« 印旛支部消防操法大会、自民党成田市支部総会など | トップページ | 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか »

2019年7月 1日 (月)

ジェットスター・ジャパン就航7周年記念パーティー

こんばんは、小池正昭です。

6月下旬から雨模様が続いています。
ニュースによると、九州で線状降水帯により大雨となり被害が発生しています。
今週も梅雨前線が停滞し雨の予報ですので、皆様気象情報にお気を付けください。

さて、今日の日中は打ち合わせや要望対応。
Img_1295 Img_1304 そして夜には、成田空港を拠点としているLCC ジェットスター・ジャパンの就航7周年記念パーティーがあり出席しました。
今や成田空港は国内線においてもその旅客数で全国第6位の地位を占めるまでになりました。
この背景にはLCCの存在があるわけですが、LCCの中でもジェットスター・ジャパンは、就航以来成田空港の国内線ネットワークの充実に大きく貢献していただき、さらにそのネットワークは海外へも広がり成田空港にとってなくてはならない航空会社となっています。
そして8月1日からはいよいよ山形の庄内空港とも結ばれその路線はさらに拡大中です。
ジェットスタージャパンをはじめLCCの就航が、地元成田のみならず千葉県民にとって航空機での移動が身近になり、千葉県内各地や就航地の観光と経済にも多大な貢献をしてきました。
その中でも成田空港において積極的に路線拡大を図っていただいているジェットスター・ジャパンには、大いに感謝しなければなりません。

成田空港はこれまで、リーマンショック、東日本大震災、羽田の再国際化などにより何度か旅客の落ち込みを経験してきましたが、長期で見ると開港以来順調に数字を伸ばしてきたと言えます。
今後も来年の羽田空港の国際線増枠や、近隣アジアの国際空港の成長など、競争環境は厳しくなることも予想されますが、私としては今後も成田空港を拠点とする航空会社を応援し、航空会社からから選ばれる成田空港となる努力を続けて参る所存です。

|

« 印旛支部消防操法大会、自民党成田市支部総会など | トップページ | 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印旛支部消防操法大会、自民党成田市支部総会など | トップページ | 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか »