« 幼稚園と認定こども園を視察 | トップページ | 国際空港の地元都市の将来像を見据えて »

2018年12月13日 (木)

北千葉道路の整備と国道拡幅に伴う押畑地区の要望に立ち会いました

こんにちは、小池正昭です。

県議会は今日から常任委員会が開催されています。
委員長を務める総合企画水道常任委員会は、17日(月)に開催予定で、その運営と進行について議会事務局と調整しているところです。

さて今日は、午前中に自民党成田支部の役員会が開催されました。
来年の統一地方選挙に向けての内容を協議しました。
県議選告示まで4か月を切り、市議選まで4か月余り。
色々な情報も交換させていただきましたが、自民党関係議員の勝利に向けて活動を共にしてまいりたいと思います。

午後からは交通事業者と打ち合わせ。
その後は成田土木事務所にて、北千葉道路の開通が今年度中と予定されている押畑区の要望活動に同席しました。
10年以上前から地元の方々から頂いてきたご要望や、実際に工事が進められている中で新たに懸念されている問題などについて、角田所長をはじめ関係職員とその場で協議しました。
要望の一部に現段階での対応が困難なものもありましたが、土木事務所に対して私からは「今後、北千葉道路の開通によって押畑地区及び土屋地区は新たな交通の問題が発生することが予想されるので、住民の住環境と安全に最優先で配慮するとともに、頂いた要望の実現と新たに発生する諸問題についても常に解決する努力をしていって欲しい」と要請しました。

成田地域だけでなく千葉県全体の発展に欠かせない北千葉道路。この千葉県としては早期全線開通を目指していますが、一方で沿線住民の方々には一部でご迷惑をおかけする事実がある事も忘れてはなりません。
私としても今日県に対していただいたご要望を受け止め、地元議員として解決の方策を常に探って参りたいと思います。

現在は事務所にて事務作業中。この後の予定のため早めの更新とさせていただきます。

|

« 幼稚園と認定こども園を視察 | トップページ | 国際空港の地元都市の将来像を見据えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北千葉道路の整備と国道拡幅に伴う押畑地区の要望に立ち会いました:

« 幼稚園と認定こども園を視察 | トップページ | 国際空港の地元都市の将来像を見据えて »