« 教員採用選考試験の志願倍率が年々低下している事実 | トップページ | 急傾斜地対策と施設の維持管理の必要性について »

2018年6月 7日 (木)

5歳女の子 虐待死のニュースに思う

毎日様々なニュースが飛び込んできますが、今日悲しみと憤りを覚えたのが、東京目黒区で5歳の女の子が虐待を受けて死亡した事件。
テレビの報道によれば、5歳の女の子が親から酷い虐待を受けながらも、その親に対して心の底から許しを請う手紙を書いていたとの事です。
その内容に、「どんなにもつらかっただろうか」、「どうにかならなかったのか」など様々な思いがこみ上げてくるのと同時に、逮捕された両親に強い憤りを覚えました。

私は、保育園を運営する社会福祉法人の理事長を務めていますので、様々な家庭環境を身近に見ることがあります。
しかし、どの園児も無邪気でとても可愛らしく、まさに子ども達の可能性の大きさも感じます。

そのような子どもたちを大人が、社会が守っていかなければなりません。
仮に本来守るべきはずの両親がそれを放棄し、また虐待を行っているのであれば、即座に保護し安全な環境に置かなければなりません。

幼い子どもたちは無邪気です。
どんなに虐待を受けていても一番身近な親を信頼し、頼っています。
親から離れる不安は計り知れませんが、何よりも優先すべき対処を行うべきです。

今回の事件、虐待の疑われる家庭の転居の際の児童相談所同士の連絡体制と、引き継いだ相談所の対応が適切であったのかが問われてくると感じました。
ましてや父親が2度も書類送検されていながら、転居先において子どもの安全を確認できていなかったという事実。
児童相談所の虐待相談件数が増加し、深刻な事案も増えている中で、改めて児童相談所と関係行政機関の対応能力の強化を図らなければなりません。

最後に、亡くなってしまった船戸結愛ちゃんが、天国で安らかな日々を過ごせますように。

|

« 教員採用選考試験の志願倍率が年々低下している事実 | トップページ | 急傾斜地対策と施設の維持管理の必要性について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66806669

この記事へのトラックバック一覧です: 5歳女の子 虐待死のニュースに思う:

« 教員採用選考試験の志願倍率が年々低下している事実 | トップページ | 急傾斜地対策と施設の維持管理の必要性について »