« 成田用水事業と成田財特法について | トップページ | 企業経営者から経済政策について鋭くご指摘 自らの政策力を高めなければと感じた次第です »

2018年11月 6日 (火)

農政関係で打ち合わせ 行政間の調整不備は大きな問題

こんにちは、小池正昭です。

今日はJR成田駅西口での駅頭から活動をスタートしました。
先週に比べると寒さも和らぎ活動しやすい朝でした。

その後は県庁にて農政関係の打ち合わせ。
農地の扱いについて担当課と打ち合わせをしましたが、基礎自治体である市と県の行政手続き上の見解の違いが明らかとなり、大きな問題であると感じているところです。

県は、一定の権限を基礎自治体へと委譲して来ていますが、権限移譲を受けた市のみで全て許可をすることが出来ない実態が存在し、時に市と県の見解が異なることや検討や手続きを進める段階での差が後々に大きく影響し、民間事業者の計画に多大な損害を与えることもあります。
今回の事案は改めてその問題を浮き彫りにしたように思うもので、行政間の連絡調整の重要性を特に感じたところです。

午後からは、地元に戻り事務作業をさせていただき、現在パソコンに向かいながらこのブログを更新中です。

|

« 成田用水事業と成田財特法について | トップページ | 企業経営者から経済政策について鋭くご指摘 自らの政策力を高めなければと感じた次第です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204840/67355328

この記事へのトラックバック一覧です: 農政関係で打ち合わせ 行政間の調整不備は大きな問題:

« 成田用水事業と成田財特法について | トップページ | 企業経営者から経済政策について鋭くご指摘 自らの政策力を高めなければと感じた次第です »