« 昨日と今日の活動をまとめてご報告 | トップページ | 「さくらの山」 懐かしいDC-8モデルプレーン »

2018年5月22日 (火)

日大出身者として嘆かわしい

昨日は好天に恵まれ、後援会行事である「小池まさあき後援会ゴルフコンペ」を無事に開催することが出来ました。
多くの方々にご参加いただきましたこと、この場をお借りしまして御礼申し上げます。
夕方からの表彰式では、一部において進行上の不手際も感じましたので、今後に向けての反省点として改善して参りたいと思います。

さて、今日は日大出身者として以下書き込みます。
本日午後、反則タックルにより相手選手を負傷させた日大アメリカンフットボール部の選手が自ら記者会見を開きました。
20歳の学生が報道各社の前で真実を述べるために単独で記者会見を行うということ、そこに指導者も大学関係者もいないという事に大きな違和感を覚えました。
また、報道各社が浴びせた質問の数々。報道する義務と権利がある事は理解しながらも、報道各社において報道合戦が展開される昨今の状況をそのまま映し出していたように思います。

監督やコーチからの指導によって今回の反則プレーに至った事実が明らかにされましたが、それでもなお自らの判断の誤りを終始主張し、自らがその責めを負うという事を述べていた姿は、潔さを感じました。
常に脚光を浴びてカメラなどの前でも慣れている選手もいますが、そのような経験の乏しい20歳の学生にとってどれほど辛いものであったのか、同情心すら覚えたところです。

一方で、本来前面に出なくてはならない指導者の監督とコーチ、そして何よりも大学の対応が全く見えないことに憤りを覚えます。
日本大学という組織自体に疑問が投げかけられている事実を、大学側が未だに理解していないのかと思うと日大出身者としても嘆かわしい限りです。
多くの大学出身者、現役学生、付属学校の児童・生徒、その家族などがどのような思いで今の状況を見ているのか、理事長、学長、そのような責任ある立場の人間がしっかりと認識し行動して欲しいと訴えます。
そして伝統の日大フェニックスが、1日も早く正常な状態を取り戻し、練習に打ち込める日々日が戻る事を願うばかりです。

|

« 昨日と今日の活動をまとめてご報告 | トップページ | 「さくらの山」 懐かしいDC-8モデルプレーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66750083

この記事へのトラックバック一覧です: 日大出身者として嘆かわしい:

« 昨日と今日の活動をまとめてご報告 | トップページ | 「さくらの山」 懐かしいDC-8モデルプレーン »