« 年度末の慌しさを感じながら・・・ | トップページ | 成田空港の更なる機能強化 いよいよ合意に向けて前進 »

2018年3月 9日 (金)

尾を引く森友問題 早期の国会正常化を

県議会は昨日から常任委員会の日程に入りましたが、現在私の所属する文教常任委員会は明日の開催のため、今日も昨日に引き続き成田市内に留まっての活動とさせていただきました。
一時期の体調の悪さも改善したものの、引き続き花粉症の症状と風邪の症状が相まってすっきりしない状態が続いていますが、この会期も後半に入っていますのでしっかりと乗り切ってまいりたいと思います。

さて、国会は未だに森友学園の国有地売却に関して与野党の攻防が続いています。
朝日新聞が伝えた財務省内の決裁文書と国会議員に開示された文書で書き換えられたというものですが、朝日新聞の報道が真実であるのか否か、明確にする必要があると感じるここ数日です。
行政の扱う文書には様々なものがありますので、その文書の性格上何らかの段階で修正などが加えられる可能性はありますが、契約に係る公文書等の場合に書き換えなどはあり得ません。
いずれにしても国政が本来の議論を行い正常な国会運営がなされることを国民の一人として望むものです。

|

« 年度末の慌しさを感じながら・・・ | トップページ | 成田空港の更なる機能強化 いよいよ合意に向けて前進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66475933

この記事へのトラックバック一覧です: 尾を引く森友問題 早期の国会正常化を:

« 年度末の慌しさを感じながら・・・ | トップページ | 成田空港の更なる機能強化 いよいよ合意に向けて前進 »