« 今日も参院選と成田祇園祭 | トップページ | 「奇跡のカメラ」 台湾と地元の小学生が交流 »

2019年7月 8日 (月)

香取地域の3つのJA組織 合併契約調印式が行われました

こんばんは、小池正昭です。

Img_1343 Img_1347 今日は香取市の小見川市民センターいぶき館で行われた香取地区の3つの農業協同組合、かとり農業協同組合、佐原農業協同組合、多古町農業協同組合の合併契約調印式に出席しました。
今日の調印式を経て令和2年1月1日、かとり農業共同組合が存続し、佐原・多古町は解散します。

農協組織はこれまで日本の農業を支えてきた歴史を持つ反面、最近の農協離れとも言うべき課題も抱えています。
農協組織自体においても、農協の自己改革と称する”農家所得の向上”、”生産力向上”、そして”地域貢献”を全面に打ち出しながらの事業の展開が求められています。

Img_1355 今回の合併で誕生する新生かとり農業協同組合は、組合員数、生産額でも千葉県内で有数の組織となります。
しかしながら、農業を取り巻く環境は依然として厳しく、昨年末に発効したTPP11も今後どのような影響を及ぼしてくるのか見えない部分もあります。

このような中ではありますが、祝賀会の場では「新たな時代に対応しながら生産者から頼られる農協組織として発展していって欲しい」との思いを述べさせていただきました。
千葉県農業の重要な産地である香取地域、新たな組織においてはその重要な責務を果たし発展して言っていただくことを心から願うものです。

その後は地元成田市内に戻り、要望の対応。
現在は事務所にて事務作業を行っています。

午後からは久しぶりに太陽を見たように思いますが、九州地方の豪雨と日照不足により農作物への影響も心配なところです。
梅雨も後半に入りましたが、予報によると今しばらく梅雨空が続くとのこと。
気分だけは晴れやかに過ごしてまいりたいと思います。

|

« 今日も参院選と成田祇園祭 | トップページ | 「奇跡のカメラ」 台湾と地元の小学生が交流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も参院選と成田祇園祭 | トップページ | 「奇跡のカメラ」 台湾と地元の小学生が交流 »