« 定例議会に向けて議員総会 新年度一般会計予算は1兆7,608億円 過去最大を更新 | トップページ | 「成田市書初め大会」、夕方からは地元地区県政報告会 »

2019年1月25日 (金)

大きく変わる成田周辺のの道路網について地元土木事務所と打ち合わせ

こんばんは、小池正昭です。

インフルエンザが大流行しています。
私の周りでもインフルエンザになったという方が多いここ数日、皆様もどうぞお気を付けください。

は、午前中に成田土木事務所に対して要望していた箇所の対応や、課題への対処などについて職員の方々から説明を受けました。

成田空港の更なる機能強化が進められる中で、空港周辺の交通網についてしっかりと議論していかなければなりません。
特に圏央道の大栄~横芝間18.5kmの工事が着々と進みつつある中で、空港とのアクセスをどのように計画するのかなど、周辺地域にとっても大きな関心が寄せられているところです。

さらに、北千葉道路の成田市区間である船形~押畑間の開通に向けた準備もいよいよ進められ、成田市の事業であるニュータウン中央線の県道成田安食線までの延伸も北千葉道路の開通と同時期の開通が予定されているなど、今年度中に成田市内の道路網が大きく変わろうとしています。

一方で、この大きな変化に対して生じる問題も想定されることから、地元の土木事務所としてしっかりと対応していただかなくてはならず、引き続きのご尽力をお願いしたところです。
また、合わせて懸案となっている河川の問題やがけ地対策などについても幅広くお話しさせていただき、出来る限りの対応を要望しました。

今後も様々な場面で各地の住民の方々や関係者の方々から寄せられるご要望に耳を傾けてまいりますが、先ずはその必要性と優先度を私自身がしっかりと判断し、そして県民の皆様から頂戴している貴重な税金を財源として、地域の発展に資するような事業展開を行うように関係各機関に求めて参りたいと思います。

|

« 定例議会に向けて議員総会 新年度一般会計予算は1兆7,608億円 過去最大を更新 | トップページ | 「成田市書初め大会」、夕方からは地元地区県政報告会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きく変わる成田周辺のの道路網について地元土木事務所と打ち合わせ:

« 定例議会に向けて議員総会 新年度一般会計予算は1兆7,608億円 過去最大を更新 | トップページ | 「成田市書初め大会」、夕方からは地元地区県政報告会 »