« 2月定例議会が開会 | トップページ | 昨日は県政報告会、そして今日は青少年交流綱引き大会など »

2020年2月14日 (金)

新型コロナウィルス 市民レベルに広がる不安

こんばんは、小池正昭です。

昨日開会した県議会は議案調査のため休会という今日は地元にて活動となりました。
北千葉道路関係の要望について地元の方々と現地にて打ち合わせ、また県道の補修要望につても現地の確認を行いました。
また、成田空港周辺の土地利用について来客があり意見交換させていただきました。
新たな滑走路建設を含む「成田空港の更なる機能強化」が進むことで、各地から今後の開発動向などの注目が集まっていることを実感したところです。

さて、新型コロナウィルスについて。
成田市民の方から「成田という特性上、希望した場合ウィルス検査を受けられるようにして欲しい」との要望がありました。
最近において武漢や中国への渡航歴がない、また渡航歴のある方との接触がなくても、感染者が発生しているという事実が報道されている中で、市民レベルでの不安が増幅しているように思います。

確かに日本における感染が拡がりを見せてきているという印象は否めず、クルーズ船ダイアモンドプリンセスの対応も含めて世界が日本の動向を注目していると感じます。
今後の各種イベントの開催にも影響が出るのではないかとの懸念も生まれつつあり、県民、市民レベルの不安の声に行政がしっかりと対応していかなければならないと感じているところです。

開会して議会においても大きな議論のテーマとなることが予想されますが、何としても感染拡大を早期に食い止めるように対策を講じることを求めるとともに、県民の皆様へ正確な情報を伝達し適切な対応を取っていただけるように策を講じるよう県の関係機関に求めてまいります。

|

« 2月定例議会が開会 | トップページ | 昨日は県政報告会、そして今日は青少年交流綱引き大会など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月定例議会が開会 | トップページ | 昨日は県政報告会、そして今日は青少年交流綱引き大会など »