« 土地改良区役員の方々と意見交換 | トップページ | W杯 初戦勝利です! »

2018年6月18日 (月)

大阪北部を襲った地震について

今朝の大阪府北部を震源とした地震。
朝の通勤通学時間帯とも重なり、交通に大きな混乱をもたらしました。
ライフラインが寸断され、都市機能も麻痺し、改めて地震被害の甚大さを思い知ることとなっています。
また、現時点で3名の方がお亡くなりになったとの事。
その原因にブロック塀の倒壊がありますが、特に小学校プール脇のブロック塀が倒れ小学生の尊い命が奪われてしまいました。

ニュース映像で見る限り、倒れた上部のブロック塀は下の部分と一体化されておらず、耐震性の考慮がまったくなされていないことが判ります。
そもそも鉄筋コンクリートの壁の上にブロック壁を設置すること自体、構造体がまったく異なることから相当な考慮が必要です。
ましてや2mを超えたあのような高さに設置することは、考えられません。
ブロック塀を設置した経緯を推察すると、目隠しが目的であるため構造的な考慮が不足していたのではないかとも思います。

今回の事態を受けて全国一斉の点検が行われるとの事ですが、個人の所有物でも同様な傾向があり、問題の大きさを感じています。
80歳の男性も民家のブロック塀の下敷きになり亡くなってしまいました。

今後、建築基準法や施工に際する指針などの遵守を徹底させる必要があり、地震は防げなくても同様の不幸な事態が発生しない環境づくりはは、行政がしっかりと進める必要があります。

|

« 土地改良区役員の方々と意見交換 | トップページ | W杯 初戦勝利です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪北部を襲った地震について:

« 土地改良区役員の方々と意見交換 | トップページ | W杯 初戦勝利です! »