« 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 | トップページ | 千葉県、感染者の居住地 より詳細公表へ »

2020年2月25日 (火)

新型コロナウィルス 待たれる簡易検査キット

こんばんは、小池正昭です。

連休明けの県議会は引き続き本会議。一般質問で午前中に2人、午後から3人が登壇しました。
時に来週予定されている自らの予算委員会の質疑と重なる内容もあることから、各議員の質疑に耳を傾けています。

さて、新型コロナウィルス。
世界の株式市場がその影響を懸念し大幅に値を下げて不安を増幅させています。
そんな中、政府は「新型コロナウィルス感染症対策の基本方針」を発表しました。
既に水際対策の段階を過ぎ、一部の地域において「小規模患者クラスター(集団)」が把握される状態となっており、「今が今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期」と指摘。
基本方針の重要事項として以下の点を挙げています。

  1. 国民・企業・地域等に対する情報提供
  2. 国内での感染状況の把握
  3. 感染拡大防止策
  4. 医療供給体制
  5. 水際対策

一日も早くウィルスの封じ込めの目途が立つことを願うところですが、千葉県としても現状から次の事態の想定も行う必要があり、特に「医療供給体制」について県内医療機関などと連携調整して準備に着手すべきです。

一日一日と事態が変化し感染の拡大が進んでいますが、今現在は決して大規模には至っていません。
企業や教育機関、スポーツ団体等が業務や行事等について休業や中止など具体的な措置を取りはじめており、感染拡大の阻止に向けた協力も見られます。
今以上に厳しい局面とならぬように、国民全体で協力体制を敷く必要があります。

今日の本会議後は、PCR検査を行っている千葉県衛生研究所について担当課から説明を受けました。
衛生研究所にはその役割をしっかりと担ってもらわなければなりませんが、現在の手順では、何と言っても検体を送り結果が出るまでに時間がかかっているという欠点があります。

インフルエンザの様に一般の医療機関において短時間にその診断が出来るようになる体制が求められている中、既に、企業等が開発に着手している簡易検査キットが早期に使用できるようになることを期待しているところです。

年度末の様々な行事が控える中で、その開催の是非も問われ大きな影響が予想されますが、早期にこの難局を乗り切るためにも県民の皆様にはご理解をお願いし、引き続き身の回りの衛生管理の徹底にもご協力をお願いたします。

|

« 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 | トップページ | 千葉県、感染者の居住地 より詳細公表へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 | トップページ | 千葉県、感染者の居住地 より詳細公表へ »