« PCR検査 医療保険適用始まる | トップページ | 国際医療福祉大学成田病院 新型コロナウィルス対応で開院前倒し »

2020年3月 8日 (日)

神社でのお祓い、会議、道路説明会などの1日でした

こんばんは、小池正昭です。

今日は冷たい雨が降り続いた1日、先ずは地元で自宅前にある子安神社の境内の樹木伐採に際してのお祓いに参加しました。
昨年の台風15号では夥しい倒木がありましたが、この子安神社でも大きな被害がありました。
また、心配されているのが他の太い木々も台風などによって更に被害を受けるのではないかということで、未然にその被害を防ぐためにも倒れる危険性の有る木や、既に枯れている木の伐採を行うこととなりました。
神社の木々を切るということで、神主さんにお祓いをしていただきましたが、無事に事故なく作業が終わる事を願っています。

その後は役員を務める法人の理事会。
各種の会議も新型コロナウィルスの関係で中止されているものも多いところですが、参加者全員がマスクをしての会議となりました。

午後からは、成田空港北側に隣接する自治会の引き継ぎの懇談会。
「空港の更なる機能強化」についてお話しさせていただき、新型コロナウィルスへの対応についてもわかる範囲でお話しさせていただきました。
今現在最も知りたい情報は、新型コロナウィルスの関連。
しかし、皆さん既に様々な情報を各メディアから得ており、ほぼ共通に最新のニュースなどもご存知でした。
それだけ不安が拡がっているということも認識しましたが、大幅な減便でその影響が直撃している成田空港の状況を心配する声も多くありました。
地元経済を牽引する成田空港だけに、住民の皆さんの肌感覚にも危機感が迫ってきていると感じたところです。

夕方には、開院間近の国際医療福祉大学成田病院の地元である畑ケ田地区における成田市の道路説明会に出席しました。
地元地域において、病院の建設決定以来懸案なのが道路事情。
病院の開院間近の現在もその懸案は解決されていないため、病院の開院で大幅に増加する車両が地域の交通に大きな悪影響を及ぼすことが予想されています。
私からは、地元の方々のご理解とご協力が不可欠であり、何とか早期に各路線の完成を目指したい旨をお話しし、地権者の方々や地元地区の住民の方々のご賛同をお願いさせていただきました。
休日にも関わらず地元へ出向いてくれた成田市土木課の職員の方々に感謝すると共に、地元要望を真摯に受け止めて早期事業着手、そして1日も早い完成を目指して尽力していただきたいと思います。

さて、明日は担当の県土整備常任委員会に臨みます。
2月補正予算や令和2年度予算をはじめ各議案についての審議や、県土整備部が所管する事業など いついて議論を行って参りたいと思います。

|

« PCR検査 医療保険適用始まる | トップページ | 国際医療福祉大学成田病院 新型コロナウィルス対応で開院前倒し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCR検査 医療保険適用始まる | トップページ | 国際医療福祉大学成田病院 新型コロナウィルス対応で開院前倒し »