« 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります | トップページ | 2日分をまとめてご報告 »

2018年4月 6日 (金)

母校でもある小中学校の入学式

今日は風の強い1日。そんな中成田市内の小中学校の多くで入学式が行われました。
私は、午前中に母校でもある地元の三里塚小学校の入学式に出席。
今年は57名の新1年生を迎えての入学式に、とにかく安全に登校し元気で楽しく過ごして欲しいことをお話ししました。
空港に隣接する市街地の三里塚地区は、車の交通量も多く児童生徒の登下校時の安全確保を求める声も強く寄せられています。
現在交差点の改良や歩道の整備を地元住民の方々と共に要望していますが、安全な構造が実現するまでには相当の時間も要するため、まずはできる対策をしていかなければなりません。
特に4月の交通事故が多い原因として、新1年生が慣れない通学路で事故に遭う例が報告されている事実もありますので、まずは児童たちが自ら交通安全に気を付ける意識を持ってもらうことも必要であると思います。
尚、この4月、自ら車を運転する私たちも新1年生の登下校についてしっかりと見守る意識を持つ必要がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お昼は高齢者クラブ「野毛平グレースクラブ」の懇親会にてご挨拶をさせていただきました。

そして、母校の遠山中学校の入学式。
小学校の卒業式から1ヵ月も経過しない中ですが、制服を着た6年生の時の顔つきの変化を感じました。
短い期間の中でしっかりと中学生としての自覚も出来たようです。
人生の中で最も変化の大きな中学生生活、後輩たちには、たくさん楽しんで、そして勉強して、素晴らしい日々を送って欲しいと願うところです。

さてこの後はお通夜に参列の予定のため早めの更新とさせていただきます。

|

« 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります | トップページ | 2日分をまとめてご報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66581843

この記事へのトラックバック一覧です: 母校でもある小中学校の入学式:

« 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります | トップページ | 2日分をまとめてご報告 »