« 児童虐待防止緊急対策の進捗が公表されました | トップページ | 今日と明日はお待夜祭 »

2019年8月29日 (木)

成田空港 深夜の鉄道・バスの運行拡充

こんにちは、小池正昭です。

今日はこの後に千葉市内での会食があるため早めの更新とさせていただきます。
先程、午後2時に成田空港会社NAAより「成田空港の深夜利便性が向上!」というプレスリリースがあり、これまで私も強く求めていた深夜時間帯の電車・バスの運行拡充についての内容が発表されました。

成田空港は周辺への騒音の影響などから、開港以来その運用時間を6時から23時までとしてきましたが、空港の更なる機能強化の一つとして、2020冬ダイヤが始まる10月27日からA滑走路の運用時間を1時間延長して24時までとすることが決定しました。
これに伴い、空港利用者や空港関係従業者の交通確保が大きな課題となっていましたが、今回の発表によると鉄道は、JRと京成電鉄が深夜時間帯に増便、バスも先ずは京成バスが終バスの時間を遅らせるという内容を明らかにしたものです。

具体的には、

  • 京成スカイライナー 成田空港駅最終22:30 ⇒ 23:20(10/26~新設)
  • JR成田線(快速東京行き) 成田空港駅最終23:00 ⇒ 23:45(千葉行き、10/27~新設)
  • 京成本線(浅草橋行き) 成田空港駅最終23:03 ⇒ 24:07(宗吾参道行き 10/27~新設)
  • 京成バス(幕張新都心行き) 第3ターミナル22:25 ⇒ 23:55(10/27~新設)
  • 京成バス(東京シャトル)第3ターミナル23:10 ⇒ 24:15(10/27~新設)

なお、他のバス事業者においても現在検討がなされているとのことです。

合わせて空港内店舗の営業時間も延長されるとのことで、成田空港の利便性向上が図られます。

現在、羽田空港の国際線増枠に伴う成田空港への様々な影響も懸念されているところであり、特にアメリカ本土の主要都市を結ぶ路線の多くが羽田へ移ることで成田空港の地位低下を心配しています。
私としては、常日頃より成田空港の競争力向上を訴えてきたところですが、今後も国内外における空港間競争が激化する中で、世界と競える成田空港の様々な環境づくりに引き続き注力してまいります。

|

« 児童虐待防止緊急対策の進捗が公表されました | トップページ | 今日と明日はお待夜祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 児童虐待防止緊急対策の進捗が公表されました | トップページ | 今日と明日はお待夜祭 »