« LCCを活用した産業振興 | トップページ | 成田商工会議所新春賀詞交歓会 千葉県経済をけん引する地域として期待 »

2020年1月22日 (水)

地域からの要望について

こんばんは、小池正昭です。

今日は午前中に事務作業、役員を務める社会福祉法人の打ち合わせ。
午後からは事務所にて要望の対応、その後成田土木事務所にて年明けから各地域で頂いた要望について協議しました。

限られた予算の中でどう対応していくのか。
単に「予算がない」という答えを出す行政職員もいますが、私はそのような誰でも言える答えを出すのは納税者である県民に失礼であると考えています。
特に道路や河川など本来行政が適正な管理を行うことが求められているにもかかわらず、それが出来ていないことを単純に予算のせいにして対応を回避することはあってはなりません。
ましてや、中には県民の生活上の安全が脅かされている可能性もあるため、様々な工夫をして対応する必要もあります。

今日もそのような観点から色々なお話をさせていただきましたが、技術的視点、財源確保の手法など常に工夫して対応してくれている土木事務所の対応、職員の皆様に感謝申し上げたいと思います。

尚、時に、非常に難しく行政として対応できない、あるいはすべきでない、早期の対応が難しい、相当の期間を要するなどのご要望も頂戴しますが、その際はその旨をご説明させていただいています。
今後も頂戴するご要望に対しては、出来る限り前向きな対応を心掛け、県民の声に寄り添う行動を心掛けて参りたいと思います。

|

« LCCを活用した産業振興 | トップページ | 成田商工会議所新春賀詞交歓会 千葉県経済をけん引する地域として期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LCCを活用した産業振興 | トップページ | 成田商工会議所新春賀詞交歓会 千葉県経済をけん引する地域として期待 »