« 成田空港の更なる機能強化の合意を受けて担当課へ 引き続き県としての責任を果たすように要請 | トップページ | 各卒業式へ »

2018年3月15日 (木)

2月定例議会閉会 山武市選出松下議員が市長選立候補のため辞職

今日は2月定例議会最終日となりました。
午後1時に予定通り開会した本会議において、平成30年度予算をはじめ提案された全議案が可決し2月議会が閉会しました。
本会議冒頭には、森田知事から成田空港の更なる機能強化が四者協議会において合意したことについて発言があり、「成田空港は周辺地域の理解と協力で支えられている」、「今後も四者で生活環境対策などにしっかりと取り組む」など、県として成田空港に係る政策的課題が最重要な位置づけであるとの認識が示されました。
昨日も書き込みましたが、これから具体的な協議に入る中で様々な問題にも直面することも予想されるため、引き続き県の責任を果たしていく事が重要で、国策としての国際空港整備を進めながら、周辺地域そして千葉県全体の着実な発展を目指した政策展開を望むものです。

さて、県内の首長選挙がこれから行われますが、自民党の先輩議員である山武市選出の松下浩明議員が、4月15日投開票の山武市長選挙に立候補予定のため本日県議会議員を辞職しました。
これまで多くのご指導をいただいてまいりましたが、その政策力、人柄、指導力、全てにおいて尊敬する先輩議員でありました。
何としても空港周辺9市町の一つである山武市の市長として、その手腕を発揮していただきたいと切に願うものです。

|

« 成田空港の更なる機能強化の合意を受けて担当課へ 引き続き県としての責任を果たすように要請 | トップページ | 各卒業式へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月定例議会閉会 山武市選出松下議員が市長選立候補のため辞職:

« 成田空港の更なる機能強化の合意を受けて担当課へ 引き続き県としての責任を果たすように要請 | トップページ | 各卒業式へ »