« WHOのパンデミック宣言 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について »

2020年3月13日 (金)

県議会2月定例議会が閉会

こんにちは、小池正昭です。

先ほど2月定例議会最終日の本会議が開かれ、新年度予算を含む提案された議案95件と追加提案された人事案件1件、計96議案が可決しました。

本会議に先立っては、成田国際空港推進議員連盟が開催され、空港会社NAAと県担当部からそれぞれ「成田空港の更なる機能強化」についてと、空港周辺地域のまちづくりの指針として県が取りまとめている「(仮称)実施プラン」について説明を受けました。
自民党県連の河上幹事長にも出席いただきご挨拶頂きましたが、「県が市町ともっと連携して取り組むべき」との強いご意見や、議員連盟としても地元の意見を伺う機会を設ける必要性も指摘いただきました。
いよいよ重要な時期に入る「成田空港の更なる機能強化」。議員連盟としてその役割を果たす責任を感じています。

本会議後は、「千産千消プロジェクトチーム」の総会。
千葉県の農林水産物の地産地消を進めるべく、条例の制定を目指した活動が進められることになります。

その後は児童虐待防止対策プロジェクトチームの勉強会。
担当課から「児童虐待対応マニュアル」の改定と、「千葉県子どもを虐待から守る基本計画(案)」の概要について説明を受けました。
虐待対応件数が増え続ける中で、県では児童相談所の職員を増員していきますが、すべての職員が適切な対応ができる体制を整えるためにもマニュアルの浸透が重要になり、ICT等を活用したシステムの早期整備を行い適切な相談業務執行体制の構築が求められます。

また、児童相談所の管轄区域の見直しと今後整備を予定している新たな2か所の児童相談所の設置場所についても、早期に結論を出して整備を加速させなければなりません。
私としても引き続きこれらの継続する課題について、PTの副座長として活動してまいる所存です。

今日は議会棟控室のパソコンからの更新でした。

|

« WHOのパンデミック宣言 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WHOのパンデミック宣言 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について »