« 各議員の質問から | トップページ | 県土整備常任委員会 そして騒対協要望活動に同席 »

2019年12月 9日 (月)

災害義援金募集期間を延長へ 11月29日現在義援金の合計は21億円

こんばんは、小池正昭です。

週末から各行事、忘年会への参加などが続き更新が滞りましたが、元気に活動中です。
そして県議会は週が明けて今日も一般質問が続きました。

本会議後は、児童虐待防止対策PTの勉強会に参加。
講師に千葉大大学院医学研究院法医学教育研究センターの岩瀬博太郎先生をお迎えして「虐待に関わる法医学の現状と課題」と題したお話を拝聴しました。
私たちが身近に接する医学ではなく、「国家医学」に分類される法医学、隠れた犯罪などを明らかにするために重要ですが、我が国においてはその重要性への認識や予算措置など様々な問題があることを知る機会となりました。
解剖率が低い千葉県、虐待による死亡が明らかにされていないケースも考えられます。
児童虐待を撲滅するためには、幅広い取り組みが求められていると実感しました。

さて、9月の台風15号、19号、そして10月25日の大雨により大きな被害を受けている千葉県、全国から義援金が寄せられています。
そして千葉県は、「がんばろう!千葉 千葉県災害義援金」の募集期間について、現在も多くの義援金が寄せられていることから、当初の予定であった12月30日までから令和2年3月31日まで延長することを決定しました。

なお、11月29日現在の受け入れ状況は以下の通りです。
千葉県口座 13億3,420万265円
日赤千葉県支部 6億9,904万8,197円
千葉県共同募金会 1億367万2,373円...
合計は、21億3,692万4,835円

多くの義援金をお寄せいただきありがとうございます。
引き続き寄せられたお気持ちに沿えるように復旧復興に全力あげて参ります!

|

« 各議員の質問から | トップページ | 県土整備常任委員会 そして騒対協要望活動に同席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各議員の質問から | トップページ | 県土整備常任委員会 そして騒対協要望活動に同席 »