« 昨日と今日の2日をまとめてご報告 | トップページ | 台風21号による影響 関西国際空港の機能が早期に復旧することを望みます »

2018年9月 3日 (月)

北千葉道路について打ち合わせ

こんばんは、小池正昭です。

今日から9月も本格的に始動しました。
年度も中間期を迎え、巷では”決算セール”の販促活動もちらほらと見受けられます。
行政的には昨年度の決算が確定し、早くも来年度予算に向けての調整も始まりました。
ここ数年の税収の増加を実感するも、引き続き増加している社会保障費の伸びもあり多くの自治体で予断を許さない財政運営が続いています。
千葉県も昨年度の繰越金の半分を財政調整基金に積み立てるなど将来への備えも行っていますが、今後県の発展に必要な投資的経費をどのように確保するのか執行部と共に県議会としても課題意識をもってい対応する必要があると考えています。

さて、今日は事務的な作業と来客対応などに時間を当てました。
その中で北千葉道路事務所との打ち合わせがありましたが、9月議会において提案される成田側区間の橋脚工事の契約関係議案などについてのの概要、また今後の予定などについても説明を受けました。

気になっているのが今年度中とされている成田市区間の船形~押畑間の開通見通しです。
今のところ具体的な期日は示されてはいませんが、この国の施工区間において一部で工事が遅れているとの情報もあります。
また、この区間の沿線住民の方から「当初の要望内容に沿った工事が進められていない」とのご意見もいただいていますので、国及び北千葉道路事務所にはその対応を要請したところです。

また、工事によって成田市の大谷津球場の使用が制限されていますが、この復旧と使用再開も当初の予定よりも伸びるのではないかと心配しているところです。

いずれにしてもこの全長約43kmで成田空港と市川を結ぶ北千葉道路への期待は、成田市にとっても沿線市にとっても、東葛地域にとっても、何よりも拡張整備を行っていく成田国際空港の利便性向上に向けても非常に大きなものがあり、着実に整備を進めて1日も早く開通区間を伸ばす必要があります。

私としても引き続き課題を解決しながら整備の促進を強く要請して参ります!

|

« 昨日と今日の2日をまとめてご報告 | トップページ | 台風21号による影響 関西国際空港の機能が早期に復旧することを望みます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北千葉道路について打ち合わせ:

« 昨日と今日の2日をまとめてご報告 | トップページ | 台風21号による影響 関西国際空港の機能が早期に復旧することを望みます »