« 風しん 抗体検査について各市町村への半額助成決定 | トップページ | 成田市の公設市場輸出拠点化 事業の遅れが心配なところです »

2018年12月27日 (木)

新しい消防学校 防災研修センター 4月完成へ

こんばんは、小池正昭です。

昨日の朝はJR成田駅西口で、今朝は京成公津の杜駅で手作りの県政報告紙を配布させていただきました。
冬休みに入っているためか少し行き交う人の数は少ないようにも感じましたが、年末特有の慌ただしさを感じながらの活動でした。

さて今日は1件報告です。
平成27年度より整備に着手した県の消防学校・防災研修センター整備事業ですが、工事が進められいよいよ来年4月にオープンの予定です。
以下に概要を記します。下線は新規施設。

  1. 建設地  市原市菊間783番1
  2. 面 積   約6.2ha(既存の1.6倍)
  3. 施設規模 約16,900㎡(既存の2.3倍)
  4. 主な施設
    (1)教育棟・防災研修センター
    (2)宿泊棟(収容人員240名)
    (3)屋内訓練場・防災備蓄倉庫
    (4)車庫棟
    (5)水難救助訓練施設(50mプール、8m潜水プール
    (6)地下街・トンネル訓練施設
    (7)総合訓練搭(実際の火炎を発生させての消火・救助訓練)
    (8)救助訓練搭
    (9)市街地救助訓練搭(「水没した車両」からの救助訓練、マンホールや斜面を想定した訓練)
    (10)水防訓練場(集中豪雨による水害を想定した訓練)
    (11)震災訓練場(「倒壊した建物」や「がれき」からの救助訓練)

施設の充実により県の消防力、防災力が向上することが期待されています!

|

« 風しん 抗体検査について各市町村への半額助成決定 | トップページ | 成田市の公設市場輸出拠点化 事業の遅れが心配なところです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい消防学校 防災研修センター 4月完成へ:

« 風しん 抗体検査について各市町村への半額助成決定 | トップページ | 成田市の公設市場輸出拠点化 事業の遅れが心配なところです »