身も常に関心を持ちその整備促進を訴えているところであり、引き続き北千葉道路建設促進議員連盟の事務局次長としてもしっかりと活動していく所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

アメリカ陸上チームのコーチとアスリートによる陸上クリニックが開催されます!

今日は寒さも和らぎ日中はコートもいらないほどの陽気となりました。
午後になってからは風が強まり、明日以降再び寒さが戻る予感を感じていますが、風邪やインフルエンザも流行していますので皆様も体調管理には十分にお気を付けください。

さて今日は午前中から夕方にかけて主には事務作業、年末から溜まっていた書類などの整理に時間を当てました。
また、12月議会の一般質問を特集した県議会リポートの校正作業を終えました。
印刷工程へ入り15日(月)には新聞折込を行う予定です。

1点お知らせ。
2020年のオリンピックでアメリカ陸上チームが成田市、佐倉市、印西市・順天堂大学にて事前キャンプを行うことが決定しています。
いよいよ2年半後に迫った東京オリンピック・パラリンピックですが、この度、その気運の醸成とスポーツ振興を図るため、陸上界において世界最高峰とも言われるアメリカチームのナショナルコーチとトップアスリートが来日し、陸上クリニックが開催されることになりました。

 コーチは、DARRYL WOODSON
 アスリートは、MICHAEL TINSLEY と NATASHA HASTINGS

 期日は、1月21日(日)、午前9時30分
 会場は、成田市立西中学校のグランド、雨天の場合は体育館。

午前中に小学生の部で定員120名、午後からは中学生の部で定員150名との事で学校を通じてチラシが配られているとの事です。

是非世界最高レベルのコーチとアスリートによる陸上教室を小中学生に体験して欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

許せない! 着物レンタル業者の突然の営業停止

成人の日の今日は午後から天気がくずれました。
地元成田市では昨日に成人式を終えていましたが、今日成人式が開催されたところでは雨の影響もあったようです。

成人式も地域により特徴がありますが、新成人にとって成人式でどのような服装にするのか、一番気にするところでもあろうかと思います。
そんな中、ニュースで知りましたが東京都内や横浜市内で着物のレンタル業者から予約していた着物が届かなかったという事態が発生していたとの事です。
業者の突然の営業停止で連絡も取れなかったとのことで、人生一度の晴れの日に大変な事態に遭った新成人の方々がいたという事。許すことのできない詐欺行為とも言えると思います。
被害に遭われた方々やご家族はその対応で大変な思いをされたことと思いますが、今後の将来においては幸多きことを心から願うものです。

さて、今日は地域の新年会や夜には会長を務める中学生硬式野球チーム成田リトルシニアの打ち合わせと新年会に出席しました。
いよいよ新年会シーズンの始まりです。
各地域の行事にお邪魔させていただくことで、色々なご意見も頂戴できる機会となりますので、地域の実情の把握に努めながら各新年会に臨んでまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

成田市成人式は成田国際空港で

Img_0108Img_0109今日は成人の日を前に全国各地で成人式が行われましたが、私の地元成田市でも晴天のもと、成田国際空港で新成人1,520人をお祝いして成人式が行われました。
新成人の意見発表で特徴的であったのが、国際感覚を求めることと英語能力を高めたいと言う思いです。
今の新成人の方々にとって地元に国際空港があるのは当たり前として育ってきた事や、早くから成田市が英語教育に力を入れてきたその影響もあるのかと感じたところです。
将来社会において今日の意見発表の思いを実現させるように活躍していただけることを願うとともに、国際空港都市「NARITA」の発展にも新成人の方々の力を発揮していただきたいと思います。

さて、新成人の数は全国で123万人との事で昨年とほぼ同水準との事ですが、ピークの1970年と比較すると半分にまで減少しています。
若年層の減少が続いてきている現実を目の当たりにする数字ですが、今後もこの傾向は続き日本の成長力への影響が懸念されています。
ちなみに千葉県内の新成人は、約64,000人。こちらも統計のある中でのピーク時と比べて約6割に落ち込んでいます。
少子化対策が政策的重要度を大きく増してきていますが、地方において人口争奪戦が繰り広げられる中で、国における取り組みが一層強化される事を求めていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

新年二度目の成田山参拝は、朝護摩で成田リトルシニア必勝祈願

Img_0103Img_0104一段と寒さを感じた今朝は、昨日の雨で路面が凍っている状況の中、新年開けて二度目の成田山へ。
朝一番の大護摩で、成田リトルシニアの選手や関係者とともに今年一年の必勝祈願をしました。
その後は、グランドへ移動しグランド開き。
会長として昨年秋の関東大会ベスト8を超えるためにこの冬をしっかりと乗り切り、春、そして夏へとつなげて欲しいと挨拶しました。
何よりも各選手がそれぞれしっかりと成長し、チーム力が向上することを願うものです。
それにしても監督、コーチ、保護者の方々のご協力には頭が下がる思いです。選手にはこの大人たちの思いも胸に頑張って欲しいと思います。

Img_0106Img_0105Img_0107続いては、成田市内の豊住地区新春レクレーション大会。
毎年恒例の行事で、子供から大人までが4つの種目を体験しました。
私も飛び入り参加しましたが、なかなか上手くいかず。でも参加されていた方々と一緒に笑顔で楽しい時間を過ごすことができました。
この豊住地区、昨年春に成田市内初の廃校を活用した事業として旧豊住中学校が「豊住ふれあい健康館」として8年ぶりに生まれ変わりました。
今日のイベントもこの「豊住ふれあい健康館」の体育館を利用しました。
少子化傾向も続き今後の地域の発展への懸念も多く聞こえてきていますが、今後も住民相互の連帯意識が強い地域の利点を発揮して、「豊かに住める豊住地区」として様々な課題の解決が図られて行くことを期待すると共に、私自身も政治的な立場で尽力させていただこうと思います。

その後は12月議会で行った一般質問を特集した「県議会リポート」の校正作業となりました。
1/15日に各新聞に織り込みさせていただく予定ですので、是非ご覧いただきご意見賜れれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

政治・経済の安定を願う

新年が明けて、幾分ゆったりとした日々を過ごさせていただきあっという間に5日間が経過しました。
びっくりしたのは、大発会でつけた株価。大納会に比べて741円39銭高の2万3506円33銭で26年ぶりの水準となりました。
景気は拡大基調であるとの認識を持っていますが、先行きもその基調が続くという判断が大方を占めています。
今後、地方と中小企業へその波が広がる事を期待するところですが、安倍総理は新年の経済界の行事で3%の賃上げを要請しました。
大企業ではその要請に応えていこうとする動きがあるようですが、慢性的な人手不足によって結果的には正規・非正規ともに賃上げを行わざるを得ない企業も多くあると推察しています。
現在の景気拡大傾向は、2019年秋ごろまでは続くとの予想がある中で、政治、経済がしっかりと安定した1年であって欲しいと願う戊戌(つちのえ・いぬ)の平成30年、2018年です。

さて今日の11時過ぎ、娘の携帯電話が緊急地震速報を受信し一瞬緊張が走りました。
結果的には予想震度よりもはるかに小さな地震で安堵しましたが、気象庁によると富山県北西部と茨城県沖を震源とする地震がわずか3秒差で発生したために、コンピューターがこの二つの地震を一つの地震と判断したために規模を過大評価したためだとの事です。
東日本大震災の記憶も薄れつつある昨今で、緊急地震速報に対する対応にも慣れが生じてきてしまっているようにも感じる中で、正確な情報の提供が求められます。
今年1年が大きな災害のないことを願うものですが、「備えあれば憂いなし」。日々の生活の中でも様々な情報にはしっかりと対応する心構えを持ちたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

新年あけましておめでとうございます

FullsizerenderImg_5216新年あけましておめでとうございます。
今年も成田空港での新春航空安全祈願祭から活動をスタートしました。
開港から40周年を迎える今年、新たな滑走路の建設等と敷地規模を1,000ha拡大させる等によって年間発着容量50万回を目指す「成田空港の更なる機能強化」については、国、県、NAA、地元の市町が連携し、議論を前に進める必要があります。
引き続き、地元成田市をはじめとする空港周辺地域と千葉県の発展、そして日本の国際競争力を強化するためにも、元旦の混雑するターミナルにおいて決意を新たにしたところです。

続いてはこちらも毎年恒例となった成田市内神社の歳旦祭へ。
先ずは船形麻賀多神社での神事に出席しました。
冷たくピンと張りつめた感を覚える空気を感じながら、太田宮司により祝詞が奏上され改めて新年を迎えたという実感を覚えました。
素晴らしい天候の中行われた歳旦祭、今年1年が平和で平穏であることを祈念させていただきました。

Img_5230_3Img_5228_2Img_5232_2続いては台方麻賀多神社。
江戸時代に建てられた旧拝殿が新しく生まれ変わって初めての祭事が今日の歳旦祭となりました。
秋の台風や天候不順で工事が大幅に遅れたとの事で、新年を迎えるのにギリギリ間に合ったそうです。
新しい拝殿は、空調設備も整い近代的な側面を持ちながらも伝統と格式ある堂々とした伏角を兼ね備え、これから幾世代にも渡り参拝に訪れる人々を見守り、また地元地域にご加護を与えてくれるものと思います。

午後からは自宅にてこちらも毎年恒例、地元天神囃子会の獅子舞を迎えました。
家族と共に改めて新年を迎えた実感を覚え、この1年、子どもたちには引き続き健康で過ごして欲しいとの思いを持った平成30年元日です。
私自身も引き続き政治活動に邁進し、その職責を果たしてまいる所存ですので、本年も引き続きご支援をいただきますように心からお願い申し上げまして、平成30年最初の投稿とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »