« 日大出身者として嘆かわしい | トップページ | 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 »

2018年5月23日 (水)

「さくらの山」 懐かしいDC-8モデルプレーン

今日は6月議会に向けて動きを本格化しました。
一般質問の希望を会派に提出させていただき、質問項目を検討しています。
質問枠を確保できるかの正式決定はまだ先になりますが、質問内容を準備していきたいと思います。

Img_6663Img_6659Img_6658夕方からは、成田空港北側の観光スポット「さくらの山」の管理企業組合の総会が開催され、顧問として出席しました。
Flight shop Charlie's に続いてFlight cafe Charlie's もオープンし、「さくら館」は新たな展開が図られています。
ちょうど40年前、成田空港に1番機として飛来したDC-8の模型も新たに展示され、航空ファンにとってもその充実が嬉しいところではないでしょか。
このDC-8は「空の貴婦人」とも呼ばれ人気がありましたが、その騒音の大きさも凄まじかったことをよく覚えています。
そして地元に生まれ育った私としては、1978年5月20日、その騒音を聞いて「ようやく空港が開港した」と実感しました。
あれから40年、空港周辺も徐々に変化を続け、「さくらの山」には年間50万人が訪れます。
今後も地元住民の一人として、空港の存在を活かした地域づくりを望むものであり、特に「さくらの山」の充実発展に努めてまいりたいとの思いを強く持っています。

|

« 日大出身者として嘆かわしい | トップページ | 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さくらの山」 懐かしいDC-8モデルプレーン:

« 日大出身者として嘆かわしい | トップページ | 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 »