« 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について | トップページ | 聖火輸送機を見て »

2020年3月16日 (月)

ご相談をいただいたことには全力で

こんばんは、小池正昭です。

週明けの日本、日銀が追加の金融緩和を発表しました。
また、アメリカでも事実上のゼロ金利政策の導入を発表しました。
しかし、東京株式市場は大きく反応せずその後、値を下げて取引を終えています。
今後も日銀は必要があれば更なる金融緩和を行うとしていますが、残されたカードの効果が果たしてどれだけあるのか、個人的に不安を覚えます。

そんな中今日は、成田市役所にての打ち合わせの際、地元の経済状況についてもお話を伺いました。
市内の中小企業や個人事業主等から、資金調達の相談が多くなっているとの事でした。

そして、春の成田の主要イベント「太鼓祭り」、今年は4月18日(土)、19日(日)の予定でしたが、延期の決定が下されました。
東日本大震災発災後もその開催の可否が問われましたが、復旧復興の思いを全国に響き渡らせようと開催された経緯もあり、今回も同じ思いで準備していただけに残念でなりません。
ただ、今回の新型コロナウィルスの感染が世界中に拡がり、現状において様々なリスクを考えた上で判断せざるを得ない苦しい決断であったと推察します。

航空会社の方とも電話で意見交換しました。
お話を聞いて感じたのは、リーマンショックやSARSの影響を超えるのではないかとの思い。
減便や運休の拡大が続いていて、運航している便の搭乗率も大幅に下がっている状況にあるとの事です。

また、報道にもあるように就職の内定取り消しが出て来ているとの事。
年度末を控え、新社会人として第一歩を踏み出そうとしていた方々に影響が及ぶことは、避けなければなりません。

様々なご相談を受ける中で現下の経済状況を肌身で感じているここ数日、私自身が出来ることはわずかですが、お力になれるように全力で動く所存です。

|

« 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について | トップページ | 聖火輸送機を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウィルスに関する中小事業者等相談窓口について | トップページ | 聖火輸送機を見て »