« 日本一”遅い”成田市消防出初式 | トップページ | 予算委員会に向けた準備 »

2018年2月12日 (月)

第30回の成田市青少年交流綱引き大会

Img_5811Img_5816今日は、成田市青少年交流綱引き大会が開催されました。
今年で30回となり記念大会として、四街道市、八街市、富里市からの招待チームを迎えて、全96チーム、合計1,600名もの選手たちがもの凄い熱気の中、一戦一戦気迫あふれる戦いを繰り広げていました。
更に、学校関係者や保護者の応援は選手を上回る程の真剣さ。
会場となった成田市体育館は、1階のアリーナそして2階の応援席もまさに超満員といった状態でした。

年々大会も盛況になり、各小学校の児童たちもその意気込みは凄まじいものがあります。
一部においては、学校や地域の事情で消極的な参加もあると聞いていますが、昨今の小学生を取り巻く環境の中で、学校対抗で競争するという事がほとんどない事を考えると、私は、勝利の嬉しさや負けた悔しさを味わう素晴らしい経験であると思います。

改めて今日の大会を見て、今年も素晴らしい綱引き大会を開催運営していただいた齊藤会長をはじめとする成田市青少年相談員連絡協議会の方々には、心からの敬意を表し感謝申し上げたいと思います。
なお結果は、優勝が向台小学校、準優勝が玉造小学校、3位は下総みどり学園との事です。

午後からは成田リトルシニアの打合せ。
3月に大阪で行われる、JA共済杯第24回日本リトルシニア全国選抜大会への出場が決定し、その準備に取り掛かっています。
12年ぶりの全国大会という晴れの舞台。昨年秋の関東ベスト8の地位に甘んじることなく、会長として選手たちが勝利できる環境を作り上げていきたいと思います。

|

« 日本一”遅い”成田市消防出初式 | トップページ | 予算委員会に向けた準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66388857

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回の成田市青少年交流綱引き大会:

« 日本一”遅い”成田市消防出初式 | トップページ | 予算委員会に向けた準備 »