« 台風被害への対応で498億6,600万円を増額補正の予定 | トップページ | 永年勤続優良従業員表彰で感じたこと »

2019年11月14日 (木)

16日(土)、17日(日) シニア女子レスリングワールドカップ 成田の地で団体世界一が決まる

こんばんは、小池正昭です。

今日は事務作業や行事などへの出席という1日でしたが、日中に成田空港の鉄道施設を保有する会社の方から私自身がこれまで取り上げてきた空港内の駅の利便性向上などについて、施設整備の進捗などの説明を受けました。
乗降客の増加や来年のオリンピック・パラリンピックへ向けてもホームドアの設置や新たなエレベータの設置も順調に進められているとの事で、安心したところです。
また、混雑と二重改札などその動線が複雑となっていた空港第2ビル駅の改修についても工事が進められ、利便性の向上が図られるとの事ででした。

現在、成田空港は新たな滑走路の建設などに向けて”更なる機能強化”が具体的に動き出していますが、空港の容量と施設の拡充に加えて鉄道や道路のアクセスも共に向上させて輸送力の増大とその利便性の向上を図らなければなりません。
成田空港の旅客数が堅調に伸びてきている中で、駅の混雑が指摘されています。
また、空港で働く方々も年々増加している中では、空港を安定的に運用するためにも成田空港の鉄道アクセスについて課題意識を持った対応が求められています。

道路アクセスについては、圏央道の工事が進められ向上していくと予想されていますが、空港と都心方面や各地を結ぶバス路線については「増便したくても運転手がいない」という直面した問題もあります。

鉄道アクセスや駅の課題解決には、今後の空港施設の整備の方向性と合わせてしっかりと議論し、将来へ向けての対応をしていって欲しいと願うところです。

10_wcup さて、1件お知らせ。
明後日11月16日(土)、17日(日)の両日、成田市中台運動公園体育館で「2019年シニア女子レスリングワールドカップ大会」が開催されます。
世界の上位8カ国の内の6カ国、中国、モンゴル、ロシア、ウクライナ、アメリカ、そして日本が団体世界一を目指して戦う大会、オリンピックに出場する選手達の熱い戦いを身近に見ることが出来ます。
入場はどなたでも可能で無料ですので、どうぞ足を運んでいただければと思います。

|

« 台風被害への対応で498億6,600万円を増額補正の予定 | トップページ | 永年勤続優良従業員表彰で感じたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風被害への対応で498億6,600万円を増額補正の予定 | トップページ | 永年勤続優良従業員表彰で感じたこと »