« 「成田発着制限”4時間半”で決着」というニュースが配信されました | トップページ | 成田空港の地域振興 過去の繰り返しにならないように »

2018年1月26日 (金)

成田空港の発展などに多大なご尽力をいただいた故 野間口勉氏 ご冥福をお祈り申し上げます

今日は午前中に成田商工会議所の会頭を務め、航空機内食会社ティエフケー(TFK)の社長、会長、相談役を歴任され、成田空港の発展と成田市はもとより千葉県経済にも多大なご貢献をされた故 野間口 勉氏の会社と野間口家による合同葬が執り行われ、参列させていただきました。
葬儀の中で、満州でお生まれになってからの人生が紹介されましたが、改めて偉大なご功績を残された方であったと感じました。

特に、成田空港の開港によって会社の本社を成田市に移し、自ら成田に居を移して空港の発展を願い精力的に活動されてきたそのお姿は、私自身も強く印象に残っています。
今、成田空港の歴史的転換点ともいえる第3滑走路の建設や飛行時間制限の緩和について議論されている最中、野間口氏のご遺徳をしのびながら議論を着実に進めなければならないとの思いを強くしたところです。
ここに、故 野間口 勉氏のこれまでのご功績に改めて敬意を表すると共に、ご冥福を心からお祈り申し上げます。

午後からは事務所にて打ち合わせ。
その後はお通夜に参列した後、理事を務める遠山地区社会福祉協議会の新年会に参加しました。
地元地区の方々の集まりという事で、話題は空港や建設が進む大学付属病院のこと、またそれらに伴う地域への影響、更に身近な福祉を担う人材の確保など、様々に意見交換させていただきました。
地域福祉を担う方々から率直なご意見もいただきましたので、自身の政策にも反映させてまいりたいと思います。

引き続き新年会などが続く毎日、記録的な寒さが続きますがしっかりと乗り切ってまいりたいと思います。

|

« 「成田発着制限”4時間半”で決着」というニュースが配信されました | トップページ | 成田空港の地域振興 過去の繰り返しにならないように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田空港の発展などに多大なご尽力をいただいた故 野間口勉氏 ご冥福をお祈り申し上げます:

« 「成田発着制限”4時間半”で決着」というニュースが配信されました | トップページ | 成田空港の地域振興 過去の繰り返しにならないように »