« 「令和」という新しい時代、原点に立ち返り活動して参ります! | トップページ | 国際医療福祉大学入学式など »

2019年4月 2日 (火)

圏央道大栄-横芝間18.5km 用地取得75%

こんばんは、小池正昭です。

このブログシステムのリニューアルに伴う不具合が続き投稿しづらい状況が続いています。
写真の掲載が出来ない状況でしばらく文字だけとなりそうですがご容赦ください。

さて今日は地元の各保育園の入園式が執り行われ出席しました。
0歳児から3歳児まで、慣れない場所で泣き出す子、お母さんの傍を離れずに戸惑っている子、逆に元気に動き回る子など個性も様々でした。
いよいよ集団生活で新たな生活リズムが始まりますが、保育園の朝はしばらくの間賑やかになりそうです。

午後からは厳しい選挙戦を戦っている先輩、同僚議員の選挙区へ。
先に無投票にて当選させていただき申し訳なくも感じるほど厳しい戦いが繰り広げられています。
この選挙期間中は、出来る限り仲間の当選を勝ち取るため地元を離れますことご理解賜りたいと思います。

1件報告です。
圏内の道路網、特に成田空港及びその周辺地域にとって重要な道路ネットワークである圏央道ですが、県内唯一の未開通区間である大栄-横芝間18.5kmの用地取得率が75%となったことが発表されました。
当初は順調にその率を伸ばしてきたところですが、この1年で見ると伸びが大きく鈍化しています。

一般的に用地取得率は、取得困難な場所が後に残りますので高率になってからその伸びが止まります。
今回もそのような傾向が出ていることが数字で表されています。
既に、用地取得が困難な場合には土地収用法の適用を行う方針も示されていますが、国及び高速道路会社には引き続き努力をお願いしたいところです。

今回の路線の一部では、成田空港の拡張用地とも隣接して空港敷地としての用地買収が進められていく中で、条件面などの差異があるのではないかとも指摘されています。

地権者の方々の思いは様々ではあると思います。
先ずはその思いをしっかりと受け止めながら、地域と空港の発展に欠かせない用地ついて地権者の皆様にご理解いただけるように関係機関には努力を続けて欲しいところです。

|

« 「令和」という新しい時代、原点に立ち返り活動して参ります! | トップページ | 国際医療福祉大学入学式など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「令和」という新しい時代、原点に立ち返り活動して参ります! | トップページ | 国際医療福祉大学入学式など »