« 一気に過ぎ去った台風24号 | トップページ | 千葉から2人の大臣政務官 »

2018年10月 2日 (火)

安倍第4次改造内閣に千葉県からは渡辺博道復興相、桜田義孝五輪相 2人の入閣

こんにちは、小池正昭です。

Dsc_6501今日は午前10時から総合企画水道常任委員会が開催され、委員長として取り仕切らせて頂きました。

はじめに水道局について審査しましたが、現在の水道局と企業土地管理局を来年度から統合し新たに「企業局」となります。
今回付託された議案の中では、企業土地管理局関係にも及ぶ内容があったため、今日は当該議案の審の時ときだけ企業土地管理局の職員にも出席してもらい審査を行いました。

その後一旦休憩し、総合企画部関係の審査を行いましたが、補正予算を含めて付託された各議案は全て「可決すべきもの」と決定し、各委員の議案に対する質疑や諸般の報告に対する質問も簡潔であり、委員会の運営にご協力いただいたことに感謝申し上げる次第です。

さて、本日第4次安倍改造内閣の顔ぶれが発表されました。
12人が初入閣となりましたが、この中で千葉8区の千葉6区渡辺博道代議士(当選7回)が復興大臣、桜田義孝代議士(当選7回)が東京オリンピック・パラリンピック担当大臣に決まりました。
地元千葉県から引続きの内閣入りが続いており、喜ばしく思うところです。

渡辺博道、桜田義孝両新大臣のご活躍を心から期待したいと思います!

今日はこの後、所用があるため早めの更新で失礼します。

|

« 一気に過ぎ去った台風24号 | トップページ | 千葉から2人の大臣政務官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/67232218

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍第4次改造内閣に千葉県からは渡辺博道復興相、桜田義孝五輪相 2人の入閣:

« 一気に過ぎ去った台風24号 | トップページ | 千葉から2人の大臣政務官 »