« 暑かった1日 各種の行事に参加させていただきました | トップページ | 男女共同参画推進懇話会に出席 »

2018年8月27日 (月)

県有施設におけるブロック塀等の緊急調査結果

こんばんは、小池正昭です。

今日は京成公津の杜駅での活動からスタートしました。
朝方は暑さをそれほど感じず駅での活動を終えることが出来ましたが、今日も非常に暑い1日となりました。
明日以降は若干気温も下がるとの予報。本格的な秋の気配が待ち遠しいこの頃です。

さて、今日は1件の報告です。
本年6月18日に発生した大阪府北部地震によって、大阪府高槻市の小学校プール脇のブロック塀が倒壊し、通学途中の小学4年の三宅璃奈さんが下敷きになり死亡するというとても悲しい事故が発生しました。
倒壊したブロック塀は、建築基準法に適合しない構造物であったのです。
ここに改めて犠牲となられた三宅璃奈さんのご冥福を心からお祈りいたします。

地方公共団体が法を逸脱して構造物を構築、または住民の生命財産を奪うような危険性のある施設を放置することは許されません。
既に全国において公共施設や通学路の点検が行われましたが、この度千葉県においてもその調査結果が公表されました。
これによると、県立学校や警察、公営企業を含めた県全体の施設数1,790施設において、ブロック塀等があるのが411施設で869箇所に上ります。
このうち現行基準に不適合であった施設は354施設で685箇所もあったとの事です。
また、「揺れ、傾斜、亀裂」があった施設は144施設で全体の35%、箇所数は229箇所あり率にして26.4%との事でした。

県においては、この調査結果に基づいて、現行基準に不適合な個所や亀裂等がある個所について、撤去や補修を早急に講じることとしていますが、施設全体の適正な管理を強く求めていかなければならないと考えています。

|

« 暑かった1日 各種の行事に参加させていただきました | トップページ | 男女共同参画推進懇話会に出席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県有施設におけるブロック塀等の緊急調査結果:

« 暑かった1日 各種の行事に参加させていただきました | トップページ | 男女共同参画推進懇話会に出席 »