« 代表質問2日目が終わりました | トップページ | 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 »

2020年2月21日 (金)

新型コロナウィルス 小学生や未就学児への感染という事実

こんばんは、小池正昭です。

県議会は今日から個人の一般質問が始まりました。
昨日までの代表質問とは異なり、議員の各選挙区の問題などが提起され広い千葉県の課題などを知る機会ともなります。
連休明けも引き続き各議員の一般質問、そして再来週からは3日間の日程で予算委員会となります。

その予算委員会、本会議終了後には正副委員長の打ち合わせ会議に臨みました。
先ずは理事会の進め方。そして委員会の進行などを事前に事務局職員と打ち合わせました。
今回は副委員長として1日目の午後と2日目の午前中の質疑を取り仕切る予定です。
自らも総括質疑を行うため質疑項目についても引き続き準備を進めてまいります。

Img_1153_20200222175701 そして夕方からは、商工議員連盟と商工三団体との懇談会に出席。
昨年の台風等の被害によって千葉県内の中小企業や小規模事業者は大きな影響を受けました。
その際には各団体から緊急のご要望をいただき県議会として対応してきたところですが、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い更に経済的落ち込みも予想されています。

日々刻々と情報が伝えられる新型コロナウィルス関連。
県議会としても適切な対応を取るように努めていかなければなりませんが、北海道にて小学生2人が感染したとの報道がありました。
また、埼玉県では未就学児童も。

これまで子供への感染率は極めて小さいとされてきた報道にも疑問を呈すものであり、ある種の衝撃をも覚えました。
これにより既にイベント等の開催自粛ムードが徐々に出はじめてきた中で、今後さらにその傾向が加速される可能性も高まったと感じています。
各都道府県においても様々な対応に追われていますが、千葉県としてもまさに”危機管理”が問われていることを十分に認識し、県民への適切な情報提供と対策に努めるよう執行部に強く要請してまいります。

|

« 代表質問2日目が終わりました | トップページ | 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代表質問2日目が終わりました | トップページ | 千葉県内感染9例目は中学校女性教員という衝撃 »