« 圏央道 大栄-横芝間の早期開通に向けて | トップページ | 地元でお花見 そして少年野球連盟の方々と懇談 »

2018年3月30日 (金)

成田山大定会春季大会 講社を次代へ

今年度も今日と明日で終わり。行政関係などは明日が土曜日ということで今日が今年度最終日となりました。
退職される方や所属が移動になる方々からの連絡に、あっという間の1年でありながら色々なやり取りもあり、細かな問い合わせや各種の要望などにも対応して頂いたことに感謝を申し上げました。
4月からはそれぞれ新たな環境になられると思いますが、この場を借りて引き続きのご活躍を祈念申し上げます。

さて、今日は成田山の最大の講社「成田山大定会」の春の大会が開催され、来賓として出席しご挨拶させていただきました。
かつては会場も多くの人々で一杯になっていたということですが、最近では講社の方々の高齢化もあって参加が少なくなっているようです。
私からは、開基1080年祭を迎える今年、成田山新勝寺への信仰心をまずは身近に広めていただき、組織の繁栄にご尽力いただきたいことをお話しさせていただきました。
次世代へも引き継いでいきたい講社の存在です。

さて、昼食を取りながらの意見交換会を終えてこの後は、理事長を務める社会福祉法人の業務に時間をいただきますので早目の書き込みで失礼します。

|

« 圏央道 大栄-横芝間の早期開通に向けて | トップページ | 地元でお花見 そして少年野球連盟の方々と懇談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田山大定会春季大会 講社を次代へ:

« 圏央道 大栄-横芝間の早期開通に向けて | トップページ | 地元でお花見 そして少年野球連盟の方々と懇談 »