« 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 | トップページ | 「海の港」と「空の港」を活用する戦略を! »

2018年5月25日 (金)

三里塚消防署が開署 そして空港対策協議会総会

Img_6668今日はまず、保育園児とサツマイモの苗植え。
天候の関係で2日ほど遅れましたが、今年も三里塚第一、第二保育園の年中児、年長児と苗を植えました。
毎年食育の一環でサツマイモを植えて収穫し、給食で食して各家庭にもお分けしています。
農家の方のような形の良いものばかりとはいきませんが、秋には実り多き美味しいサツマイモの収穫を楽しみたいと思います。

Img_6671午後からは、三里塚消防署の開署式。
昭和46年に建てられた旧消防署に代わって新しい消防署に生まれ変わりました。
三里塚消防署は、新東京国際空港の建設によりその使命が課せられ、航空機災害にも対応する任務を負っていますが、旧消防署が老朽化したのに伴い建て替えが検討され、工事が進められてきました。

建て替えに際しては、場所の検討もなされましたが、結果的には同じ場所での建設となりました。
この点について地元からは、消防署前の交差点や三里塚交差点の道路状況などからして、新たな建設地を望む声も多くありましたが、市の内部で様々な検討の結果、場所の移転をすることなく建設が進められてきました。
緊急車両は、その出動に際して1分1秒を争います。
新たな消防署が今後も移り行く空港と地元を守り続けるために、三里塚地域の道路事情の改善に取り組んで参りたいと思います。

Img_6676Img_6677続いては、成田空港対策協議会の定時総会。
いよいよ「成田空港の更なる機能強化」が四者協議会で合意され、成田空港が新たな歩みをはじめました。
これまで、空港と地域の発展について様々な提言を題していただいてきたこの協議会には、引き続き多くの課題解決に向けてご協力を賜りたいと思っています。
総会後の講演会では、県総合企画部の山中次長から「成田空港周辺の地域振興について」と題してお話がありました。
県としても本格的に地域振興策の策定を進める段階となりますが、各地域振興策についての財源の確保と事業主体、そしてスケジュール管理が重要となってくると認識しています。
私としても、成田空港が世界の空港間競争に勝ち抜き、国際空港の地元らしい都市づくりが実践されるようにさらに力を入れて活動させていただく所存です。

|

« 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 | トップページ | 「海の港」と「空の港」を活用する戦略を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三里塚消防署が開署 そして空港対策協議会総会:

« 成田空港 県が果たすべき役割について意見交換 | トップページ | 「海の港」と「空の港」を活用する戦略を! »