« 停電解消も未だに光ケーブルはつながらず | トップページ | 道路管理のあり方、電力会社とも協議すべき »

2019年10月 1日 (火)

本日一般質問に登壇

こんばんは、小池正昭です。

今日から10月1日。消費税が10%、そして幼児教育・保育の無償化もスタートしました。
消費増税の対応においては、一部で間違いが生じたりという事もあったようですが、今のところ大きな混乱はなかったと認識しています。

一方で、幼児教育・保育の無償化においては、各幼稚園や保育園で新たな事務手続きや集金が発生するなど、負担が増えるとの意見が多くありました。
特に、行政からの情報が遅く、保護者に伝達しなければならない内容も直前まで決められないといったこともあったようです。
制度変更が行われる場合には往々にしてあることではありますが、幼稚園、保育園の現場の負担軽減、あるいは増加する事務手続きへの支援も検討すべきです。

さて、台風災害で延期された私の一般質問ですが、今日の午後1時から登壇の機会をいただきました。

  1. 成田国際空港について
  2. 児童虐待防止対策について
  3. 教育政策について
  4. 農業問題について
  5. 森林管理について

台風による甚大な被害を受けて、これまでとは異なる新たな問題や課題も認識することとなりました。
限りある時間でしたが、それらも含めての質問となりました。
なお、主な内容をまとめて「県議会リポート」を作成しお知らせする予定です。

一般質問は残り3日間。他の議員の質問に耳を傾けて県政の課題を把握して参りたいと思います。

|

« 停電解消も未だに光ケーブルはつながらず | トップページ | 道路管理のあり方、電力会社とも協議すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 停電解消も未だに光ケーブルはつながらず | トップページ | 道路管理のあり方、電力会社とも協議すべき »