« 圏央道 大栄-横芝間18.5km 土地収用法適用も準備 | トップページ | 間もなく3月11日 東日本大震災から今年で8周年 »

2019年3月 6日 (水)

柏井浄水場を視察しました

こんばんは、小池正昭です。

昨日は、任期最後の常任委員会に委員長として臨みました。
この任期、前半の商工労働企業常任委員会、文教常任委員会、そして総合企画水道常任委員会に所属してまいりましたが、広範な県政の内容についてかかわらせていただいたと思います。

委員会自体は、総合企画部、水道局共に付託された議案の審査もスムーズで、所管している各部局に対する質疑も併せてお昼過ぎに終わることが出来ました。
午後からは、給水量100万人、敷地面積約26haの柏井浄水場を視察。
現在、沈殿池、ろ過池、着水井に覆蓋(ふたで覆う)設置工事を行っています。
これは、降灰等やテロ等違法行為による異物混入を防止するためのもので、県民生活に欠かせない重要な水道水を安全にまた安定的にお届けする努力が続けられているところです。

ちなみに柏井浄水場の原水は、利根川と印旛沼から取水しています。
このブログ上でも何度となく取り上げていますが、貴重な水辺空間であり、県の水道水、工業用水、農業用水として重要な水源である印旛沼の環境改善も重要であると感じた視察でした。

現在開会中の任期最終議会は、明後日閉会日を迎えます。
選挙の期日も迫って慌ただしさも増してきていますが、先ずは議会優先。
本会議において委員長報告を行い、平成31年度予算をはじめ各議案の採決に臨んで参りたいと思います。

|

« 圏央道 大栄-横芝間18.5km 土地収用法適用も準備 | トップページ | 間もなく3月11日 東日本大震災から今年で8周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏井浄水場を視察しました:

« 圏央道 大栄-横芝間18.5km 土地収用法適用も準備 | トップページ | 間もなく3月11日 東日本大震災から今年で8周年 »