« 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか | トップページ | 参院選と成田祇園祭 »

2019年7月 3日 (水)

道路3路線の整備促進と3農協の合併につてい

こんばんは、小池正昭です。

Img_1317 Img_1309 Img_1310 今日は一般国道51号線、一般国道356号線、県道成田小見川鹿島港線の3路線の整備を期する組織の総会が“水の郷さわら”で開催されました。
かつてはそれぞれの組織で開催していましたが、沿線の市町村の多くが重なることから関係者が一堂に会しての総会となっています。
この3路線は、千葉県北部の東西を結ぶ重要な幹線道路であり、事業の進捗は見られますが早期の整備を推し進めるためにも国、県、沿線市町が結束して行動し、まずは予算を確保しなければなりません。
私としても担当の県土整備常任委員会にも所属させて頂いている身として、またこの3路線すべてに係る地元でもあることから県議会の立場において精力的に活動し整備促進に努めて参ります。

さて、県内のJA農業協同組合の合併について1件の報告です。
令和2年1月1日を目指して県内の3つの農協組織、かとり農協、佐原農協、多古町農協において合併に向けた協議が整ったことからが、7月8日に合併契約の調印が行われることとなりました。
かとり農協が存続組合で、佐原農協と多古町農協は解散、合併後の名称はかとり農協となり、組合員数は県内17農協中7位の規模となります。

  正組合員 准組合員

県内順位

かとり 8,745 3,272 12,017 12位/19農協
佐 原 3,845 1,145 4,999 16位/19農協
多古町 1,990 650 2,640 19位/19農協
14,589 5,067 19,656 7位/17農協

県内の各農協組織は、千葉県農業をさらに発展させるために無くてはならない組織でもあるため県としても引き続きその運営をしっかりと支援するべきと考えています。

|

« 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか | トップページ | 参院選と成田祇園祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空港で活用される先端技術を都市づくりへ活かせないか | トップページ | 参院選と成田祇園祭 »