« 成田小学校の卒業式に出席 | トップページ | 成田市さくらの山にFLIGHT CAFE CHARLIE’S 3/26オープン »

2018年3月22日 (木)

子育支援し越の会議など 慢性的な保育士不足に対して

昨日は真冬を思わせる寒さ、そして1日中雨も降り続く中でしたが、お彼岸の中日ということで家族揃ってお墓まいりに行きました。
子供たちにとっては「せっかくのお休みなのに」との思いもあったようですが、行うべき年中行事をしっかりと身につけて欲しいと思います。

さて今日は、4月に行われる自民党県連の行事を控えて地元の団体や企業に挨拶回り。
その後、子育て支援施設での会議や保育園関係の会議と続きました。
既に、4月の年度当初において保育園に入ることのできない待機児童が相当数発生しているとの報道がなされ、少子化が進む中ではありますが、特に都市部において保育ニーズが依然として高まっている傾向があります。
施設もかなりのペースで増え続けていますが、それに対応した保育士が確保できない状況もあります。

地元の成田市では、これから大規模に空港の整備が進められていく事が決定し、国際的な医療産業の集積を目指す新たなまちづくりの構想も動き題してきている中で、今後も人口増加が続くと予想されています。
このような状況に対して、子育てや教育環境の充実には一層力を入れなければならず、他の自治体には無い特有の課題に直面していくと予想しているところです。

私見ではありますが、自ら保育園の運営にも携わっている身として、先ずは保育の質を確保することを最優先としつつ、保育士資格を持たない人でも一定の条件を設けることで保育に携わる、あるいは保育士のサポートなどを行うことで、保育士の配置基準の弾力化を図っていく事も必要ではないかと感じているところです。

年度末の慌しさもありここ数日はタイトなスケジュールで過ごしていますが、特に明日からの3日間は団体や自治会の総会などがまさに目白押し。移動距離も長くなりそうです。

ご案内いただいた行事等には出来る限りの対応を心掛けていますが、一部出席が叶わない行事も出てきてしまいました。
やむを得ず欠席となる行事の関係者の方々には申し訳なく思うところですが、何卒ご理解賜りますようにお願い申し上げます。

|

« 成田小学校の卒業式に出席 | トップページ | 成田市さくらの山にFLIGHT CAFE CHARLIE’S 3/26オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育支援し越の会議など 慢性的な保育士不足に対して:

« 成田小学校の卒業式に出席 | トップページ | 成田市さくらの山にFLIGHT CAFE CHARLIE’S 3/26オープン »