« 2020年1月 | トップページ

2020年2月16日 (日)

昨日は県政報告会、そして今日は青少年交流綱引き大会など

こんばんは、小池正昭です。

昨日は別格官幣社 小御門神社を崇敬する有志の会「小御門会」のメンバーとの新年会。
午前中の祈祷には参加できませんでしたが、久しぶりに市外から参加いただいた方々と楽しいひと時を過ごしました。

その後は叔母の三回忌法要。

夕方からは私の後援会組織「友の会」の県政報告会となりました。
毎年この時期に開催させていただいていますが、成田空港について、児童虐待について、農業問題について、そして新型コロナウィルス関連などお話しさせていただきました。
ただ、新型コロナウィルスの感染拡大については、参加された方々が欲するような詳細な情報をお知らせできず、不安を払しょくするには至らなかったと思います。
特に成田空港を抱え日常的に外国人との接点が多い成田市民にとっては大きな関心事であり、市中レベルで感染が広がりつつある報道に心配の声も大きくなってきている事実もあります。
この点を踏まえてウィルスに関する正確な情報の提供を県当局には求めた参りたいと思います。

Img_1144 Img_1139 Img_1134 そして今日は、第32回成田市青少年交流綱引き大会。
市内の小学校から95チーム、1,572名が一本の綱に力を集中し一戦一戦熱戦が繰り広げられていました。
選手の子供たちよりも、一層気合いが入っているのが監督コーチを含めた保護者の皆さん。
応援はまさに必死で、子どもたちよりも迫力を感じたところです。
95チームの頂点に立ったのは、義務教育学校の「下総みどり学園」!
優勝候補と伝えられていましたが、その期待に応えた結果です。おめでとうございました。
また、参加された各チームの皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。
地域が一体となり、子供たちを含め関係者にとって記憶に残る素晴らしいこの大会、主催の青少年相談員の方々には心から敬意を表します。

Img_1149 続いては、成田市郷部の「正一位妻恋稲荷大明神」の例祭に参列。
例年寒風吹き荒ぶ中や、雪模様の中での記憶が多い例祭ですが、今年は比較的暖かい分、雨の中の神事、地元郷部地区のご発展を心から祈念し玉串を奉りました。
神事を終えてからは直会。
ご挨拶の機会をいただきましたが、「成田空港の更なる機能強化」の進捗状況については、大きな関心事であったと思います。
「羽田空港が益々便利になり国際線が豊富になる中で、今後成田はどうなるのか?」という不安の声がありました。

成田としては、先ずは「機能強化」を着実に進めること。
そして今は、空港がしっかりと発展していくという事実を国内外に示していく事が重要であると考えています。

午後からは家庭倫理の会の「男塾」に参加。
参加された方々と様々に意見交換させていただきました。
政治の場を離れての交流も重要であると考えていますので、引き続きスケジュールの許す範囲で会の活動などに参加して参りたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

新型コロナウィルス 市民レベルに広がる不安

こんばんは、小池正昭です。

昨日開会した県議会は議案調査のため休会という今日は地元にて活動となりました。
北千葉道路関係の要望について地元の方々と現地にて打ち合わせ、また県道の補修要望につても現地の確認を行いました。
また、成田空港周辺の土地利用について来客があり意見交換させていただきました。
新たな滑走路建設を含む「成田空港の更なる機能強化」が進むことで、各地から今後の開発動向などの注目が集まっていることを実感したところです。

さて、新型コロナウィルスについて。
成田市民の方から「成田という特性上、希望した場合ウィルス検査を受けられるようにして欲しい」との要望がありました。
最近において武漢や中国への渡航歴がない、また渡航歴のある方との接触がなくても、感染者が発生しているという事実が報道されている中で、市民レベルでの不安が増幅しているように思います。

確かに日本における感染が拡がりを見せてきているという印象は否めず、クルーズ船ダイアモンドプリンセスの対応も含めて世界が日本の動向を注目していると感じます。
今後の各種イベントの開催にも影響が出るのではないかとの懸念も生まれつつあり、県民、市民レベルの不安の声に行政がしっかりと対応していかなければならないと感じているところです。

開会して議会においても大きな議論のテーマとなることが予想されますが、何としても感染拡大を早期に食い止めるように対策を講じることを求めるとともに、県民の皆様へ正確な情報を伝達し適切な対応を取っていただけるように策を講じるよう県の関係機関に求めてまいります。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

2月定例議会が開会

こんにちは、小池正昭です。

今日から2月定例議会。
本会議前には、4月に開催予定の自民党県連大会の運営委員会、自民党会派の役員会、議員総会と続き、10時からは本会議場で全国大会等で最優秀の成績を収めた児童・生徒の表彰が行われました。
小学生から高校生まで、学芸やスポーツなどの大会で1位となったその成績を見ると、県民の一人として頼もしくも感じました。
そして更にその技能を伸ばして活躍して欲しいとの思いで議員全員が大きな拍手を送ったところです。

その後は本会議が開会。
知事から補正予算や新年度予算などを含む議案が提案されました。
その中で、新型コロナウィルス関連も触れられましたが、国内の感染拡大と経済的影響が大きく懸念されます。
また、いよいよ用地の買収を含めて具体的に動き出す「成田空港の更なる機能強化」についても発言がありました。
今議会の会期は30日間となりますが、県民の安全と安心、災害からの復旧と復興、防災力の向上、そして県の発展に資するように議論に参画して参りたいと思います。

Img_1118 Img_1117 Img_1114 本会議後は、「空き家・空き地対策推進議員連盟」の講演会に参加。
「空き家」は、2018年で九州全体に匹敵する846万戸。その後15年間で約1,955万戸まで急増するという予測もあります。
空き家の利活用は主に“解体+売却”で4割以上で利活用の意向があるものの、活用されない原因に相続の問題もあります。
そのため行政としても相続の手法など広く理解してもらうことと、また「空き家」について適切に相談対応できる専門家等の育成が重要であると考えています。

さて、この後は地元に戻り打ち合わせ。
その後には会食の予定があるため今日は少し早めの更新です。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

野球協会の総会など 野村克也氏のご逝去も話題に

こんばんは、小池正昭です。

建国記念日の今日は、会長を務める成田市野球協会の総会。
昨年の事業報告を行い令和2年の計画や予算について承認をいただきました。

ただ一点気になるのが、社会人野球チームの減少。
ここ数年その数は減少を続けており、今後の大会の運営などに危機感をも覚えています。

野球人口の減少は言われ続けて久しいですが、日本のスポーツの中で中心的存在であった野球への関心が薄れることは寂しいものがあります。
折しも、プロ野球界において選手として大活躍、その後監督としてもチームを日本一に導くなど数々の素晴らしい成績を収められ野球界の発展に寄与された野村克也氏のご逝去の報が伝えられて日でした。

出席者の皆さんと野村克也氏の話題にも触れ、今後の会の発展のための活動などお話ししましたが、長らく北千葉道路の工事のため使用できなかった成田市大谷津球場も4月にリニューアルオープンする今年、そしてオリンピック・パラリンピックが開催されることなど、各スポーツが広く認知され親しまれる中で引き続き野球への理解も広めていきたいと思います。

午後からは地域の「おびしゃ」行事へ。
参加された方々からは、昨年の台風と大雨による被害への対応などご意見をいただきました。
県政の場では様々な議論をしていますが、特に農業被害への対応など県民の皆さんへの周知が十分でないことが多々あることを改めて知る機会ともなりました。
各作物の作付け時期を控えて農家の方々からは様々な声も聞かれてきていますので、その声を県当局に届け引き続き真摯に対応して参りたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

13日招集の2月定例県議会 県民の健康と生活を守る対応と対策を求めます

こんばんは、小池正昭です。

冬らしい天候となっているここ数日、本格的な寒さを感じています。
しかしこの寒さもあす辺りまでとの予報で、その後はまた一気に気温が上がるとのこと。
温度変化に注意し体調管理にはどうぞお気をつけください。

今日は、事務所にて来客対応。
その後は今週末に予定している地区後援組織の県政報告会の打ち合わせとなりました。

Img_1112 Img_1111 夜にはかつて私も所属していた成田青年会議所(JC)の賀詞交歓会に出席。
現役メンバーの皆さんの若々しく勢いのある活動を間近にし、刺激を受けました。

成田地域においては、成田空港の更なる機能強化をはじめ、国際医療福祉大学成田病院の開院などなど、この令和2年は様々な動きが出てきます。
これらの変化は地域経済などに幅広く影響を及ぼすものと考えていますが、若い世代の果敢な行動で、地域の発展に寄与していただきたいと願うものです。

一方で不透明感が増してきているのが新型コロナウィルスの感染拡大。
今日も航空関係者の方と意見交換させていただきましたが、2003年のSARSによる経済損失を上回る可能性も議論しました。
特に成田地域では、航空関連や観光関連産業が主力となっていることもあり、その影響が心配なところです。

県としても早急に地域経済対策を講じる必要に迫られてきていると認識しているところであるため、13日に召集される2月定例議会においては、新型コロナウィルス感染拡大への対応と対策についても大きなテーマとなることが予想されます。
県民健康と生活を守り必要な経済対策を実施するように県当局に強く求めてまいりたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

日本一遅いと言われる成田市消防出初式

こんばんは、小池正昭です。

Img_1093 Img_1087 Img_1085 Img_1080 今日は日本で最も遅いと言われる成田市消防出初式が行われました。
30年ぶりに更新された「ちびっこ消防車」がお披露目され、また、今年も素晴らしい消防演技が披露されました。
早朝より見学に来場された一般の方々も、迫力と見応えのある消防演技であったと思います。
何よりも、成田空港を抱える成田市はその特殊性もあり他の自治体をは異なる消防装備が備えられています。
今日はその一部が消防演技に参加していましたが、市民として頼もしさをも感じるものではなかったかと感じたところです。

Img_1107 そして今年も来賓として挨拶の機会をいただきました。
その中で、昨年の相次ぐ台風と大雨による災害発生時には、消防職員、各地の消防団員の方々に大変お世話になりました事、心から感謝申し上げました。
また、成田ニュータウン地区で組織する婦人防火指導員協議会の皆様にも、日頃より防火意識の向上にご尽力いただいている事にも敬意を表した次第です。
そして、引き続きこの2020年、令和2年も成田市の防火防災活動に努めていただき、いざ有事の際には市民の生命と財産を守る活動にご尽力いただきたい旨をお願いさせていただきました。

その後は、婦人防火指導員協議会の方々との昼食会、そして成田空港北側に隣接する各地の初午(はつうま)行事に出席。
地域の方々から様々なご意見をいただいたところですが、移転対象区域の線引きが地区を分断している現実を改めて大きな課題として受け止めたところです。
また、一部の方からは空港会社の対応の変化を指摘するご意見もありました。
その事実関係については調査させていただきたいと思います。

そして先ほどまで地元消防団員と自治会役員との懇談会に出席。
今年も4月からは新入団員を迎えることとなり、若返りが図られてきていることを実感。
そろそろ退団の時期も近づきつつあるかとも感じた成田市消防出初式の1日でした。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

新型コロナウィルス関連 「帰国者・接触者相談センター」を開設

こんにちは、小池正昭です。

新型コロナウィルス関連について千葉県の対応をお知らせします。

千葉県では昨日、第3回千葉県健康危機管理対策本部会議が開催され下記が議題となりました。

  1. 新型コロナウィルスに関連した感染症の発生状況等について
  2. 各部局庁の対応等について

昨日(2月6日)12:00現在で千葉県内では、患者4名、無症状病原体保有者1名となっています。

県の主な対応状況は以下の通りです。

  • 市町村職員向け説明会の実施(1/27)
  • チャーター機での帰国者対応のため地元市等への支援に職員を派遣(1/29~)
  • 千葉県衛生研究所における検査体制の確立(1/31~)
  • 県民等への電話相談窓口の設置設(1/31~)
  • 中小企業者等相談窓口の設置(1/31~)
  • ホームページ等により県民への注意喚起
  • 風評被害防止に向け、子どものいじめ防止、廃棄物処理、水産物市場等への対応について、県から通知を発出

そして本日2月7日より、

  • 相談体制の拡充として県内各保健所に「帰国者・接触者相談センター」を開設
  • 「帰国者・接触者外来」を県内二次医療圏に1ヶ所以上開設

なお、「帰国者・接触者相談センター」は、電話相談を受け、疑い例を「帰国者・接触者外来」にて受診してもらうよう調整を行うとしてます。

「帰国者・接触者相談センター」は、各地域健康福祉センター(保健所)に平日の9時~17時に開設され、土曜・日曜・祝日の対応は県庁電話相談受付TEL 043-223-2989(9時~17時)となっています。

「帰国者・接触者相談センター」について(千葉県ホームページ)

早期に感染拡大が収束に向かうよう関係機関が連携して取り組んでいます。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

ミクロネシアの入国制限

こんばんは、小池正昭です。

新型コロナウィルス関係。
ミクロネシア連邦は、感染者が確認されている国を「感染国」に指定し、指定された日本を含む国・地域からの入国制限を始めたとの事です。
報道によると、ミクロネシアに入国するには最低14日間は感染者のいない国や地域で過ごす必要があり、「国民や住民の命と安全を守るため」の措置として入国制限は外国人だけでなく自国民も対象としているとの事。
日本人だけでなく日本に滞在した全ての人に対して、ミクロネシアに入国する前に感染者の出ていない米ホノルルやグアムなどで14日間滞在するようにとの内容です。

ウィルス拡大の阻止と撲滅に向けての対策が様々に講じられてきていますが、世界的にも様々な影響が出てきているため早期収束を願うと共に引き続き正確な情報の提供と適切な予防措置を求めていかなければなりません。

そして私の地元成田でも大きな影響となってきているのが中国路線の減便。
今年は羽田空港の国際線増枠により主要路線の一部が成田空港から羽田空港へと移ることによって、空港の運用も厳しい数字を予想していたところですが、更に新型コロナウィルスの感染拡大によって航空便の運休が拡がり地域経済への影響も大きなものとなるのではないかと危惧しています。
特に、航空貨物への影響も懸念され、地元経済を支えている航空物流関係企業にも多大な影響が出るのではないかと心配しているところです。
今のところ中国からの個人旅行と思われる人々の姿はありますが、成田空港周辺のホテルでは既に数字で影響が出てきているとの事。

今日も今後の成田空港と地域づくりについての打ち合わせを行いましたが、新型コロナウィルス感染の早期収束に向けて各国、関係機関が全力で取り組む必要があります。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

芝山町議会議員選挙は無投票で12名の議員が決定 空港と地域の発展のため連携してまいります 

こんばんは、小池正昭です。

今日、お隣町の芝山町長議会議員選挙が告示されました。
定数12名に対して立候補者は同数の12人で、17時を持って無投票にて12名が当選し選挙戦は終了しました。

私の居住する成田市三里塚地区は、成田市の最南端であり芝山町と接し日頃から住民同士も様々な交流があります。
歴史的に振り返れば、成田空港建設の激し反対運動も三里塚や芝山町が中心でした。

そして空港の閣議決定から53年を経過し、開港からも41年をいう歳月を経て空港の規模を今の約倍にしようという「更なる機能強化」が具体的に動き出し、先月末に国から航空法に基づく空港等の変更許可が認可されました。
そして昨日開催された千葉県都市計画審議会にてこれに係る都市計画変更が決定したところです。

芝山町はこの変更により、新設される滑走路用地を含む拡大する用地の大きな部分を占め、計画敷地内に約140世帯の方々が生活を営んでいます。
都市計画決定により空港の範囲や航空機騒音防止のための移転対象区域も決定しましたので、いよいよ用地の買収手続きも進むことから特に芝山町ではその対応に追われることとなり、予定敷地内に住む方々の移転への支援が急務となります。

今回当選された12名の議員の方々は、「成田空港の更なる機能強化」の実現に向けて、そして芝山町の空港との共生共栄の実現に向けての期待と責任も大きなものであり、これからの重要な4年間の活動が始まります。

私としてもお隣町の議員の方々とは引き続き連携し、市・町の隔たりを超えて「成田空港の更なる機能強化」の早期実現と地域づくりを推進して参りたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

令和二年の節分も豆まきの一日

こんばんは、小池正昭です。

今日は節分。
今年も成田市内各所での豆まきに参加させていただきました。

Img_0973 Img_0964 午前中は「成田山節分会」。
今年のお正月三が日の参拝客が318万人で日本一であった成田山新勝寺、素晴らしい天気に恵まれさらに角界より横綱 白鵬、関脇 髙安、前頭 御嶽海、遠藤、隠岐の海、NHKの大河ドラマからは明智光秀役の長谷川博己さん、駒役の門脇 麦さん、煕子役の木村文乃さん、望月東庵役の堺 正章さん、斎藤道三役の本木雅弘さん、という豪華な顔ぶれが揃いました。
そして今年5月に十三代目 市川團十郎を襲名する成田屋 市川海老蔵丈も。
駆けつけた多くの人々から大きな声援が絶えずとても華やかな豆まき、私も「福は内」を唱えて今年は例年よりも多くの豆を撒かせていただきました!

Img_1001 Img_0989 Img_0985 午後からは、三里塚浅間神社、三里塚天満天神社の神事と豆まき。
天満天神社では、地元の保育園児約120名が神事から参加。
宮崎宮司によりお祓い、そして二人の園児代表者が玉串を奉り全員で二礼二拍手。
日本の伝統的礼儀作法を体験していましたが、是非記憶にとどめて成長してもらいたいと感じたところです。

Img_1033 Img_1005 16時からは宗吾霊堂節分会追儺式。
相撲界からは、高田川部屋所属の力士と立行司 第四十一代 式守伊之助 氏が参加されました。
また、毎年欠かさずの参加が向島鳶職組合の方々。
今年も梯子乗りを披露していただき華を添えていたように思います。

そして令和2年節分の締めくくりは今年も台方麻賀多神社。
厳かな神事が終わってからは一転、とても盛り上がる豆撒きとなりました。
Img_1038 Img_1059 今年は特に会場となった神楽殿前に陣取った子供たちの”殺気”をも感じる雰囲気、そして逞しさを感じました。
明日は立春、災害の多かった昨年の千葉県ですが、改めて今年が素晴らしい一年となる事を祈願し全ての節分行事を無事に終えることができました。
今日1日、お世話になった方々に心から感謝申し上げます。

さて、明日から予定していた県土整備常任委員会の県外調査は新型コロナウィルスの感染拡大の影響や県としての対応の必要性などを総合的に判断し急きょ中止となりました。

経済活動や国民生活にも徐々にその影響が心配されてきていますが、国際空港を抱える千葉県としては特にその対応に注力しなければなりません。
県民生活の不安を払しょくする上でも、適時適切な情報の公開が求められます。

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ