« 新久米野区神武天皇祭など | トップページ | 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります »

2018年4月 4日 (水)

新年度新たに「不登校対策支援チーム」が設置されます

今日は駅頭活動を終えてから、聖徳大学附属成田幼稚園の入園式に来賓として出席しました。
つい先日卒園式を終えたばかりと思っていましたが、早くも新入園児を迎えての入園式。春はまさに別れと出会いの季節であると実感します。
これからいよいよ人生初めての団体生活を送っていく園児たち、行事たびにその成長が見れることを楽しみにしています。

さて、新学期が始まろうとしていますが、年々増加している不登校児童生徒。
先日フリースクールに関する講演を聞いたところですが、県としてもその問題にしっかりと向き合い対応していかなければなりません。
ちなみに県内の不登校児童生徒数は約8,800人にも上ります。

そして本日千葉県教育庁よりこの不登校児童生徒に対して適切な支援を行うため、今年度から千葉県子どもと親のサポートセンターに「不登校対策支援チーム」を設置するとの発表がありました。
構成員は、福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカースーパーバイザー、心理の専門家であるスクールカウンセラースーパーバイザー、不登校対策専門指導員で、具体的な活動が開始されるとの事です。
不登校に陥る原因は様々で複雑な問題でもありますが、国家の発展に欠かせない教育には決して力を緩めてはなりません。
「教育立県ちば」を掲げる千葉県として、教育に関する様々な課題にしっかりと対応していく必要があると考えています。

|

« 新久米野区神武天皇祭など | トップページ | 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66576511

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度新たに「不登校対策支援チーム」が設置されます:

« 新久米野区神武天皇祭など | トップページ | 国際医療福祉大学入学式 世界的視野の都市づくりの核として支援してまいります »