« 成田祇園祭 昨日と今日は多くの人々で賑わいました! | トップページ | 気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名 一刻も早い行方不明者の救出を! »

2018年7月 9日 (月)

西日本豪雨被災地へ 千葉県職員4名の派遣を決定

西日本を中心とした豪雨災害の被害状況が明らかになりつつあります。

死者は何と今日現在で100名を超え、未だに多くの行方不明者があり救出活動が続いています。
ニュース等で見る現地の映像からは、まさに甚大な被害をもたらしていることを理解せざるを得ませんが、恵みをもたらすはずの”雨”が私たちの生活、財産、そして生命まで奪うものであるという事も改めて認識させられます。

ここにお亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

既に政府において今回の災害への対応がとられてきていますが、千葉県でも岡山県小田郡矢掛町に防災危機管理部職員4名を派遣することを決定しました。
従事する業務は避難所の運営支援との事です。

今回の災害の復旧復興に向けた動きが今後活発化してくると思いますが、住民の避難生活の長期化も予想されることから、全国の自治体が様々な面で支援をしていく必要があります。
派遣される4名の千葉県職員には、住民に寄り添いながら支援活動を行って欲しいと望むものです。

|

« 成田祇園祭 昨日と今日は多くの人々で賑わいました! | トップページ | 気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名 一刻も早い行方不明者の救出を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/66924934

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本豪雨被災地へ 千葉県職員4名の派遣を決定:

« 成田祇園祭 昨日と今日は多くの人々で賑わいました! | トップページ | 気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名 一刻も早い行方不明者の救出を! »