« いよいよ2019年がスタートした感の今日1日 | トップページ | 今年の成田市成人式は1月13日(日)12時 恒例の成田国際空港で »

2019年1月 8日 (火)

県独自のベトナム介護人材支援策 対応の急な変化に戸惑い

こんばんは、小池正昭です。

少しずつインフルエンザに罹っている方が私の周りにも出てきました。
いよいよ流行シーズンに突入となるのかもしれません。
皆様もどうぞお気をつけください。

さて、今日は午前中に成田土木事務所と打ち合わせ。
懸案の内容や要望していた件の進捗状況など説明を受けました。
成田空港の更なる機能強化や、大学付属病院の建設、圏央道と北千葉道路の工事も着々と進み、土木事務所としての事業量が拡大しています。
今後も様々な対応も必要になってくると思われるので、マンパワーの不足も懸念したところです。
所長を始め職員の方々には、引き続き鋭意各業務に当たっていただくようこのブログ上からもお願い申し上げます。

その後は成田市役所に年初めのご挨拶に伺いました。
既に4日から通常の業務が始まり今年も今日で3日目。
職員の方々は淡々と仕事に打ち込み、お正月気分もほとんど感じない雰囲気ではありましたが、多くの方々が手を休めて対応していただきました。
今年も何かと地元の市役所の方々にはお世話になると思いますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

あと、1点気になることがありました。
昨日打合せした森田知事肝いりの政策である県独自のベトナム人介護人材の受け入れ支援についてですが、今日になって昨日の話と担当課の対応が全く変わっていることです。
私としては、国の制度が違う相手と国際的な付き合いが不慣れな県が、良好に事業を進められるのか、不安に思い様々な指摘をしました。
昨日の段階では、県として独自にルートを確立して事業を進めていけるとの自信が表に出ていましたが、今日の話では昨日の懸念に気が付いたという事で対応を修正するとの事です。
私としては正直戸惑いました。

健康福祉部の担当課が推し進める政策としては非常に難しい内容でもありますので、これまで国内でそして相手国で関わっていただいた方との良好な関係を保ちながら事業を進めて欲しいと願うものです。

|

« いよいよ2019年がスタートした感の今日1日 | トップページ | 今年の成田市成人式は1月13日(日)12時 恒例の成田国際空港で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県独自のベトナム介護人材支援策 対応の急な変化に戸惑い:

« いよいよ2019年がスタートした感の今日1日 | トップページ | 今年の成田市成人式は1月13日(日)12時 恒例の成田国際空港で »