« 綱引き大会や陸上アメリカナショナルチーム関係者を迎えての陸上クリニックなどなどの1日 | トップページ | 続 新型肺炎について 行政は適切な情報を開示して徹底した対策を! »

2020年1月27日 (月)

新型コロナウィルスによる肺炎 千葉県として徹底した対応を!

こんばんは、小池正昭です。

連日大きく報道されている新型コロナウィルスによる肺炎。
中国武漢市で確認されて以降その拡大が続き世界中が警戒しています。

中国で最も人々が移動するこの春節の時期に、中国当局は団体旅行の禁止という決定をしました。
巨大な市場である中国とその国民の移動が制限されることで、日本にとっても経済的な影響が心配されます。
また、この感染の拡大が長期化した場合には2020オリンピック・パラリンピックの開催にも多大な影響を与えることとなるため、何としても早期に収束することを願うばかりです。

日本政府においては、明日にも「指定感染症」に指定する方針との事で、武漢市にチャーター便を飛ばして希望する邦人の帰国を支援すると発表しました。

「指定感染症」に指定されることで千葉県としても対応をしなければなりませんが、本日「第1回千葉県健康危機管理対策本部会議」が開催され、発生状況と今後の対応について協議が行われたところです。

引き続き保健所での情報の発信や相談対応、県民への注意喚起江尾行い、県衛生研究所での検査体制を確立し、近く市町村担当者会議も開催される見込みです。

成田空港を有する千葉県としてその責任と対応が求められているとの認識のもと、国と連携しながら対策を講じるよう要請するものです。

|

« 綱引き大会や陸上アメリカナショナルチーム関係者を迎えての陸上クリニックなどなどの1日 | トップページ | 続 新型肺炎について 行政は適切な情報を開示して徹底した対策を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綱引き大会や陸上アメリカナショナルチーム関係者を迎えての陸上クリニックなどなどの1日 | トップページ | 続 新型肺炎について 行政は適切な情報を開示して徹底した対策を! »